弥生賞2016予想 重馬場で人気3頭の決着?

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弥生賞2016の予想です。明日の中山付近の天気予報は降水確率50%で、重馬場まではいかずとも影響が出る可能性はありそうです。オッズのほうが三つ巴という感じで、リオンディーズ、マカヒキ、エアスピネルの順。この3頭で決まるのか、それとも割り込みがあるのかが焦点ですね。ではまず土曜日の中山芝の馬場傾向から振り返ります。

中山芝の馬場傾向

2回2週中山

表を見ての通り、外差しで勝ち切ったのが3R。5R3歳未勝利はオーダードリブン1.1倍、10RスピカSはブラックムーン2.1倍という抜けた馬でも決め手が活きる馬場であることは間違いない。オーシャンSもエイシンブルズアイとスノードラゴンが4角10番手以下、か4角外からの好走。意識としては、フラットやや外差し有利くらいを思っておけばいい。時計はオーシャンSで7秒台が出たように、阪神ほどではないしろ高速馬場。血統は5R2000mで、ディープ×ヌレイエフ系、ソングオブウインド×ヴァイスリージェント系、ダイワメジャー×サドラーズウェルズが、スピカSで、アドマイヤムーン×ジェネラス、シンボリクリスエス×SS、キンカメ×タキオンがそれぞれ1~3着。ノーザンダンサー系の活躍が目立つ。

ここから雨の影響がどこまで出るか?で、こればっかりは明日にならないとわからないので、想定として2分は切らずに、2.00.5あたりで。

弥生賞2016の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→弥生賞2016の枠順

※各馬の分析についてはこちら→弥生賞2016予想 リオンディーズ、エアスピネル、マカヒキ!

少頭数の割には先行馬が複数いて、内からシャララ、外からケンホファヴァルト、モーゼス。弥生賞の過去の傾向からは、持続力よりのレース質になるが、土曜日の馬場を見ていると、外から瞬発力を活かすというパターンもある。リオンディーズとマカヒキは、エアスピネルを目標に捲るかたちだろう。

◎リオンディーズ
○タイセイサミット
▲マカヒキ
△エアスピネル

◎はリオンディーズ。朝日杯FSの内容はラップを加味すればエアスピネルとは着差以上の差がある。レベルとしては古馬1600万クラスで、3歳なら対抗できるのはサトノダイヤモンドくらい。新馬戦2000m→マイルでパフォーマンスを伸ばしてきたので、再度の2000mへの延長がどうかも、エピファネイアよりは瞬発力もあるし、陣営のコメントからは落ち着きもある。シンボリクリスエス→キンカメとなって対応できる幅は広い。土曜日の馬場から多少重くなっても問題ないし、外から捲る競馬なら崩れることはないだろうと見ての、◎です。

○は飛ばして、▲はマカヒキ。今の軽い瞬発力が活きる状況はプラス。事前展望でも書いたように若駒Sのレベルは、リオンディーズには劣っていても、エアスピネルとは同等。2000mへの不安もない。ただ、雨予報はマイナスで、ここ2戦の上がりよりはかかることになる。ディープ×フレンチで、ウリウリ、エンドレスノットの全弟となれば、馬場は速いほうがいいはず。△はエアスピネル。折り合い面には不安はないので、2000mでも対応は可能。それでも朝日杯の内容からリオンディーズ相手ではちょっと分が悪いかなと。機動力はあるので、この舞台で活きる可能性はあるが、延長自体はマイナス。雨で馬場が悪化すれば体力面の不安も出てくるか。

オッズを考えると、リオンディーズ、マカヒキ、エアスピネルの3強で勝負するのは厳しい。能力はこの3頭が上位なのは間違いないものの、馬券的には権利を取りに来る馬の割り込みを期待する場面。候補として挙がるのは○。朝日杯では完敗も、仕掛けが遅くなったのも事実。前走内容も悪くない。血統面もダイワメジャー×エンドスウィープで、ミスプロ系が好走している過去の傾向に合致する。

買い方は人気3頭を買ってもしょうがないので、リオンディーズ→○→マカヒキ、エアスピネルを少し、という予定です。なかなか買いづらいレースではありますが。雨の程度などはまたつぶやきます。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする