弥生賞2016予想 リオンディーズ、エアスピネル、マカヒキ!

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弥生賞2016の予想です。早いもので、皐月賞トライアルの第一弾です。リオンディーズVSエアスピネルの再戦、マキヒキ登場など今週も楽しみな一戦となりそうです。ではさっそく過去の傾向から。

弥生賞の過去の傾向

弥生賞2016

【2015年】12.5 – 11.4 – 12.3 – 12.4 – 12.7 – 12.0 – 12.1 – 12.1 – 11.9 – 12.4 2.01.8
【2013年】12.9 – 11.4 – 12.2 – 12.4 – 12.7 – 12.5 – 11.7 – 11.6 – 11.4 – 12.2 2.01.0
【2011年】12.8 – 11.3 – 12.2 – 12.8 – 12.6 – 12.4 – 12.2 – 11.8 – 11.2 – 11.7 2.01.0

今年ほどでないしろ、少頭数になりやすいレースなので、内外の要素については、あまり気にする必要はない。特徴的なのは上のラップを見ても低速戦になりやすいということ。この時期なので雨の影響を受けやすいこともあるけど、良馬場の年でも2分1秒台で決まる。ここ10年まで遡っても2007年アドマイヤオーラが2.00.5で最速という状況。展開は小回り2000mなので、持続力勝負になる。2013年サダムパテックだけは瞬発力よりのレース質。2分を切ってくるようなことはまずなく、低速戦で持続力が問われる。

血統はネオユニヴァースなどSS系やキンカメが中心。キンカメはじめミスプロ系は2015年は1~3着全てに入っていて、近年は特に健闘している。ローテーションは前走重賞組が優勢でも、トライアルなので、権利を取りにくる馬には要注意。2014年のアデイインザライフ、2013年カミノタサハラ-ミヤジタイガ、2012年コスモオオゾラ、2011年プレイなど、2015年は激走なしも、穴はここから出ている。

では次に各馬の分析へ。

リオンディーズ、エアスピネル

【朝日杯FS】12.5 – 10.8 – 11.4 – 12.6 – 12.7 – 11.9 – 10.8 – 11.7 1.34.4

最初に朝日杯FSからの2頭、リオンディーズとエアスピネル。朝日杯のレベルは同日の古馬1600万元町Sと比較した場合、朝日杯のほうが中盤緩んだことを考慮すれば、同等の評価はしていい。2歳暮れの時点で古馬1600万のレベルで走っていたのは、このリオンディーズとサトノダイヤモンドのみ。

リオンディーズの能力面は世代上位であることは間違いない。今回の課題は適性面で、半兄エピファネイアは弥生賞で4着という結果終わっている。エピファネイアと比較した場合、シンボリクリスエス→キンカメに変わって兄ほど体力よりではなく、瞬発力もある。それでも新馬戦の京都2000mは古馬1000万のレベルにはあったし、シーザリオ(スペシャルウィーク)からも2000m自体には問題ないはず。ただ2戦はいずれも瞬発力よりレースであること、2000m→マイルで大きくパフォーマンスを上げてきたことはちょっと気になるところではある。特に後者については、少頭数でコントロールできるかはポイントかな。

エアスピネルはラップからは着差以上の完敗。マークされる立場だったという一面もあったけど。エアスピネルも不安は力関係ではなく、適性で、初の2000mがどう出るか。ここまでマイルしか走っていないし、マイルでこの内容ならマイルがベストなのかなという感じはする。折り合いも付くし、キンカメ×エアメサイアなら崩れることはないだろうけど。対リオンディーズは中山2000mで機動力の高さをどこまで評価するか。

マカヒキ、タイセイサミット

【若駒S】12.7 – 11.3 – 13.6 – 13.1 – 12.7 – 13.2 – 12.3 – 11.4 – 11.0 – 11.1 2.02.4

2頭に対抗するのはマカヒキ。新馬戦→若駒Sで大きく伸ばしているので、若駒Sのレベルから。同日の古馬500万は大きく上回って、ラスト3F11.4 – 11.0 – 11.1を差し切ったことからすれば、1000万~1600万の評価はしていいかなと。まだまだ伸びしろがある内容だし、能力面はリオンディーズ、エアスピネルにも引けを取らないと見ている。ディープ×フレンチで、ウリウリの全弟なので、過去の傾向のように低速戦で上がりもかかるという展開になったときにパフォーマンスを落とさないかは注意したいけど、距離に対する不安は3頭のなかでは一番少ない。馬場はできるだけ軽くなってほしい。トライアルという観点からみれば、OP勝ちがあるので、皐月賞の出走ラインはクリアできるかもしれないが、ダービーを見据えると、ここで賞金を加算しておきたいという立場でもある。

3頭がはやり能力面では抜けているという印象で、続くならまずはタイセイサミット。朝日杯は仕掛けが遅れたこともあって7着でも、東スポ杯と寒竹賞はまずまず。ダイワメジャー×エンドスウィープなのでちょっと2000mは長いかなという気はする。寒竹賞よりは時計はかかるだろうし、そうなった場合に体力的な不安は出てくるかもしれない。いずれにせよ3強のどれかが、崩れるのを待つ立ち位置ではある。同じようなのがアドマイヤエイカン。超低速戦札幌2歳Sから適性は重め。低速戦になりやすい弥生賞は条件としてはいい。ただ、ホープフルS、すみれSはもう少し走ってほしかったというのが正直なところ。

トライアルなので、権利を取りにくる馬を狙いたいけど、3頭が中心になる。こうやって検討していると、その3頭に優劣を付けるのは意外と難しいのかなと感じる。今のところマカヒキに惹かれているかな。追い切り、馬場を踏まえて結論を。続く。

今週の重賞:
チューリップ賞2016
オーシャンステークス2016

今週の重賞予想:
弥生賞2016予想

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする