ヴィクトリアマイル2016予想 ◎ウリウリ

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴィクトリアマイル2016の予想です。今年のメンバーは、ミッキークイーンVSショウナンパンドラがひとつの軸。この2頭にストレイトガールなど阪神牝馬S組やマジックタイムが続くという構図でしょうか。例年求められる適性は2頭とは少しずれるのでその辺がポイントになりそうです。

ヴィクトリアマイルの傾向

ではまず過去の傾向から。

ヴィクトリアマイル2016

【2015年】12.1 – 11.0 – 11.2 – 11.2 – 11.4 – 11.2 – 11.6 – 12.2 1.31.9
【2014年】12.4 – 10.7 – 11.6 – 11.5 – 11.8 – 11.4 – 11.2 – 11.7 1.32.3
【2013年】12.4 – 10.8 – 11.4 – 11.7 – 11.9 – 11.4 – 11.2 – 11.6 1.32.4

まず表から内枠、4角内が有利なことが読み取れる。縦の位置取りも前が優勢で外差しはなかなか決まらない。2011年は外差しがワンツーになっているものの、これはアパパネとブエナビスタの2頭。この年も3着以下は内枠が上位なので、余程力が抜けていないと外からは差してこれない。時計は高速決着が基本で、2015年は31秒台。ペースは平均、速力+持続力の戦い。タイプ的にストレイトガールのようにスプリント寄りの適性がある馬が好相性で、逆に中距離寄りで体力があると速力勝負に対応できないこともある。ヌーヴォレコルトやディアデラマドレ、デニムアンドルビーとかはこのタイプ。

血統は、ヴィルシーナのディープ、ストレイトガールのフジキセキが好調。他にはキンカメやスズカマンボなどのキングマンボ、クロフネをはじめヴァイスリージェント系も好相性になっている。ステップは阪神牝馬S、高松宮記念からの距離延長組と、中山牝馬S、大阪杯など距離短縮組が互角。2桁着順からの巻き返しもある。今年は阪神牝馬Sが1400m→1600mになったので、この辺の影響がどう出るか。

ヴィクトリアマイル2016の有力馬分析

次に各馬の分析です。

阪神牝馬ステークス組

【阪神牝馬S】12.8 – 10.8 – 11.6 – 11.9 – 11.8 – 11.1 – 11.3 – 11.8 1.33.1

最初に多数出走の阪神牝馬S組から。超高速馬場の阪神で、スマートレイアーが逃げる展開。ラストから3F目が11.1なので直線入り口で加速して以降は減速する流れ。馬場を加味すればハイレベルとは言えずG3レベルの評価。

スマートレイアーはここ2走は同じような競馬でスローを逃げ切り。2つともレベルとしてはそれほど高くないものの、先行できるようになったのは成長といっていいかもしれない。今回は豊J騎乗。再度同じような作戦でくるだろうし、このメンバー構成なら天皇賞のキタサンブラックのようにマイペースでいける可能性は高い。そうなれば過去のヴィクトリアマイルよりは期待が持てると思う。ただ、ここ2走は展開に恵まれたレースではあるし、能力的にも全幅の信頼をおけるほどではない。

ミッキークイーンは展開、56kgを考慮すれば、スマートレイアーより上の内容。ただレースレベル自体が低いので、このレースをもってマイル適性ありとするのは早計だし、阪神マイルと東京マイルとは問われる適性にズレがある。過去の傾向からすると、ヌーヴォレコルトのように中距離タイプだと届かないこともあり、ブエナビスタ並みに抜けているかどうか。今回は叩き2走目で状態もupしているので、普通に考えれば、阪神牝馬S組に負けることは考えにくく、強力な先行馬もいないとなれば、馬券内までなら差してくるのかなという感じはある。少し重くなっての外差しがベストではあるけど、軽視はできないかな。

ウインプリメーラは先行力があってヴィクトリアマイルは合いそうなイメージはある。高速京都でのパフォーマンスがいいように、速力もあるし適性面もクリア。急坂の阪神よりは東京のほうがいいだろうし、内枠を引けば圏内に残ってもいい。理想は縦長の隊列を先行するかたち。ステイゴールド×フォーティナイナーは少しずれる印象だけど。

4着以下で触れておきたいのはストレイトガール。56kgで叩きだったので今回仕上げてくるのは間違いないし、阪神マイル→東京マイルもプラス。過去2年と比較して違うのは、距離延長のステップでないこと。レース質も今年のほうがペースは上がらず、時計はかかる可能性が高いと見ているし、再度内枠を引けるかどうか。ここ2年は理想的な条件だったので。

中山牝馬S組、福島牝馬S組

【中山牝馬S】12.8 – 12.7 – 12.9 – 13.1 – 12.2 – 11.5 – 11.8 – 11.6 – 11.7 1.50.3

中山牝馬Sはラップの通り特殊なレースで、レベルも測りにくいけど高くはないはず。シュンドルボンは2000m→1800mで巻き返し。条件戦からのベストは1800mで、マイルだと少し短い。1800mだと軽いレースにも対応できてはいるが、マイルだとハーツクライ×エルコンドルパサーからも少し忙しいかもしれない。ルージュバックも同じで、マイルだと速力負けする。桜花賞も凡走してオークスで巻き返したことからももう少し距離があったほうがいい。

【福島牝馬S】12.5 – 11.4 – 11.7 – 12.6 – 12.5 – 12.2 – 11.8 – 11.3 – 11.5 1.47.5

シャルールは枠の分だけ負けたという結果で、この流れで大外枠からだと勝ちきるのはなかなか難しい。能力的には初音Sで牝馬重賞なら通用する走りを見せているので、ミッキークイーン、ショウナンパンドラ以外ならここでもヒケは取らない。ただ、上の2頭と同様にマイルとなると少し短い。ゼンノロブロイ×カロ系でアーデントの半弟なので、少しでも重くなってほしいところ。

【京都牝馬S】12.4 – 11.3 – 11.5 – 11.7 – 11.5 – 12.1 – 12.4 1.22.9

クイーンズリングは重馬場の京都牝馬Sから。このレースやフィリーズレビューなど好走したのは、ラスト1Fで減速する流れ。当時の京都は相当重い馬場だったので、12.1-12.4で対応できたかたち。東京マイルとは少しずれるし、速い時計に対応できるかは疑問。能力的には、ミッキークイーン、ショウナンパンドラ以外とは互角なので、重い外差し馬場+ハイペースの条件になれば突っ込んできてもおかしくないけど。

ショウナンパンドラ、マジックタイム

大阪杯は今年に入ってから屈指のハイレベル戦。ショウナンパンドラは位置取りの差もあったし、56kgであれだけ走れれば十分優秀。昨秋から強い内容なのは、中距離で後半に11秒台を並べたレースで、オールカマー、ジャパンカップが該当する。ミッキークイーン以上に適性的には中距離向きなので、東京マイルで31秒台~32秒台前半の時計で走れるかは正直疑問だし、事実昨年は8着という結果。ディープ×フレンチの血統はばっちりでも、ここで負けてもらって宝塚記念で勝負ということを考えてしまう。時計はかかってほしい。ただ能力は一番。

【ダービー卿CT】12.5 – 11.3 – 11.5 – 11.6 – 11.4 – 11.1 – 11.5 – 11.9 1.32.8

牡馬相手に勝ちきってきたのがマジックタイム。レベルは高めでG2の評価はしていい。ここまでの戦績を見ると、東京マイルで結果を出した条件戦は33秒台の時計で良馬場でもパワーより。当時の中山もパワータイプが台頭する馬場だったので、ハーツクライ×ブライアンズタイムからも完全な速力勝負になるとパフォーマンスを落とすはず。能力は十分足りているので、やや時計がかかりパワーよりの馬場になれば、といったところ。32秒台前半あたりになると苦しいかな。

【高松宮記念】11.7 – 10.1 – 10.9 – 10.8 – 11.1 – 12.1 1.06.7

最後に高松宮記念からウリウリとレッツーゴドンキ。レース内容は、超が2つ付くほどの高速中京でビッグアーサーとミッキーアイル以外は凡戦。

ウリウリは一昨年のヴィクトリアマイルで狙っていた馬でその時は大外枠を引いたので評価を下げたのは覚えている。評価したいのはその一昨年の京都牝馬Sと昨年のセントウルS。ともに直線ではイン差しだったので、そのかたちが叶えば、激走があってもおかしくない。1200mからの距離延長のステップ、ディープ×フレンチの血統からも、今年こそ内枠を引ければ穴で狙ってみたい一頭ではある。

レッツーゴドンキはスプリントでは前へいくことはできず。今回は、従来通り先行してくると思うので、レース傾向からは有利になる可能性が高い。マイルCSでも着差は0.5なので、全体のレベルが下がれば圏内に残ってもいい。桜花賞からも低速戦向きなので、重いイン伸び馬場がベスト。

東京芝の馬場傾向

次に前日の馬場傾向を見ていきます。

2回4週東京

今週の馬場情報はJRA公式HPから→馬場情報

今週からBコース使用の東京。第一のポイントは時計の速さ。メインの京王杯で19秒台かつ上がり32秒台もちらほら、9R夏木立賞でも2分を切ってくるなど、昨年と同じ水準の高速馬場で、ペース次第で31秒台が見えてくる。内外についてはフラットなので、隊列や位置取りのほうを重視して予想したい。血統は、10R秋川特別で、ステイゴールド×シングスピール、フジキセキ×シンボリクリスエスのワンツー。

当日の天気予報はこちら→気象庁ホームページへ

当日も晴れ予報なので、前日と大きく変化はないはず。隊列が縦長になるか詰まるかわからないけど、どちらせよ勝ちきるならある程度の位置にいないと届かない可能性が高い。適性は速力があって軽いタイプを重視したい。

ヴィクトリアマイル2016の予想

◎ストレイトガール
△ウインプリメーラ
△ウリウリ
△ショウナンパンドラ

(買い目:◎単勝、◎→△の馬連、馬単、三連複、三連単)

◎はストレイトガール。上で書いたように過去2年は内枠を引いて距離延長がうまくハマった感があるのは確か。それでも今年のメンバーを見れば、ミッキークイーン、ショウナンパンドラに適性面の不安があり、レベルが上がる可能性は低い。今年は外の進路も悪くないので、この枠で外の好位につければ展開利があるし、叩いて状態も上がっているとなれば再度狙ってもいいのかなと。

穴馬は内枠から、ウインプリメーラとウリウリを選択。ともに希望の枠を引けたのは大きく、適性面もクリア。ウインプリメーラは川田J騎乗はプラスだし、先行して速い上がりでまとめられる馬。パールSの内容は評価したいし、ステイゴールドは先週のレインボーラインでも激走している。ウリウリは念願の内枠。ディープ×フレンチの血統もベストであとは直線でスペースが開くかどうか。最後の一頭はショウナンパンドラとミッキークイーンで迷った。どちらも中距離よりなのでで高速マイルは適性とずれる。ミッキークイーンのほうがマイルへの対応力はあるものの、能力はショウナンパンドラが上。最終的にはハイレベル戦大阪杯とディープ×フレンチからショウナンパンドラを取った。

5/15/13:30

どうも前日と違って内優勢の馬場になっている。時計は変わらず速い。馬場を踏まえて変更します。

◎ウリウリ
△ストレイトガール
△シャルール
△スマートレイアー

(買い目:◎単勝、◎→△の馬連、馬単、三連複、三連単)

まずは外枠ストレイトガールの評価を下げて、内枠ウリウリの評価を上げる。もとも2年前のヴィクトリアマイルで枠が出る前は本命にしようと考えていた馬。京都牝馬S、安土城Sの競馬ができれば。2年越しの◎。ショウナンパンドラに変えてシャルールも抑えておきたい。これも内枠。血統からだと高速マイルは重すぎるものの、今日は短縮もステップも好調。ウインプリメーラもスマートレイアーに変更。人気馬が一頭はくると思うので、枠からスマートレイアーを選択。ウインプリメーラも候補だけど、泣く泣く見送ります。

今週の重賞:
京王杯スプリングカップ2016

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする