ユニコーンステークス2016予想 ◎グレンツェント

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユニコーンステークス2016の予想です。アルーアキャロル回避は少し残念ですが、グレンツェント、ゴールドドリームなどなかなか好メンバー集まりました。では早速予想していきます。

ユニコーンステークスの過去の傾向

まずは過去の傾向から見ていきます。

ユニコーンS2016

【2015年】12.4 – 10.8 – 11.3 – 12.3 – 12.1 – 12.1 – 12.1 – 12.8 1.35.9
【2012年】12.4 – 11.0 – 11.6 – 12.1 – 12.6 – 12.3 – 12.1 – 12.4 1.36.5
【2011年】12.3 – 10.7 – 11.3 – 12.1 – 12.6 – 12.3 – 12.1 – 12.8 1.36.2

4角位置について見ると、先行馬も残っているし、外差しもまずまず決まっていてフラットな傾向。枠順は1枠が一頭も馬券に絡んでいない点が特徴的で、2枠は馬券内があっても内枠よりは中~外枠のほうが優勢になっている。ラップは緩むことは少なく、前傾が基本。しっかり流れるので力通りに決まりやすく、能力の比較はしっかりしておきたいところ。良馬場なら36秒台前半の決着が多い。

血統からは、ミスプロ系が好相性。2015年ノンコノユメ、2014年レッドアルヴィスなど父or母父いずれかがミスプロ系が近年は連対中。それ以外にはフレンチ、クロフネのヴァイスリージェント系やゴールドアリュールなどダート適性があるSS系。ステップで見ると距離延長組は苦戦気味。過去10年遡っても、距離延長で勝ったのは2012年アイアムアクトレスだし、馬券内でも少数に留まっている。青竜Sなど東京マイルか、兵庫CSなど短縮組を狙いたい。

東京ダートの馬場傾向

次に前日の東京ダートの馬場傾向です。

3回3週東京ダート

今週の馬場情報はJRA公式HPから→馬場情報

金曜日の雨の影響で稍重スタートの東京ダート。その影響でやや速くなっていたものの、最終の頃には良馬場に回復していて標準的な時計に戻っている。4角位置はフラットで外差しも決まっていて、枠順はやや内枠が不利外目の枠から先行できるタイプを狙いたい。血統は父SS系が2レースとも1~3着を独占。2Rのほうはダイワメジャー×キンカメ、12Rがゼンノロブロイ×キングマンボが勝利と、どちらもSS系×キングマンボという組み合わせ。

当日の天気予報はこちら→気象庁ホームページへ

明日も雨の心配はなく、このまま良馬場でのレースとなりそう。時計は36秒台、中枠~外枠の先行馬重視で。

ユニコーンステークス2016の予想

◎グレンツェント
△ダノンフェイス
△ゴールドドリーム
△ストロングバローズ

(買い目:◎単勝、◎→△の馬連、馬単、三連複、三連単)

◎はグレンツェント。前走の青竜Sは、さすがに昨年度より劣るものの、古馬1000万以上のレベルにはあるし、ヒヤシンスSと比較しても上の評価ができる。伏竜Sでは、ストロングバローズに負けているが、位置取りと外を回したことを加味すれば差のない内容と見ていい。先行馬が少ないメンバー構成で、青竜Sと似たようなレース質になる可能性が高く、外枠からゆったり進出していければ。ベリーJもダートに関しては勝率も優秀で乗れている。血統はネオユニヴァース×キングマンボでばっちり。

相手にはまず同じ青竜S組からダノンフェイス。青竜Sでは上位2頭に完敗も、斤量57kgで1kgの差があったし、やや間隔があいたローテーションだった。今回は56kgで同斤量かつ状態アップが見込める。内枠の分だけ評価を下げたがステップとしてはいい。キンカメ×タキオンの血統もいい。ゴールドドリームもヒヤシンスSの内容から入れておきたい。兵庫CSは評価が難しく、あそこまで離されるのは意外。ただ、ヒヤシンスSでも1000万レベルにはあるので能力的にはここでも上位。ストロングバローズも能力は高い。相手までに留めたのは、東京マイルでスローだと、SS系相手にヒヤシンスSのようにキレ負けも考えるので。

今週の重賞:
函館スプリントステークス
2016

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする