ゴールデンバローズのここまでユニコーンS2015予想続き

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユニコーンステークス続き。飛ぶ鳥を落とす勢いの堀厩舎の、おそらく1倍台の人気になるであろうゴールデンバローズについて、ここまでの履歴を復習。

新馬戦~ヒヤシンスステークス

新馬戦は東京芝マイル。ダッシングブレイズには完敗も2着確保で、先着した相手はのちに未勝利を勝ち上がっている。Tapit×Mayakovsky(シアトルスルー系)という血統からしても芝である程度やれたことは驚き。Tapitといえばテスタマッタなど東京マイル向きで、2戦目はその血統通りのダート適性をみせる。

12.3 – 10.7 – 11.5 – 12.7 – 12.6 – 12.8 – 11.8 – 12.3 1.36.7

稍重のダートを好スタートから逃げてタイムトライアルようなレース。同日の500万条件と比較しても大きく上回っていて、1600万には劣りはするものの、2歳秋の時点で1000万の水準には間違いなくある内容。

続く500万。

12.0 – 10.6 – 11.6 – 12.2 – 12.6 – 12.3 – 11.6 – 12.7 1.35.6

不良馬場での開催。周りのレベルも上がってスタートは新馬戦と比べるといまいち。最初の3Fが34.2のハイペース。それでも直線入口では好位にいて楽々抜け出し快勝。馬場の比較が難しい週ではあるけど、新馬戦同様1000万クラスのレベルにはある走り。

12.5 – 11.2 – 11.8 – 12.2 – 12.6 – 12.3 – 12.2 – 12.3 1.37.1

ヒヤシンスSは一転してスローの展開。ラストは12秒台前半のラップが並んでこれを差し切ったのは強い内容。前日の1000万と比較すると、軽く上なので1600万の水準か。まだ時計を詰められる。

ただ気になるのは未勝利以降徐々に位置取りが後ろになっていることで、スタートしてからの二の足がだんだん悪くなっている。芝スタートということもあるんだろうけど、この点だけはちょっと気になる要素ではある。昨年のアジアエクスプレスのように時計が速くなって内枠を引いたしまった場合にどうか。もっとも3歳になって年明けすぐでこのパフォーマンスなので、それを考慮すると現時点ではさらに成長している可能性も高いけど。

UAEダービー

【R.ムーア騎手(ゴールデンバローズ号騎乗)のコメント】
「1,900mは少し長く、1,600mがベストです。ペースが遅く道中被せられてリラックスして走れませんでした。」※JRAホームページより

メイダン競馬場の1900mが舞台。いいスタートを切って2番手を先行。ムーアJのコメント通りややペースが遅かったのか、かかり気味。ラスト300mあたりでムブタヒージが抜け出し楽勝(なんだこの化け物……)、ゴールデンバローズは3着に健闘。
それでもタップザットとそれほど差のない3着なので着順ほどの評価はしたくないし、1900mはちょっと長かった。

こうしてざっと見ると、メイダンでは先行できたことから、やっぱり東京マイルの芝スタートには課題がありそうだ。1900m→1600mになることは好転で、適性は血統からもベストの条件。前の記事でみた通り青竜S組をはじめライバルは骨っぽい馬たちが多く(時計・ラップでみれば青竜S>ヒヤシンスS)、1倍台でもそれほど簡単に勝てるとはいえないという力関係ではあるので、馬場と枠には注意したい。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする