チューリップ賞2016予想 ジュエラー、レッドアヴァンセほか有力馬の分析

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チューリップ賞2016の予想です。メジャーエンブレムはクイーンカップから桜花賞に直行ということで、対抗できるような馬がここから現れてくるのか注目ですね。馬券的にも面白そうなメンバーが集まったという印象です。ではさっそく過去の傾向から。

チューリップ賞の過去の傾向

チューリップ賞2016

【2015年】12.5 – 11.2 – 12.2 – 12.6 – 12.9 – 12.2 – 11.5 – 12.6 1.37.7
【2014年】12.4 – 11.0 – 11.9 – 12.0 – 12.1 – 11.5 – 11.4 – 12.0 1.34.3
【2013年】12.6 – 11.3 – 12.0 – 12.1 – 12.2 – 11.8 – 10.7 – 12.2 1.34.9

表を見ると、2013年以外は外差しが決まっているという状況。2015年は雨で内が荒れていたし、ハープスター、ハナズゴール、レーヴディソールなど強い馬しか勝っていないものの、外を回しても不利ではないというのがここまでの傾向。唯一、2013年だけは極端に内有利の馬場になってクロフネサイプライズ以下4角での位置取りでそのままゴール。それからここ3年は毎年逃げ馬が絡んでいるので注意しておきたい。時計は良馬場なら34秒台中盤~35秒台が基本で、ウオッカ-ダイワスカーレットで決まった2007年だけ1.33.7とかなり速い決着になっている。ラップはゆったり入ってからの瞬発力勝負がやはり多い。ただ阪神マイルなので、ラスト1Fは減速する。軽い瞬発力だけでなく、パワーも問われる。

血統は阪神マイルなので、やはりディープ産駒。ここ5年は毎年1頭は馬券に絡んでいる。ほかにはステイゴールドなどSS系、母父はノーザンダンサー系がいい。2015年ココロノアイ、アンドリエッテ、2014年1~3着は全てSS系×ノーザンダンサー系という血統。ローテーションはやはり阪神JFで好走してきた馬が中心も、トライアルなので、権利を取りにくる馬の激走もある。2015年アンドリエッテ、2014年ヌーヴォレコルト、リラヴァティなどなど毎年一頭は圏内にきているので要注目。

では次に各馬の分析です。

阪神JF組、ジュエラー

【阪神JF】12.5 – 10.9 – 11.4 – 12.1 – 11.8 – 11.7 – 11.5 – 12.6 1.34.5

まずは阪神JF組から。クイーンカップの記事でも指摘したように、ラップを見れば着差以上にメジャーエンブレムが抜けた内容になっていて、2着以降との差はかなり大きい。2着ウインファビュラスはアルテミスSでキレ負けしてからの持続力勝負で浮上、というかたちで瞬発力欠けるタイプだろう。新潟2歳Sとこの阪神JFでメジャーエンブレムを除けば、年明け前の時点では世代上位にいたことは確か。ステイゴールド×アドマイヤコジーンで、ある程度上がりかかる展開になれば適性面での不安はない。ただ賞金はもう足りていて、仕上げてくるのは本番が濃厚と考えれば、能力は抜けているわけではなく、積極的に狙いに行く場面かと言われれば微妙なところ。

ブランボヌールはウインファビュラスにも完敗という内容。ディープ産駒でも母父サクラバクシンオー。ファンタジーSもいまいちで、函館2歳Sがいい内容となれば、もう少し距離は短くてもいいのかもしれない。デンコウアンジュは先行策が裏目に出たかたち。アルテミスSは中盤緩んでからの瞬発力勝負という流れで嵌った部分は大きい。時計的な価値は1000万ちょっと下くらいなので、弱い馬ではないし、今回差しに回れば阪神JFよりはやれるのかなと。メイショウサムソン×マリエンバードの血統も低速戦向きで合いそうだが。決め手の活きる馬場がほしい。

クロコスミアは、赤松賞いまいち、アルテミスS、阪神JFもデンコウアンジュあたりにきっちり負けていることからすると能力的に苦しいか。適性的には問題ないが。アドマイヤリードは今回巻き返しに期待したい一頭で、阪神JFの記事でも書いたように白菊賞は優秀。そこから馬体減もあったりして凡走したけど、能力面はメジャーエンブレムを除けば大差ないという評価。馬体からは間隔を開けたほうがいいタイプだろうし、ステイゴールドなのでイン伸び馬場で馬群を割ってくるような競馬ができれば権利を取れてもいいのかなと。

【シンザン記念】12.5 – 10.9 – 11.4 – 11.5 – 11.8 – 12.3 – 11.7 – 12.0 1.34.1

シンザン記念はアーリントンCの予想でも指摘したようにレベルとしてはいまいち。レインボーラインが勝ったものの、評価していたのは千両賞のほう。それでも、ハイペースでも前が残る展開だったことを考慮すれば、唯一圏内まで差してきたジュエラーは評価しないといけない。チューリップ賞は33秒台の上がりを求められるレースにはなりにくいので、適性面も問題ないだろうけど、ヴィクトワールピサ産駒がどうなのかなという懸念は少しある。サンプルがまだ少ないので何とも言えないけど。

レッドアヴァンセ、シンハライト

【エルフィンS】12.2 – 11.6 – 12.5 – 13.1 – 12.7 – 11.6 – 11.2 – 11.3 1.36.2

エルフィンSは見てのとおりドスローからの3F戦。レッドアヴァンセだけ抜けた内容で、同日の木更津川特別と比べると1000万ちょっと下くらいの評価はしていいのかな。ディープ×エリモピクシーの血統通り軽い条件になると力を発揮するタイプだろう。その点、京都→阪神はマイナスになる。実際3走前の稍重の阪神マイル未勝利戦がここまでで一番パフォーマンスを落としている。できるだけ軽く、かつ外差しが効く馬場が希望。能力は足りるので。

【紅梅S】12.2 – 11.1 – 11.6 – 11.5 – 11.8 – 11.5 – 11.8 1.21.5

紅梅Sのレベルは500万クラスでそれほど高くない。ラップから見てもシンハライトよりはワントゥワンのほうが評価できるので、シンハライトからすれば、ここでさらに伸ばしてくる必要がある。当然伸びしろはあるし、ディープ×シングスピールの血統はぴったりでも、骨っぽい相手で過信はしたくないなというのが本音。

【白梅賞】12.5 – 11.2 – 11.5 – 12.0 – 11.8 – 11.6 – 11.5 – 11.6 1.33.7

白梅賞は、高速よりの京都でのレースで、上位3頭の内容はいい。ヒルノマゼランは次走で勝っているし、サンライズクロンヌもレインボーラインあたりといい勝負をしてきた馬。時計的価値は1000万ちょっと下かな。エルビッシュの血統は、キンカメ×Eltishからは阪神マイルでも問題ないはず。ジュエラーはじめ有力馬は比較的差し馬が多いので、好位から進めるエルビッシュには展開利もある。角居厩舎、権利はなくここで仕上げてくる可能性は高い。

ざっと見てきて、能力的には、阪神JF組からウインファビュラス、ブランボヌール、デンコウアンジュ。それからシンザン記念からジュエラー、エルフィンSからレッドアヴァンセが上位を形成。賞金が足りていない組では、エルビッシュとアドマイヤリード。特に後者はチューリップ賞でこそ狙ってみたいタイプですね。各馬適性が少しずつ違うので、あとは枠、馬場次第でしょう。続く。

今週の重賞展望:
弥生賞2016
オーシャンステークス2016

今週の重賞予想:
チューリップ賞2016予想

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする