中日新聞杯2016予想 ◎サトノノブレス

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中日新聞杯2016の予想です。新装中京に替わってから今年で5回目。中京2000mというフラットな舞台なので、過去の勝ち馬は実力馬が多いですね。ハンデ戦なので、能力の割には斤量が軽い、という馬を狙うのがセオリーです。では順に予想していきます。

中日新聞杯の過去の傾向

中日新聞杯2016

【2015年】12.8 – 11.3 – 12.7 – 12.6 – 12.2 – 12.0 – 11.6 – 11.7 – 11.6 – 12.7 2.01.2
【2014年】12.8 – 11.4 – 12.8 – 12.6 – 12.5 – 12.3 – 12.4 – 11.7 – 11.2 – 12.0 2.01.7
【2013年】12.4 – 11.0 – 12.5 – 12.3 – 12.0 – 12.0 – 11.8 – 11.9 – 11.4 – 12.3 1.59.6

まずは過去の傾向から。新装中京だけあって、内外の差はあまり気にしなくてもいい。ただ、基本はフラットという認識でも、多頭数になった場合は8枠は少し減点するべきかもしれない。2014年は8枠でもマーティンボロは4角10番手から差し切ってはいるけど、↑のラップのように中京2000mの割には瞬発力が活きるレース質になったことで、ディープの切れ味が活きたというのも要因。レースの流れは前半ゆったり入ってからの後半の持続力と体力勝負。2014年を除けば、2分01秒以上はかかる低速戦で、2011年スマートギア、2012年サトノアポロ、2015年ディサイファなどしぶとく伸びてくるタイプがいい。2分を切るのような馬場になればある程度の速力も必要になるので、時計の出方は要チェック。

血統は2年連続で、ディープ産駒が勝利。ミスプロ系の健闘も目立っていて、ディサイファと2013年2着アドマイヤタイシの母父はともにドバイミレニアムだし、デウスウルト、ラブリーデイは父キンカメ。ローテーションはAJCCをはじめ、距離短縮のステップが少なくとも1頭は馬券に絡んでいるここ4年。他には中山金杯、小倉大賞典でちょい負けからというのが多い。いずれにせよ弱い馬は勝っていないので、適性を見つつ、能力の把握をしっかりしておきたい。

中日新聞杯2016有力馬の分析

次に有力馬の分析です。

アルバートドック、ブライトエンブレム

【小倉大賞典】12.4 – 11.2 – 11.9 – 12.0 – 11.9 – 12.0 – 11.5 – 11.7 – 12.1 1.46.7

まずはマツパク厩舎から須貝厩舎へと転厩となったアルバートドッグ。前走小倉大賞典は、1枠からラチ沿いを上手く捌いての差し切り。小倉大賞典の予想記事でも指摘したように内枠が有利なレースだったうえ、ロスのない競馬ができたことを加味するとダコールとは同等以下の評価になってしまう、時計的にもローカルG3レベル。評価できるのはむしろ前走よりリゲルSや白百合Sといった瞬発力勝負になったレースで、ディープ×ヌレイエフ系ならマイル~1800mの軽いレースに適性があるはず。なので、今回ハンデ55kg→57kgの2kg増かつ、距離も200m延長、小倉よりは体力が問われる中京2000mとなれば、条件は好転しているとはいえない。加えて、川田Jから松若Jに乗り替わりで、小倉大賞典ほど重い印は打てないかなと。できるだけ軽い馬場になってほしい。

ブライトエンブレムも明け4歳馬。中山金杯の凡走は適性外なので度外視していいものの、昨秋からの低調なパフォーマンスは気になるところ。特にセントライト記念は低レベル戦だし、もう少し上にきてもよかったのかな。ここまでのベストは弥生賞で、高速馬場の皐月賞で落としたことからは、低速戦かつ上がりがかかるレースに適性がある。その点からすると、金杯より上がりはかかりはする今回。それでも57kgだと能力的にも不安なので、アルバートドックとは対照的にできるだけ重い馬場にならないと厳しい。

準OP勝ちからの4歳馬はアングライフェンクルーガー

【アメジストS】12.6 – 11.3 – 11.8 – 12.0 – 12.5 – 12.7 – 12.4 – 12.3 – 12.1 – 13.2 2.02.9

アメジストSは低速戦かつ上がりもかかった東京2000mのレース。レベルとしては並みの1600万レベル。アングライフェンの一連のレースで評価したいのは、アメジストSより3走前の修学院S。愛知杯の記事でも書いたようにハピネスダンサーと合わせて重賞で通用する内容。なので後はこの舞台へ対する適性次第。ステイゴールド×パントレセレブル×トニービンの血統からはアメジストSのような低速戦の混戦で浮上してくるタイプと推測されるので、速い馬場はほしくない。55kgなら足りるので、適度に時計がかかり、内枠を引けば。

【初富士S】12.3 – 12.7 – 12.3 – 12.8 – 11.8 – 11.0 – 11.3 – 11.6 – 12.0 1.47.8

クルーガーも初富士Sでもちょっと能力面では厳しい相手関係。唯一の馬券外がトゥインクルが快勝した札幌2600m、キンカメ×ディクタットなら中距離の速力たいぷだろう。中京2000mなら58秒台で決まるくらい速い馬場のほうが適性的にいい。

【白富士S】13.1 – 12.0 – 12.2 – 12.3 – 12.8 – 12.3 – 11.9 – 11.6 – 11.2 – 11.7 2.01.1

ケツァルテナンゴも4歳馬。白富士Sは稍重の低速戦で、ゆったり入ってからの4F勝負。レベルとしてはG3なら通用するほどにはあって、55kgのハンデなら圏内。アンドロメダSでキレ負けで低速戦の東京で伸ばしてきたこと、チチカステナンゴ×クロフネなら、速力、瞬発力は欠けたタイプ。中京2000mでも2分を切ってくるようだと速力不足を露呈する可能性はある。状況は、少なくとも白富士Sより好転することはなさそう。

ヒストリカル、バウンスシャッセ

【京都記念】13.0 – 12.0 – 13.0 – 13.0 – 12.6 – 12.7 – 12.4 – 12.3 – 12.1 – 12.1 – 12.5 2.17.7

京都記念はとにかく重い馬場になって、2.17.7はなかなかお目にかかれない水準。特殊なレースになったことは確かでも、時計的な価値では、サトノクラウンはかなり優秀な部類だろう。ヒストリカルはじめ2着以下はサトノクラウンには劣ってもG2レベルにはあるし、チャレンジカップもフルーキーとは通った進路を考慮すれば同等に評価していい。昨秋からは安定して高いパフォーマンスで、能力面は57kgでも4歳勢より上位。ディープ×ノーザンテースト×ミスプロ系で、中距離よりシフトした今なら中京2000mでも落ちないはず。京都記念があれだけの重い馬場だったので疲労が残っていないかだけは不安要素。

同じくディープ産のサトノノブレスもハイレベル戦アルゼンチン国共和杯、金鯱賞の内容はいい。日経新春杯は58kgかつレーヴミストラルの瞬発力に屈しただけで瞬発力に欠けたサトノノブレスにとっては適性面少しずれた感じ。同舞台の金鯱賞で強かったのは評価しないといけないし、再度58kgでも能力は上位。ディープ×トニービンも血統も○。

【愛知杯】12.3 – 11.4 – 12.5 – 11.9 – 11.1 – 11.5 – 12.2 – 12.4 – 11.5 – 12.0 1.58.8

バウンスシャッセの個人的な評価はあまり高くない。愛知杯は5,6F目でペースアップする乱ペースで差し勢が上位を独占。バウンスシャッセはこの流れを4角15番手だったので展開利があったことは確か。55.5kgのハンデを背負ってのものでも、高速馬場だったことを思えば内容はそれほど。中山牝馬Sでも同じような形から35.0の上がりで差し切りかつ低レベル戦。ゼンノロブロイ×Hallingからも瞬発力はないので中京向きではある。ただ、今回は愛知杯と比べると相手はかなり強力。ハンデも据え置き55.5kg。適性面は間違いないものの、能力的には不利な立ち位置にいる。

中日新聞杯2016の予想

今週の馬場情報はJRA公式HPから→馬場情報

枠順はnetkeiba様から→中日新聞杯2016の枠順

馬場傾向の分析については、開幕週なので無しです。現在の馬場状態は稍重の中京。明日は晴れ予報なので、良馬場でのレース。内外はフラット、多少かかって2分ちょっと切るくらいの想定で。展開は、これだけ頭数がいても先行馬が不在でスローは確定的。外からヤマニンボワラクテがいく可能性が高いか。中京なので、極端な上がりだけの競馬にはならないだろうけど、2014年のラップに近いものを刻んできそう。

◎サトノノブレス
△ヒストリカル
△ファントムライト
△ヤマニンボワラクテ→△アングライフェン(2016/3/12/14:08変更)

◎は前目に付けるであろうサトノノブレス。上で書いたようにアルゼンチン共和国杯と金鯱賞の内容が優秀で58kgでも上位。今回は内枠を引いて川田Jなら好位には付けるはず。中京ならスローになったとしても33秒台の上がりは求められないので、この馬の持続力が活きるとみて本命。ディープ産駒は2年連続勝利中。

△にはまずヒストリカル。近走は復調してきてサトノノブレス同様能力は上位。この枠だと外差しなので、内有利になった場合、加えて京都記念の反動だけ気になるので相手まで。サトノノブレスと同じくディープ産駒。ファントムライトも外差しが濃厚。アイルランドTではヒストリカルに、白富士Sではケツァルテナンゴに先着されてはいるが、今回ハンデ55kgは有利になるし、藤原厩舎で戸崎Jなら押さえておきたいということで。最後は先行勢からヤマニンボワラクテ。AJCCからのステップが健闘していること、そのAJCCでも外枠からディサイファと0.3差からここは期待してみたい先行馬。キンカメ×エリシオの血統も合うし、自身の戦績からも中京への適性は高い。積極的に運べれば展開利は大きいはず(→アングライフェンに変更しました)。

買い方は◎の単勝、◎-△の馬連、馬単、三連複、それから三連単(しばらくこれでいく予定です。)でいきます。開幕週なので馬場についてはまたTwitterのほうで。

今週の重賞:
フィリーズレビュー2016
中山牝馬ステークス2016

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする