中京記念2015予想 カレンブラックヒル58.5㎏、レッドアリオン57.5㎏にハンデを踏まえて

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中京記念のほうもさくさく進める。ハンデが発表されて、カレンブラックヒルは58.5㎏、レッドアリオンは57.5㎏という設定。前記事でみてきたように、体力とか馬力という観点を重視して各馬の適性と能力を分析する。まずは人気馬から。

カレンブラックヒル

 カレンブラックヒルについて、個人的に一番評価しているレースはNHKマイルC。

 【2012NHKマイルC】12.1 – 11.0 – 12.0 – 12.2 – 12.6 – 11.6 – 11.3 – 11.7 1.34.5

 スローからの瞬発力勝負のレースで、同日の1600万湘南Sと比較すると大きく上回って、3歳春の時点で古馬OP~GⅢくらいの内容では走っている。このレースから重い馬場のマイル~1800mくらいがベストの条件ではないかと考えていて、3歳秋の毎日王冠は勝ってはいるものの差し馬が脚を余したレースだったこともあって、NHKマイルCのほうが上だった。その後はしばらく低迷するわけだけど、稍重で行われたダービー卿CTで復活。このときもNHKマイルCと同じ、イン伸びで馬力が問われる重い馬場だった。小倉大賞典も重馬場でのものだったし、適性はそこにあるとみている。どちも内容としては決してレベルの高いものではないけど、他のレースと比べるとまだまし。前走の安田記念については差しに回ってモーリスから0.5というものだけど、モーリス、ヴァンセンヌはまだしも掲示板以下はほとんど評価できないと思っている。あくまでも適性は馬力が問われる重い馬場向きで、そういった馬場を先行するというのがこの馬のスタイルだ。ダイワメジャー×ミスプロ系×ストームキャットからも。
 さて、では今回はどうかというと適性的にはかなり合っていると思われる。先週までの馬場なら高速決着はなさそうだし、馬力が求められる馬場だったので、カレンブラックヒル向きだといっていい。問題はやはり能力的なもので、いくらこのメンバー相手でも、58.5㎏を背負って押し切れるか?という点。人気で買うしてはちょっと心許ないかもしれない。展開利と適性面でのアドバンテージはありそうだけどね。

 今年の中京記念はカレンブラックヒルはじめダイワメジャー産駒が鍵を握りそう。ダローネガとオリービンについて。
 ダローネガの近走をざっとみているけど、評価できるレースはどうもなさそうだ。前走湘南Sも、ハイレベル戦になりがちな1600万戦なんだけど、いまいちな内容だし、春興Sではサトノアラジンに完敗。元町Sでも展開が向きながらヴァンセンヌを捉えられず。それで今回55㎏で、おそらく3番人気あたりなのでちょっと手は出しづらいかなという印象。適性的には、カレンブラックヒル同様に瞬発力・速力に欠けるタイプなので中京記念向きではあるけど。こちらはダイワメジャー×ホワイトマズルでカレンブラックヒル以上に速力を感じない血統ではある。
 対するオリービンは、ダローネガ比較では前走米子SとかポートアイランドSは上に取れる。適性的にも、阪神では崩れてないし、ダローネガと似ていて中京記念向き。昨年も出走していて、0.2秒差の5着からもこのレース向きだといえる。ダローネガの上位互換的な存在か。ハンデは56㎏で昨年よりは1㎏増ではあるけど、顔ぶれをみるとサダムパテック、マジェスティハーツはいないし、馬場も37秒台での決着になるほど悪化しないだろうから昨年以上の評価は必要かなと現時点では考えているところ。ダイワメジャー×ジルザル(ヌレイエフ系)という血統。

レッドアリオン

 続いてレッドアリオン。

 【2014マイラーズC】12.3 – 11.0 – 12.0 – 12.4 – 11.7 – 11.1 – 10.8 – 11.3 1.32.6

 マイラーズCはドスローからの瞬発力勝負になって位置取りの差が明暗を分けてレース。フィエロがうまく捌けずに脚を余したこともあって勝ったわけだけど、このレースをもって高く評価するのは違うのかなと思っている。安田記念、マイルチャンピオンシップでは崩れたように31秒台の速力が求められるとディープ産駒には太刀打ちできないことからもマイルなら、多少時計がかかったほうがいいタイプではないかと。昨年の西宮S~富士sやニューイヤーSのほうが内容がよく、まず31秒台にはならない中京マイルほうが条件としてはいいし、少なくとも安田記念よりは好転しているといえる。実際、3歳時には同じ舞台で圧勝した経験がある。ベストは2013年のような33秒台で決まる馬場で、中段から決め手を生かす形。そのパターンであれば、57.5㎏でもまとめて面倒をみれることは西宮S~富士s、ニューイヤーSで示した能力で保証済み。馬場が悪化しすぎなければ、といったところ。アグネスタキオン×ダンシングブレーヴという血統も合いそう。

 うーん、どうもカレンブラックヒル、レッドアリオンはじめ人気馬が適性的には問題ないので、堅実に走ってくる可能性が高いかなー。ここ3年は荒れているけど、今年は意外と固く収まるのかもしれないですね。現時点では、オリービン、レッドアリオンが中心に考えています。次の記事では穴馬勢を分析していく。続く。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする