中京記念&函館2歳ステークス2015 過去の傾向について

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週は早くも2歳重賞の函館2歳S。つい最近2歳戦がはじまったばかりと思っていたのに。その函館2歳Sと中京記念が今週の重賞レース。中京記念のほうもなかなか特殊なレースなので、検討のし甲斐がありますね。では早速、過去の傾向を振り返っておきましょう。

中京記念

中京記念2015

 新装中京マイルでの開催になってから今年で4回目の中京記念。

【2012年】12.4 – 11.2 – 11.7 – 11.7 – 12.1 – 11.7 – 11.4 – 12.9 1.35.1
【2013年】12.9 – 11.5 – 11.3 – 11.5 – 11.5 – 11.3 – 11.7 – 11.8 1.33.5
【2014年】12.5 – 11.2 – 11.8 – 12.2 – 12.4 – 11.7 – 12.2 – 13.1 1.37.1

 1年目、2012年は良馬場でのレースではあったけど、開催後半だったこともあって35秒台の時計でかなり時計を要する馬場。ラスト1Fも12.9と落ちていて、そこに突っ込んできたのがフラガラッハ。当時のフラガラッハはマイルだと速力に不足タイプだったし、2着ショウリュウムーン、3着トライアンフマーチもそういう類い。その点からも体力が問われるレースだった。内は荒れて4角で外に進路を取った差し馬が上位を独占。
 続く2013年もフラガラッハが勝つレースだが、時計・ラップを比較すると、決着時計は1.5秒くらい速くなっているし、最後まで11秒台を刻むラップになっている。前年より速い馬場だった。それでも上位の顔ぶれをみると、フラガラッハ、ミッキードリーム、リルダヴァルといったマイル重賞では速力に欠けていて体力が豊富な適性の持ち主が並んでいる。ドナウブルーが4着に負けていることも象徴的だ。引き続き4角位置については、外が優勢だった。
 2014年は2012年以上に時計がかかって1.37.1でラスト1Fは13.1まで減速している。それほどペースが上がったわけではないので、相当重い馬場だったのだろう。過去2年と同じように勝ったのは外差しサダムパテックで、2,3着も差し馬ミッキードリームとマジェスティハーツ。適性も同じようなタイプが上位にきている。

 こうしてみると、中京記念はマイル重賞の中でもかなり特殊なレースであるということがいえると思う。梅雨の時期であり、開催後半に行われるので、速力よりも体力や馬力が必須で、それらを武器に最後に突っ込んでくる馬が好走している。フラガラッハやミッキードリームが連続で好走していることからも求められる適性が特殊であることが読み取れるし、血統をみてもフラガラッハはデュランダル×トニービン、ミッキードリームはキンカメ×SS×トニービン、サダムパティク‐フジキセキ×エリシオ、マジェスティハーツ‐ハーツクライ×ボストンハーバーで、トニービンを中心に欧州血統持ちが優勢だ。今年も先週までの中京を見る限りでは、なかなか重めの馬場になりそうなので、狙いとしては同じでいいと思う。

函館2歳ステークス

函館2歳S2015

【2014年】12.1 – 10.6 – 11.4 – 12.0 – 11.9 – 12.2 1.10.2
【2013年】12.0 – 10.4 – 11.3 – 11.7 – 11.8 – 12.4 1.09.6
【2012年】12.0 – 10.7 – 11.4 – 12.1 – 11.7 – 12.5 1.10.4

 ここ5年は、毎年1~3枠から馬券になっているように、内枠が有利の傾向がある。2014年に穴をあけたのがタケデンタイガーで3枠。2013年のプラチナティアラ、トーセンシルエット、2012年ストークアンドレイ、コスモシルバードなどなど。時計面では、10秒台で決まるのが標準的。ラップの刻みをスプリント戦らしいものになっている。例外的に2013年は9秒台の決着になっているけど、これはクリスマスが強かったという結果。とりあえず10秒台以上はかかるとみていい。

 2歳戦は、それまでのレース内容がいまいちであっても急激に伸ばしてくるパターンがあるところに難しさがあるんだけど、函館2歳Sに関していえば、穴馬を別にすると新馬戦・未勝利戦で相応のパフォーマンスをしている馬が勝っている印象が強い。アクティブミノルも新馬戦は強い内容だったし、クリスマスは言わずもがな。まずは各馬の新馬戦(未勝利戦)のレベルを精査したい。

 過去の傾向はこうなふうです。次の記事からは各馬の検討に入っていきます。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする