東京スポーツ杯2歳ステークス2015予想 プロディガルサン、ロスカボスの評価は

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週は3日間開催で、月曜日にあるのは東京スポーツ杯2歳ステークス(東スポ杯)。予想はいつも通り過去の傾向を振り返ってから新馬戦などこれまでの内容を見ていく。ご存知のとおり東スポ杯は出世レースで、近年ではサトノクラウン、イスラボニータ、ディープブリンランテなど活躍馬を多数輩出している。今年も登録馬を眺めると今後が楽しみな馬が何頭か。ではさっそく過去の傾向から。

東京スポーツ杯2歳ステークスの過去の傾向

東スポ杯2歳S2015

【2014年】12.7 – 11.1 – 11.6 – 12.4 – 12.5 – 12.7 – 12.3 – 11.0 – 11.6 1.47.9
【2013年】12.7 – 11.4 – 11.7 – 11.8 – 12.0 – 11.9 – 11.6 – 11.2 – 11.6 1.45.9
【2011年】13.3 – 11.9 – 12.3 – 12.9 – 13.2 – 13.2 – 12.2 – 11.5 – 12.2 1.52.7

 まず表を見てはっと気付くことは、不良馬場で行われた2011年以外は全て1枠が勝っていること。東京1800mなので、内枠は有利なのだけれど、東スポ杯は特に顕著になっている。内枠に能力の高い馬が入ると外差しはなかなか勝ち切れない。

 2014年は良馬場でも時計がかかるもので、スローの流れから瞬発力勝負で1枠からサトノクラウンが直線で間を縫って差し切り。2着アヴニールマルシェも2枠から好位のポジション。2013年は同じ良馬場でも速い馬場。ペースもそれほど緩まずイスラボニータの速力が活きる展開になった。3着クラリティシチーはいい脚を使うも届かず。この年もやはり1枠有利。2012年も高速馬場で1枠コディーノが抜け出したところを外からレッドレイヴンが追い詰めるも差し切れず。2010年も同じくサダムパティクが1枠から快勝、リフトザウングスは8枠でも4角位置は内だった。2011年7枠ディープブリランテを除けば外枠には厳しいレースになりがち。2011年は不良馬場で各馬が内を大きく開けるほど、内の馬場は荒れていた。

 適性面でいうと、ディープ、フジキセキのSS系やキンカメあたりが高速していることからも速力、瞬発力が求められる。昨年のように多少重い馬場になるとサトノクラウンのMarjuのようにノーザンダンサー系にもチャンスが出てくるか。先週の東京のイメージだと良馬場でも荒れているものになりそうで、昨年に近い馬場になる可能性が高い。そうなれば、余程外差しにならない限り内枠に入った低速戦向きかつ瞬発力もあるタイプを狙ってみたい。

プロディガルサン、ロスカボス

 まずはプロディガルサン。ここまで新馬戦と2000mになった芙蓉Sを2連勝。まだ走りを見ているとフラフラしていて頼りないものの、それでもそこそこの内容ではある。新馬戦は東京マイルの低速戦。時計も遅いし、上がりもいまいちと、時計的な価値だけで判断すると、うーんという評価だったが、続く芙蓉Sではパフォーマンスを伸ばしてきた。レベル的には古馬500万やや下くらいか。

【芙蓉S】12.7 – 10.9 – 13.3 – 11.5 – 12.5 – 12.4 – 12.5 – 11.5 – 11.7 – 12.2 2.01.2

 この芙蓉Sもどちらかというと低速戦のスローより。ディープ×ストームキャットの母ラヴズオンリーミーは、リアルスティール、ラングレーの全弟にあたる血統。この血統からは軽い馬場のほうが良さそうだけど、現状は未知。高速馬場で覚醒するのか。内枠を引いて昨年のような馬場になれば、芙蓉Sの内容はこのメンバーでも上位なので信頼度は高い。

 続いてロスカボス。

【野路菊S】12.5 – 11.0 – 11.5 – 12.2 – 12.6 – 12.1 – 11.5 – 11.5 – 12.9 1.47.9

 翌日の古馬500万と比較すると、馬場は乾いていく過程にあったので土曜日のほうが重く、その点を考慮すると同じくらいのレベル。ロスカボスはスタートで大きなロスがあったので、それを加味するともう少し上の評価をしていいような気もするが。ラスト1Fが12.9になったのであの出遅れでも差せたのだし、今回同じようなスタートだとさすがに苦しい。とにかく荒削りなレースで、パフォーマンスは決して抜けているわけではない。おそらくプロディガルサンと1番人気を争うのだろうけど、そこまでの信頼度はないのかと考えている。血統はキンカメ×SSでも、マンカフェの近親なので重めのタイプか。脚質的にも速力勝負になるのはマイナス。

スマートオーディン、レインボーライン

【萩S】13.3 – 11.9 – 11.8 – 12.1 – 12.3 – 11.7 – 11.7 – 11.4 – 11.4 1.47.6

 萩Sはラップの通りどスローの展開。離れて逃げたノーブルマーズがこのラップなので、ブラックスピネル以下はもっと遅い。上位馬はほとんど同じ上がりで33秒台前半。
 スマートオーディンは新馬戦で伸び代を大きく感じる走りも、萩Sは案外の結果。この萩Sも古馬500万くらいのレベルなので決して悪くはないが。スタートでの不利もあったが、どうも京都より阪神向きな気がするし、高速馬場より多少時計がかかるほうがよさそう。ダノンシャンティは父フジキセキで東スポ杯の傾向に合致するし、馬体が絞れればもう一段上のパフォーマンスができるだろう。レインボーラインは低速戦の札幌から高速馬場の京都での瞬発力勝負にも対応してきた。上がりも最速。アニメイトバイオの半弟でステイゴールドという血統。ちょっとまだ適性を掴みかねるが、萩Sに関してはスマートオーディンより上の評価ができる。

 新馬戦からのステップは2頭いて、アグレアーブルとキラージョー。

【アグレアーブル新馬】13.8 – 12.5 – 12.8 – 13.6 – 13.1 – 13.1 – 11.8 – 10.9 – 11.6 1.53.2
【キラージョー 新馬】13.5 – 12.2 – 12.5 – 13.4 – 13.7 – 13.3 – 11.5 – 11.0 – 11.0 1.52.1

 それぞれのラップを並べてみると、どスローの稍重馬場での低速戦瞬発力勝負。単純に考えるとキラージョーのほうが上に取れる。キラージョーのほうはラスト2Fも11.0 – 11.0で減速なし。レベルは判断が難しいけど、500万やや下くらいか。アグレアーブルはマンカフェ×シーキングザゴールド、キラージョーはハーツクライ×フレンチなので、血統面からもキラージョーのほうが評価できる。

 ほかにはマイネルラフレシアのアイビーSは低レベル戦で、よほどふわっと先行できるかたちでないと厳しそう。ハレルヤボーイは中山→東京で、キレ負け。ただ未勝利戦もサウジアラビアRCも内容はいいので、警戒しておきたい。トーセンファントム×キンカメなら速力が問われない馬場が希望だ。

 ざっと見てきたけど、低速戦向きの適性の持ち主が多い印象を受けました。先週の雨の影響で東京もカチカチの良馬場になることは考えづらいですが、もしイスラボニータの年のような速力勝負になったらどうなるか予想するのは難しいですねー。各馬のここまでの内容はだいたい古馬500万レベルで拮抗していますが、そのなかでも狙ってみたいのは、プロディカルザン、萩Sの2頭(スマートオーディン、レインボーライン)、キラージョー、ハレルヤボーイ。あとは枠順で優劣を付けていくので、しばらく枠順の発表を待つことにしましょう。続く。

【マイルCSの事前展望はこちら】マイルチャンピオンシップ2015予想 過去の傾向&サトノアラジン、イスラボニータほか

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする