東京新聞杯2016予想 内枠有利の傾向、雨雪の影響は?

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京新聞杯2016の予想です。どうも東京のほうは夜中から明け方にかけて、雨や雪が降ったようで、馬場への影響は出てきそう。とりあえず土曜日の東京芝の馬場傾向を確認していきます。

※各馬の分析についてはこちら→東京新聞杯2016予想 ダノンプラチナ、ダッシングブレイズほかの分析

東京芝の馬場傾向

2回2週東京

まずは5R3歳未勝利1800m。1枠から逃げたジャガンツがそのまま逃げ切り、2,3着も2枠、1枠のイン差し。4着も2枠で、1枠〜2枠が上位を独占したかたち。ペースは序盤は多少速かったものの、中盤は緩んだのでそこまで前にきつい展開ではない。時計はこのクラスで1.47.3なので速め。血統はシンボリクリスエス×アドマイヤベガ、マンカフェ×Trempolinoのワンツー。7R3歳500万2400mは超スローの3F勝負。上がりは13.0-11.3-11.1-11.2なので本当の3Fだけの戦い。ここまでスローになると隊列も詰まって決め手が活きる。ヴァンキッシュランは残念ながら降着になったけど、レベルはまずまずなので、レーヴァテインと合わせて、今後のため覚えておきたいレース。9R箱根特別も2400mの一戦。ここも7Rと同じように低速戦の3F勝負。隊列が詰まって外差しも届く。

10R初音S1800mはシャイニーガールが離しての逃げ。そこを内からシャルールが突き抜けて快勝、2着リラヴァティも2番手からで3着マローブルーも同じような位置から。シャイニーガールはオーバーペース気味でも、2番手以降はややスロー寄り。かなり速い時計が出て高速馬場という認識でいいと思う。内前が有利な状況だろう。シャルールはゼンノロブロイ×Kaldoun、リラヴァティもゼンノロブロイ×シングスピール。最終1400mも7番人気の1枠が勝利。ペースが遅かったことを加味しても内有利は間違いないか。またまたゼンノロブロイのワンツーで時計は出るけど、パワーも必要な馬場なのかもしれない。

3F勝負になった2400mの2つを除く3レースはどれも1枠が勝って2,3着も好位には付けていた馬達。このことから内のほうがいいことは確か。時計もしっかり出る。血統はゼンノロブロイが活躍していてパワーも問われるかな。内の好位にいる馬を狙うべき状況。時計は土曜日の馬場なら32秒台が出る水準も、雨、雪の影響で多少はかかるとして、33秒台前半くらいの想定で。

東京新聞杯2016の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→東京新聞杯2016の枠順

外からテイエムタイホーのハナが一番確率が高い。マイネルアウラートも付いていく。ルルーシュはマイルだと先行できるかは疑問でまずペースは上がりそうにないメンバー構成。好位にダイワリベラル、ダノンプラチナはスタート次第も、5分のスタートなら内の中段。ダッシングブレイズはこの枠だと中段〜後方の外になる。

◎ダノンプラチナ
○エキストラエンド
▲タガノブルグ
△スマートレイアー
△グランシルク

◎はダノンプラチナ。この馬の能力面はかなり評価していて、同舞台の富士ステークスの内容、香港マイルでの詰まりながらモーリスと0.4差は特に優秀。今の内有利の馬場で内枠を引けたのでここは素直に評価したい。位置取りについても、ベコニア賞なんかを見てもスタートさえ決めたら、後ろにこだわるタイプではないし、カチカチの高速馬場でもないので問題ない。海外遠征帰りなので、やはり仕上がりに不安があるのは事実で、まだ太いという情報もあるが、この相手だしなあということで目をつむった。ディープ×Unbridled’s Songでイン伸びでパワーが求めれる馬場なら本命で。

対抗以下は大混戦。とりあえず内枠を中心に考えていくと、東京マイルへの適性という点でエキストラエンドが○。前走の京都金杯は4角で届くことのない位置にいて、そこからよく差してきていた。明けて7歳でもこのメンバーなら勝負になる。ベストは高速京都マイルだが、一昨年2着のこの舞台も悪くないはず。内枠からロスなく進めれば、馬券内にきてもおかしくない。▲には穴っぽいところから内枠タガノブルグ。阪神カップはハイレベル戦で適性もずれていたので、度外視していい。近走は上がりだけ見るとしっかり使っていて、ヨハネスブルク×スペシャルウィークでニジンスキー持ちの血統。マイルは超高速馬場だったマイラーズC以来。マイラーズCよりは時計は遅くなるので、内枠からNHKマイルカップの競馬ができれば穴をあけもいいのかなと。△も内からスマートレイアー。エリザベス女王杯は外枠で馬場のいいところを通れたのであまり評価はしていないものの、東京マイルで少しでも重くなるのなら印を回す。ここ2年の府中牝馬Sくらい走れば十分戦えるので、あとは位置取りだけ。

他にも内枠でいうとグランシルク、ダイワリベラルもいるが、能力、適性面が疑問。ロスのない競馬はできるだろうから、全体のレベルが落ちれば、といったところ。グランシルクはキャピタルSの内容から△。ダッシングブレイズについては、この馬場で外枠なので評価を下げた。浜中Jなので工夫してくる可能性はあるし、能力も高いが、1番人気なので。

現在良馬場も、夜に降った雪?雨?の影響がどこまで出るのか不明なので、その辺はまたTwitterでつぶやきます。

きさらぎ賞はこちら→きさらぎ賞2016予想 京都の馬場傾向を踏まえて

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする