東京新聞杯2016予想 ダノンプラチナ、ダッシングブレイズほかの分析

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京新聞杯2016の予想です。香港帰りのダノンプラチナ、3連勝中ダッシングブレイズなど比較的若い馬が多いメンバー構成になった今年。昨年はヴァンセンヌがここを勝って安田記念2着までいったので今年も注目ですね。それではさっそく過去の傾向から見ていきます。

東京新聞杯の過去の傾向

東京新聞杯2016

【2015年】12.7 – 11.7 – 11.9 – 12.0 – 12.2 – 11.8 – 11.3 – 12.1 1.35.7
【2013年】12.4 – 11.1 – 12.0 – 12.1 – 11.8 – 11.2 – 11.0 – 11.3 1.32.9
【2011年】12.3 – 10.5 – 11.3 – 11.5 – 11.9 – 11.4 – 11.7 – 11.9 1.32.5

ここ2年は重馬場、稍重馬場での開催。2015年は稍重に東京でかなり重い馬場でのレース。内枠ヴァンセンヌが中段から差し切りで2着アルフレードは外から追い込み。ペースもラスト1Fで12.1まで減速していて比較的差しやすいレースになった。2014年は雪で順延、月曜日の開催。重馬場でも2015年ほどは重くなく、時計は1.33.2。外差しホエールキャプチャが1着、2着エキストラエンドも差し馬。ここもペースが上がってラスト3Fは11.3 – 11.5 – 12.3という流れ。対して良馬場の2013年~2011年は内枠、先行馬が有利になりやすい。2013年はラップを見てもかなりのスローでかつ高速馬場。このレース質になれば内、前が有利になってクラレントが好位から抜け出し。2着ダイワマッジョーレも1枠からのイン差しだし、3着トライアンフマーチも先行。2012年もここまでスローではないが、コスモセンサーが逃げたのを好位内のガルボがちょい差しというレース。外から追い込んだヒットジャポットは3着まで。2011年も32秒台の決着で33秒台の上がりで、速力、瞬発力が問われた。勝ち馬スマイルジャックは8枠でも4番手につけて外を回ったわけではないし、2,3着もともに内枠という結果。ここ5年からは、馬場が重くなれば差しやすくなるし、軽い馬場になれば内枠、先行馬が有利になる傾向。

血統面はディープをはじめSS持ちが優勢で、ロベルト系の活躍も目に付く。それからクラレント、トライアンフマーチのダンシングブレーヴなどリファール、ニジンスキーなどのノーザンダンサー系持ち。ステップはニューイヤーS、阪神C、京都金杯などで、東京マイルに変わって伸ばしてきそうなタイプがいい。

続いて各馬の分析です。

ダノンプラチナ、ダッシングブレイズ

【富士S】12.7 – 11.0 – 11.4 – 11.9 – 12.0 – 11.2 – 11.1 – 11.4 1.32.7

最初にダノンプラチナ。マイルCSの記事でも書いたようにこの富士Sの上位2頭はかなり強い内容。32秒台の時計になってはいるけど、摩擦のかかる馬場で、ダノンプラチナは54kgを加味してもサトノアラジンと同等以上の評価ができる。続く香港マイルも出遅れ、直線では何度か詰まってモーリスと0.4差。能力的にはこのメンバーなら57kgでも一枚上だろう。課題は海外帰りの仕上がり不安と、2011〜2013年のような馬場になったときに差し損ねる可能性が高くなるという点。仕上がりについては、まだ太いという情報もあるし、ベストでないのは確か。それを考えると、ここ2年ように時計がかかって差しやすい馬場になって欲しいところで、クラレントの2013年並みに軽くなって内前が有利になると苦しいか。まあ能力は抜けているので、枠、馬場次第かな。

【リゲルS】12.7 – 11.4 – 12.2 – 12.2 – 11.7 – 11.2 – 11.1 – 11.6 1.34.1

次にダッシングブレイズ。リゲルSはイン伸び阪神での外差しなので字面以上に評価しないといけない。この内容なら重賞も勝てる。レース質は低速戦の瞬発力勝負で、甲東特別も同じレース質。今回、阪神→東京で32秒台の速力が求められるとKittens Joy×Honour and Gloryだとプラスにはならないだろう。一応、2走前の紅葉Sでは東京マイルで1.32.9の時計があるものの、内枠から完璧なレース運びだったこと、ラスト3Fは10.8-11.4-12.0と減速していることから、まだ東京の速力勝負では疑問が残る。ダノンプラチナ同様、差しやすい馬場になってほしい。

ニューイヤーS組、京都金杯組

【ニューイヤーS】12.9 – 11.5 – 12.2 – 12.0 – 11.8 – 11.3 – 11.0 – 11.6 1.34.3

ニューイヤーS組からはダイワリベラル、グランシルクが出走。スローからの3F勝負でレベルは低め。ダイワリベラルは好位から卒なく進めてコスモソーンパークを差し切り。2走前の市川Sも内枠からのレースで器用さを活かしたかたち。ここまで東京での勝ち鞍はなく、中山のがいいタイプなのは間違いないので、中山→東京で伸ばしてくることは考えづらいか。同じ先行馬でもクラレントのように速力+瞬発力に秀でた適性ではなく、ダイワメジャー×トニービン×リアルシャダイも重い感じはある。内枠を引いてどこまで、という評価かな。

グランシルクのほうはニューイヤーSでは差しに回って上がり32.9で届かず3着。富士Sではダノンプラチナに完敗の内容、キャピタルSもほぼ完璧な競馬でサンライズメジャーに0.2差なので能力的にはまだまだ。東京マイルなら内枠からNHKマイルCやキャピタルSのようなレース運びをする可能性が高く、時計が速くなったときに届くかどうか。好位につけてちょい差しができれば可能性があるが。こちらも内枠を引いてから。いずれにせよ32秒台の決着になると苦しそうだ。

【京都金杯】12.3 – 10.9 – 11.4 – 12.2 – 11.6 – 11.3 – 11.6 – 11.7 1.33.0

最後に京都金杯からのステップ。テイエムタイホーは阪神C惨敗→京都を楽に先行して大穴というパターン。京都金杯自体のレベルは低いけど、テイエムタイホーは力はある。ただ六甲Sなんかを見ていると低速戦のマイルのほうが良さそうなので、東京の速力勝負に対応できるかというのはある。メンバーを見ても先行勢の中では能力は上位なので、再度残ってもおかしくはない。初東京ではあるが、ニューイングランド×Lord at war×ニジンスキー系なので血統上は悪くはない。ただ買うべきタイミングは前走だったかなという感じはある。

残りの3頭は全頭ディープ産駒。トーセンスターダムはスタートが良くなかったうえ、8枠という当時の京都ではかなり厳しい条件だったので、京都金杯については度外視していい。それでもマイルCSでは一戦級相手に完敗だし、カシオペヤSもいまいち。チャンピオンズカップがここまでのベストパフォーマンスで毎日王冠もまずまずだったことからはマイルより1800m向きだろう。マーティンボロもマイルはやはり少し忙しい。エキストラエンドは4角の届かない位置からよく差してきてはいる。2年前は2着で昨年は6着と、適性は問題ないので、どれだけレースレベルが下がるかがポイントになってくるか。

阪神C組、スマートレイアーなどには触れられなかったけど、能力的にはダノンプラチナの一強で、ダッシングブレイズがそれに続くという構図。ただどちらも不安はあって、仕上がりと馬場。ある程度時計がかかって差し馬場になれば2頭で決まる可能性が高いが、そうでない場合はかなり難解な一戦になりそう。枠と馬場を踏まえて再度整理したいと思います。続く。

きさらぎ賞はこちら→きさらぎ賞2016予想 サトノダイヤモンドvsロイカバード再戦!

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする