天皇賞春2016予想 ◎ゴールドアクター

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天皇賞春2016の予想です。今年の主役ゴールドアクターは1000万から有馬記念を含めて5連勝中。これに挑むのがシュヴァルグランやキタサンブラックという構図。ゴールドアクターはなかなか弱点が見当たらないですが、逆転できる馬がいるのか探っていきます。

天皇賞春の傾向

ではまず過去の傾向から。

天皇賞春2016

【2015年】12.7 – 11.4 – 12.0 – 12.5 – 12.8 – 12.2 – 12.1 – 12.8 – 12.4 – 12.3 – 12.5 – 12.0 – 11.7 – 11.8 – 11.5 – 12.0 3.14.7
【2014年】12.8 – 12.0 – 12.1 – 12.4 – 12.4 – 12.1 – 11.3 – 12.5 – 12.9 – 12.9 – 12.9 – 12.3 – 11.7 – 12.0 – 11.1 – 11.7 3.15.1
【2011年】13.2 – 11.7 – 12.9 – 13.0 – 13.4 – 12.5 – 12.9 – 12.6 – 13.9 – 12.6 – 12.0 – 12.2 – 11.7 – 11.4 – 12.1 – 12.5 3.20.6

表からはこ5年で見ると、2014年以外は全てで1枠が絡んでいるように内枠有利。勝ち馬は、全て4枠より内から出ていて、4角の通過順位も一桁。ビートブラックの激走からもわかるように、この時期の京都開催は高速化するし、コース形態からも内前が有利になりやすい。4角10番手より後ろで馬券になったのは2015年フェイムゲーム、2014年ホッコーブレーヴ、2012年ウインバリアシオンの3頭だけ。ラップも後半で11秒台前半を刻むものが多く、長距離適性に加えて速力も問われる

血統は、フェノーメノ、ゴールドシップでステイゴールド産駒が3連勝中。SS系ではハーツクライもウインバリアシオンとカレンミロティック、フェイムゲームで相性がいい。ハーツクライ関連でトニービン持ちはやはり警戒しておきたい。ビートブラックも父ミスキャストでトニービンを持っていた。その他では、ダンチヒやストームバードなど速力を感じる血統を母系に持っている馬には注目。繰り返し好走しているフェノーメノ、ウインバリアシオンはこれに該当してくる。

ローテーションで見ると、2015年は久しぶりに阪神大賞典の勝ち馬が天皇賞も連勝。これは2008年アドマイヤジュピタ以来。基本的には阪神大賞典好走馬は、天皇賞とは相性が悪く、この要因としては、阪神3000mと京都3200mでは求められるものが違うこと。阪神大賞典では重い阪神で体力が問われるのに対し、天皇賞では軽い京都で体力に加え、後半の速力勝負に対応するための適性も必要になる。ゴールドシップやトウカイトリックの凡走はこの理屈で説明できるはず。ただ、2015年は散水?があったためか、例年の天皇賞に比べると体力寄りになったようで、2着にダイヤモンドSからのフェイムゲームが好走したことからも異質だったことがわかる。なので、どんな馬場を作ってくるかはしっかり観察しておきたい。重めなら阪神大賞典組も対応可能、カチカチの馬場なら日経賞や大阪杯組を重視かな。

天皇賞春2016の有力馬分析

次に各馬の分析。

阪神大賞典組、日経賞組

【阪神大賞典】13.0 – 11.6 – 12.5 – 12.2 – 12.3 – 12.2 – 12.6 – 13.7 – 13.3 – 12.6 – 12.3 – 11.9 – 11.6 – 11.6 – 12.4 3.05.8

まずは阪神大賞典組から。レースは中盤で緩んでからの5Fの戦い。内容としてはシュヴァルグランが抜けていて、レベルはゴールドシップ比較だとさすがに劣るものの、G2レベルにはある。シュヴァルグランは日経新春杯でレーヴミストラルに完敗から、ここでパフォーマンスを上げてきたかたち。京都より阪神の体力勝負のほうがいいタイプかもしれない。それに加えて今回は、斤量55kg→58kgの3kg増、状況としては前走以上とはいえない。前走◎にしたけど、ここではちょっとずれるのかなと。エアレーションなどでどれくらい時計がかかるか。血統はハーツクライ×マキャベリアンで傾向には合致する。

次にタンタアレグリア。2着以下は少し差があって、レベルは低め。タンタアレグリアについては、ここまで古馬G1で勝ち負けする能力は見せていないというのが個人的な評価。菊花賞でも内枠から上位3頭には離されたし、ダイヤモンドSも特殊なレースになったとはいえ、いまいち。適性もゼンノロブロイ×Stukaという血統なので、天皇賞には合わないかも。

アドマイヤデウスは、京都記念ではサトノクラウン、阪神大賞典ではシュヴァルグランに完敗で能力的にG1では少し足りていない。日経新春杯を勝ったときのように内枠を引いてダート質の馬場になったら可能性はあるけど、その条件が揃っても力関係からすると厳しい。父アドマイヤドンでトニービン持ち。カレンミロティックも昨年の内容と比べると、今年のほうが下。昨年は阪神大賞典→天皇賞でパフォーマンスを上げてきたけど、さすがに8歳で衰えもありそう。アドマイヤデウス同様まずは、内枠。休み明け+18kgだったとしてもトーホウジャッカルは負けすぎ。ここまで評価できるのは神戸新聞杯→菊花賞の2つだけ。菊花賞から京都の長距離に適性はあるだろうけど、父スペシャルウィークでなかなか立ち直るのは難しいのかもしれない。

【日経賞】7.0 – 12.1 – 12.6 – 13.1 – 13.1 – 13.7 – 13.5 – 13.2 – 12.4 – 12.2 – 11.8 – 10.9 – 11.2 2.36.8

続いて日経賞組。レース自体は超スローでラスト2Fは10.9-11.2の展開で上がりだけ。ここまで遅いとレベルは判断しづらい。

ゴールドアクターはこれで1000万から5連勝。このうち特に評価したいのはオクトーバーSとアルゼンチン共和国杯の2つ。能力面に不安はないし、適性面も、ある程度の距離さえされば、持続力、瞬発力ともに高いレベルで兼ね備えている。スクリーンヒーロー×キョウワアリシバの血統もここまでくれば気にならないし、弱点は少ない一頭かなと。あとは極端な外枠を引かなければ大崩れは考えにくい。

サウンズオブアースはデムーロJが騎乗できず、藤岡兄が乗る予定。2着続きではあるものの、昨秋の一連のレースは評価しないといけない。高速京都も、菊花賞、京都大賞典で強い内容で走っているが、ネオユニヴァース×ディキシーランドバンドなので、逆に重くなってしまうと体力切れの懸念がある。乗り替わり、適性面などクリアすべき課題はある。菊花賞のときような内枠がほしい。

アルバートはこの流れではキレ負け。このブログでは、有馬記念、日経賞と2戦連続で◎にしているように能力は高く買っていて、比叡SやステイヤーズSのパフォーマンスはG1でも足りる内容。今回は日経賞よりは上がりがかかるので、条件としては好転するし、父アドマイヤドンでトニービン持ち。初の58kgは気になるものの、再度ルメールJ騎乗で狙いたくなるタイミングではある。

ダイヤモンドS組、大阪杯組

【ダイヤモンドS】13.2 – 12.4 – 12.6 – 12.5 – 12.3 – 13.1 – 13.3 – 13.8 – 13.3 – 12.5 – 13.1 – 13.0 – 13.0 – 12.6 – 11.7 – 12.6 – 12.8 3.37.8

ダイヤモンドSから直行は、トゥインクル、フェイムゲーム、ファタモルガーナの2頭。馬場は稍重で、時計・上がりとも相当かかる特殊なレース。なのでどういう評価とするかは難しい。

トゥインクルは万葉Sでジリジリ伸びての内容から、重いダイヤモンドSで覚醒。このことから、体力タイプだとわかるし、血統もステイゴールド×ノーザンテースト。今回は、ダイヤモンドSよりは軽くなると想定されるので、条件としては前走と比較するとよくない。万葉Sと比べれば、200m延びるのでその点はプラスだけど。斤量も54→58kgなので前走ほどは積極的になれないかな。

フェイムゲームはこの条件はやはり走る。海外遠征明け+58kg+大外枠を考慮すれば悪くない内容。天皇賞は今年で3回目で、最初の年は高速馬場で差し損ねて6着、昨年は良馬場でも体力が問われる馬場で2着まで差してきた。今年も体力を活かして差しれてこれるような馬場・展開になるか次第。トゥインクル同様に軽い馬場だと2年前のパターンになりそう。ただ、能力は上位なので状況次第。ハーツクライ×アレミロードで血統はばっちり。

ファタモルガーナもダイヤモンドSやステイヤーズSで繰り返し好走しているように、豊富な体力を持っていて重い条件のほうがいいタイプ。ディープ×エリシオなので、ある程度の速力はあるだろうけど、ベストはやはり体力勝負。好位から進められるので、残る可能性はあるものの、8歳馬だしなあというところ。ステイヤーズS、ダイヤモンドSもそれぞれ前年のほうが内容は上。

【大阪杯】12.8 – 11.5 – 12.5 – 12.1 – 12.2 – 12.5 – 12.1 – 11.3 – 10.9 – 11.4 1.59.3

大阪杯からはキタサンブラック。3歳時のパフォーマンスから対古馬は少し劣るかなと考えていたキタサンブラックも、大阪杯の内容を見ると上方修正が必要かなと。大阪杯は3F勝負でレベルは高い。キタサンブラックはアンビシャス56kgに対し、58kgを背負っての結果。能力は上位だとしてあとは適性面。菊花賞で結果を出しているのでいまさらブラックタイド×サクラバクシンオーの血統を心配する必要はないのかもしれない。ただ大阪杯でパフォーマンスを上げてきたことは、中距離向きの可能性も出てきたので、気にはなるかな。高速イン伸び+内枠がベストの条件。

中日新聞杯組、レーヴミストラル

【中日新聞杯】12.7 – 11.2 – 12.9 – 12.7 – 12.6 – 12.3 – 12.0 – 11.7 – 11.2 – 12.0 2.01.3

中日新聞杯からはサトノノブレスとファントムライト。レースはスローで前に付けた馬が有利になった展開。後ろから差してきたクルーガーがマイラーズCで巻き返したことからも差し勢を評価しないといけないレース。レベルは低め。

サトノノブレスは川田Jの好騎乗でベストの位置取り。58kgで勝ち切ったことは評価したいけど、G1になると少し足りないのがここまで。適性的にも2000mくらいのほうがいいとは思うので、可能性があるとすればビートブラックのように高速馬場を先行して位置取りの利で好走するパターン。ファントムライトも中日新聞杯は外枠からの先行策が当たったという結果。ファントムライトも中距離向きの適性なので、3200mでパフォーマンスを上げてくることはちょっと考えにくい。55→58kgの斤量もきついかな。

最後にレーヴミストラル。京都記念は馬場に尽きるので度外視していい。優秀なのはアルゼンチン共和国杯と日経新春杯の2つ。特に日経新春杯はラップ的にはシュヴァルグランに完勝。この時は金鯱賞2000mからの延長で伸ばしてきたので、距離延長のステップで狙ってみたいタイプかなと。イメージはウインバリアシオンを軽くした感じ。ただ、さすがに3200mは長すぎるし、キンカメも長距離だと落ちる。前半ペースが上がらずに後半4Fだけの勝負になれば、圏内まで差してくる能力はある。

京都芝の馬場傾向

では次に土曜日の京都芝の傾向を。

今週の馬場情報はJRA公式HPから→馬場情報

雨の影響が多少はあったかもしれないが、良馬場スタート。あやめ賞ではナイトオブナイツの外差しが決まったものの、基本的には先週と同じような傾向で内有利は変わらず。時計も同水準で高速より。ただカチカチの馬場というわけではなく、ハービンジャーやトニービンなど重めの血統も活躍している。昨年と似たような馬場かなと。

明日の天気予報はこちら→気象庁ホームページへ

明日も京都は晴れ予報。多少高速化することはあっても土曜日から大きく変化することはないという想定でいきます。

天皇賞春2016の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→天皇賞春2016の枠順

◎ゴールドアクター
△キタサンブラック
△アルバート
△サトノノブレス

(買い目:◎単勝、◎→△の馬連、馬単、三連複、三連単)

◎はゴールドアクターから。上で書いたように能力は上位で、適性面もクリア。残る課題はこの枠。過去、前日の傾向からは内枠有利ではあるものの、スタートの良さ、機動力のあるゴールドアクターならそこまで影響はないのかなと。ピンク帽子でもトーセンジョーダン、エリモエクスパイア、ビッグゴールドは好走。内枠に◎を打ちたい馬がいなかったというのが本音ですが、ここは能力を評価して。

キタサンブラックは上にも書いたように58kgでの大阪杯の内容は優秀。少し重めの馬場はマイナスも希望通りの内枠を引いたので相手には入れる。穴馬にはトニービン持ちの2頭からアルバートとサトノノブレス。アルバートはドスローの日経賞から上がりのかかる展開、距離延長は条件好転。引き続きルメールJ騎乗で。サトノノブレスは先行すれば可能性はある。中距離向きとはいえ、ここ数走の内容はある。長距離G1で実績のある和田J、ゆったり流れれば圏内に残ってもいい。

馬場の変化がないかだけは確認したいですね。

今週の重賞:
青葉賞2016

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする