ターコイズステークス2015予想 ハンデ戦の混戦で狙うべきは

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ターコイズステークス2015の予想です。中山マイルという条件は変わらないものの、今年から重賞に格上げ。メンバーを見ても抜けた馬はいないし、加えてハンデ戦なので荒れる可能性は高い。こういうときこそ馬場傾向が重要になってくるはず。まずは先週の中山芝の傾向から復習して、予想へと進んでいきます。

中山芝の馬場傾向

5回2週中山

最初に土曜日から。
4R2000m内回りは4角外からステイパーシストが差し切り。他馬とは上がりが1秒以上違うのでここでは能力が抜けていた。展開は後半1000mの勝負でしっかり上がりもかかって、それで2分2,3秒台なので時計はかかる。ステイハーシストはステイゴールド×アグネスデジタル。2着ミライヘノツバサも父ドリームジャーニー。次も内回り1800mの新馬戦。なかなか面白いラップになっていて、最初の4Fは13秒台が並び、5F目から11秒台が続くラップ。うーん、あんまり見たことないですね、こんなラップは。ともあれ道中に進出した2頭の争い。アルカサルはまたもや父ドリームジャーニーで、2着マヤノピナクルもドリームジャーニーという血統。ここまでの2Rはステイゴールド祭り。

黒松賞は33.4-35.5のハイペースをワンダフルラッシュがタイセイエクレールをハナ差凌いだという内容。このペースで4角内が上位を独占なら少なくとも内は悪くはないと判断できる。時計も2歳戦で8秒台が出たので、そこまでかかるわけでもなさそう。ラピスラズリSも33.4-34.5でネロが2番手から進めて快勝。ネロは京洛S同様、やや時計がかかって馬力が問われる条件がベストで、2歳時にはクリスマスローズSで強い内容で走っている。冬に中山は得意。これ後付けになるけど、人気的にも京洛Sは絶好の狙い目だったのね……。2着ワキノブレイブも2枠から4角内を通過。最終1800m内回りはコスモグレースフルの大逃げ。2番手以降はスローの展開になったので展開が味方したかたち。

土曜日の中山は、内外については、内が有利になっていて、時計はややかかる状態。適性的にはネロの快勝、ステイゴールドの活躍から馬力タイプが優勢になっている。

続いて日曜日。
小雨のなかで3Rマイル。47.2-49.0のややハイでカトルラポールが先行押し切り。2着は1枠の差し馬ラレッサングル。流れて1.36.2なのでやや時計はかかっているし、グラスワンダー×ダンチヒ、キンカメ×Kaldounのワンツーなので馬力が求められる状況なのは変わらず。4R1800mも上がりがかかった。3枠の先行馬+2枠のイン差しで内々での決着。やはり基本は内有利の馬場になっている。モンジューの系列が父系でニジンスキーが母系のマル外が快勝なので、雨の影響か、一段と重い。5R新馬戦マイルも先行馬が残る展開で、稍重まで悪化してかなり遅い決着時計。1着コパノマリーンはヴィクトワールピサ×シングスピール、ブライテストムーンはアドマイヤムーン×ストリートクライという血統。

9Rチバテレ杯は思いのほか速い時計が出た。33.6-34.9-1.08.5なので土曜日と同じくらいの水準。これはレースレベルの高さからきているのもあるのかもしれないが。またもや8枠の先行馬が押し切りで13番人気に大穴。2,3着も4角は内で、イン伸び馬力馬場といった傾向になっている。10R美浦Sは一転してレイヌドレージュの決め手が活きたという結果。ペースが上がったこともあるけど、ロジメジャーの勝ちパターンだったので、レイヌドレージュ自身優秀な内容で走っている。時計のついてはやはり土曜日によりはかかっているか。レイヌドレージュはフジキセキ×トニービン、3着シャドウウィザードも父ハーツクライでトニービン持ちが台頭。最終も1800mでラブユアマンが差し切り。こちらもステイゴールド×シルヴァーホークでパワータイプの適性。

降雨があった日曜日も大きくは傾向は変わらず、基本的には内のパワータイプの先行馬がいい。差し馬なら、トニービンはじめ欧州血統持ちで、豊富な体力を有している適性の持ち主だ。

現時点で中山は良馬場で、特に雨予報もないのでそのまま良でできそう。イメージとしては先週土曜日の馬場で、内が基本のやや時計がかかるというものでいいと思う。適性的には馬力タイプを狙ってみたい。

ターコイズステークス2015の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→ターコイズステークス2015の枠順

展開はまずスロー濃厚なメンバー構成で、外からオツウが一番可能性が高そうだ。2枠ノットフォーマルも福島記念では控えたし、競り合ってくるかは微妙なところ。有力馬は差し馬が多く、好位内のポケットから抜け出してくる馬を買うのがセオリーかな。決着時計は34秒台前半~33秒台前半くらいの想定で。

◎アルマディヴァン
○アイライン
▲カフェブリリアント

◎はアルマディヴァン。本命の一番の理由は1枠と騎手。ノリJなら中山重賞、先行馬が少ないとなれば位置を取ってくる可能性が高いとみた。アルマディヴァン自身はここまでパワータイプの差し馬というレース振りではあるものの、決してスタートが下手なわけではないし、この相手なら好位のポケットの位置にいてもいい。能力的には53kgでこの相手なら、中京記念分だけ走れば十分に上位にいるし、メジロベイリー×メジロライアンの血統も低速戦のマイル向きという印象。ノリJの先行策に期待してもいい場面だと思う。

対抗はアイライン。初重賞にはなるが、能力面は新潟からの3走でクリアしているし、52kgなら軽いくらい。印象とは違って、そこまで極端な追い込み馬というわけではない。なので、数字から考えると中段からでも進められれば勝ち負けできる計算で、アルマディヴァンと同じくローベルゲレイロ×コマンダーインチーフといういかにもな血統もいい。位置取り次第かなと。

3番手以降はかなり悩んだというのが正直なところ。カフェブリリアントは安定して一定以上の水準で走れているし、適性的にも問題なし。ただ、位置取りが気になるので、3番手までの評価に下げた。同様にレッドセシリアも前走は馬場が味方したことも大きかったが、時計的は高く52kgならいきなり通用する数字も、やはり位置取り。ほかにもゴールデンナンバー、ノボリディアーナ、メイショウスザンナ、オツウなど混戦模様。

週をまたいで馬場傾向が変わってくることも当然考えられるので、その辺はしっかり観察しないといけない。期待はアルマディヴァンの先行策で、アイラインからも名前を挙げた馬を中心幅広く流す感じで馬券は攻めたい。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする