宝塚記念2016予想 ◎シュヴァルグラン

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宝塚記念2016の予想です。少し時間がとれず、週中の各馬の分析、調教評価を更新できませんでした泣。短縮版になりますが、さっそく予想していきます。

宝塚記念の傾向

ではいつも通り過去の傾向から。

宝塚記念2016

【2015年】12.2 – 11.6 – 12.2 – 13.4 – 13.1 – 12.7 – 12.5 – 11.7 – 11.0 – 11.6 – 12.4 2.14.4
【2013年】12.7 – 11.0 – 11.0 – 11.9 – 11.9 – 12.0 – 12.3 – 12.4 – 12.7 – 12.7 – 12.6 2.13.2
【2011年】12.3 – 10.5 – 10.8 – 12.7 – 12.4 – 12.1 – 12.1 – 12.0 – 11.5 – 11.7 – 12.0 2.10.1

この時期の開催ということもあって、一番の特徴は時計の出方が年によって大きく変わること。2015年は良馬場でも雨上がりで乾いていく過程でのレースで2.14.4、、対照的に同じ良馬場でも2011年は超高速馬場で2.10.1と4秒以上も違っている。当然求められる適性も異なり、重い馬場では体力重視、軽い馬場では速力が重要になってくる。ただ、どんな馬場になっても共通しているは、持続力よりの展開になることで、これは阪神2200mというコース形態に起因している。過去10年馬券内だけでみても上がり33秒台はゼロ、2015年のデニムアンドルビー34.0が最速。枠でみると、8枠が3連勝中。内枠はやや分が悪いかなという印象も、フルゲート割れも多いレースなので、そこまで気にしなくてもいいかもしれない。4角位置では近年は外を回した馬は圏内なし。

血統からは、ゴールドシップ、オルフェーヴル、ナカヤマフェスタなどのステイゴールド、ラブリーデイ、デニムアンドルビーのキンカメの活躍が目立つ。ディープ産駒は穴馬含め馬券内に何頭か入っていても勝ち切れていない。キンカメ以外にもミスプロ系は注意が必要。ステップは前走天皇賞が中心。京都の高速馬場が合わずに凡走したタイプが、阪神の重い馬場で巻き返してくるというパターンには要注目。天皇賞→宝塚記念連勝となると2006年ディープインパクトまで遡らないといけないし、この年は京都開催だった。鳴尾記念組も6月開催となってからは毎年一頭は好走している。ダノンバラード、カレンミロティックは人気薄での激走だった。海外帰りは、香港帰りのアドマイヤムーンが勝ったのみで、ドバイ直行は勝ち馬なしと減点が必要かもしれない。

阪神芝の馬場傾向

次に前日の阪神芝の馬場傾向を見ていきます。

3回4週阪神

今週の馬場情報はJRA公式HPから→馬場情報

週中もかなりの量の降水があって、土曜日の阪神も小雨の天候。馬場も悪く重馬場での開催となった。当然時計はかかっているのだけど、9R500万の1400mで1.22.3、10R2000mで2.03.0。稍重だった昨年と比較すると、ややかかっているかなという程度で済んでいる。枠順は、表から内枠が大活躍。1枠、2枠いずれかが全てのレースで馬券に絡み、4/6レースで勝利。4角位置は、特に外回りでラチ沿いを空ける騎手もいたものの、まだ内は生きていて外のほうが劣勢。血統は10R2000mでディープスカイ×ラムタラ、11R2400mでダイワメジャー×Linamixで1着。全体的に重めの血統が好走していて、特にノーザンダンサー系が大活躍という状況。

当日の天気予報はこちら→気象庁ホームページへ

当日は、晴れ、気温も上がる予報なので、良まで回復する可能性が高い。どういった馬場になるのか、現時点では予測しづらいが、前日の時計の出方、今開催の阪神は鳴尾記念でレコードが出たように速い馬場であることを踏まえると、そこまで重い馬場にはならないのではないかと見ている。適性的には、極端に体力、あるいは速力に振れることなく、持続力を重視して予想を組んでみたい。

宝塚記念2016の予想

◎シュヴァルグラン
△ドゥラメンテ
△キタサンブラック
△サトノノブレス

(買い目:◎単勝、◎→△の馬連、馬単、三連複、三連単)

◎はシュヴァルグラン。今年の宝塚記念は、遠征帰りの馬が多数いたり、適性的に合わない有力馬がいたりと全体のレベルが下がる可能性が高く、そうなれば能力が多少足りなくてもカバーできる。シュヴァルグランの前走天皇賞はキタサンブラックがコントロールするペースで脚を余したかたち。その天皇賞より阪神大賞典のほうが内容がいいことから、京都より阪神向きだと判断でき、内枠から徐々に進出していく強気な競馬ができればこの馬の持続力が生きる。ハーツクライ×ミスプロ系は傾向に合致するので、久しぶりの短縮がどうかでもこのオッズなら狙ってみたい。

ドゥラメンテ、キタサンブラックの人気2頭は△。ドゥラメンテ。ドバイシーマクラシックで最後止まったように2400mだと体力的にギリギリという評価をしていて、ダービーでこなせたのは超高速馬場が大きかったと考えている。適距離は1800~2000mだろうから、重い2200mだと体力切れの懸念があったけど、当日乾きそうなのは大きくプラスになる。キンカメ×SS×トニービンの血統からもこの舞台への不安はなく、皐月賞や中山記念からも持続力勝負はむしろ得意なほう。ただやはり遠征帰りのローテーション&初の58kgだけは引っかかるので本命にはしなかった。キタサンブラックの天皇賞は内枠が上位独占のレースかつ展開利もあったので内容としてはそれほど評価していない。評価が必要なのは大阪杯のほうで58kgを背負ってG1レベルの走りができたここまでのベストパフォーマンス。天皇賞がかなり恵まれた感があっても、大阪杯からここでも消すに消せないという一頭。適性的にも問題なく、早めに来られてもそう簡単には崩れない。穴馬は今年も鳴尾記念からサトノノブレス。鳴尾記念は、高速馬場を加味しても4F目から11秒台が並ぶラップを積極的に運んで押し切ったレース内容を評価したいし、近走は天皇賞を除いて安定して高いパフォーマンスで安定している。意外にも宝塚記念は初めての出走でも、条件としては悪くないし、持続力よりのディープ産駒なので合う可能性のほうが高いはず。和田Jも最近は好調なので、天皇賞とは違う積極的な競馬を期待したい。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする