宝塚記念2015予想 重馬場→良馬場の阪神芝の馬場傾向と明日向けて

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1週間にわたり予想してきた宝塚記念。いよいよ明日決戦を迎える。その前に、ポイントである馬場の確認はしっかりしておきたい。雨は上がって重馬場スタートの阪神開催。さっそく1レースから芝の馬場傾向を掴んでいこう。

阪神芝の馬場傾向

3回4週阪神

 1レースは2歳未勝利戦のマイル。インの好位から進めたマイネルサグラが抜け出し勝利。2,3着も好位外目から進めた馬たち。注目の時計は1.37.7でマイネルサグラの上がりは36.0。重馬場なので当然時計はかかって、ラスト1Fが12.7の体力勝負になった。血統はマツリダゴッホ×ヘクタープロテクター、ブライアンズタイム×マンカフェ、ジャングルポケット×シルヴァーホーク。マイネルの祖父はリアルジャダイでロベルト系が上位を独占。
 続く5レースは、やや重に回復しての2歳の新馬戦1200m。逃げた馬と2,3番手でそのまま決着。時計は1.10.9で10秒台での決着。35.5-35.4というラップ。新馬戦で10秒台後半はマーメイドS開催日と比較すると少しだけ速いという判断。1レースと比べると乾いてきてはいる。キンシャサノキセキ×コマンダーインチーフが1着で、1レースと同様に馬力を感じる血統だ。
 6レースは3歳未勝利1800m。このレースも上がりがかかって35.7で1.50.0の勝ち時計。レベルは疑問だけど、時計はかなりかかったなあという印象。勝ち馬は4角で外を回して突っ込んできたフレンチ×オペラハウスで体力が問われる馬場だということがわかる。
 9レース出石特別はディープ産駒のワンツー。1着スナッチマインドは4角で外で差し切り。内外の差はフラットと考えてよさそうかな。母父ストームキャットでラキシスと同じ。時計は1.21.8で上がり35.5なのでまだまだ重い馬場。
 京橋特別もラスト1F13.3のズブズブの展開で差し馬が台頭した。2.01.9の36.4。曇りなのであまり馬場は回復していない。エアアンセムはシンボリクリスエス×SS、キングストーンはキンカメ×SS、ラディウスはマンカフェ×フォーティナイナー。ルメールJがここで結果を出しているのはラキシスにはプラス。
 グリーンSもこの馬場で2400mなら体力勝負。プランスペスカはブラックタイド×ブライアンズタイム、エーシン2騎はジャングルポケット×SS。

現時点での予想

 
 土曜日の時点でもっと時計が出ると予想していたので、想定以上に馬場が悪い。最終週で荒れていて、明日完全に乾いたとしてもアーネストリー馬場はまず望めない。
 昨年の同じ週と比較すると、土曜日の京橋特別とは1秒くらい、出石特別とは0.5くらいはかかっているか。もっとも昨年は土曜日から当日にかけて降雨があったので、当日のほうが時計はかかった。その当日と比べてみると、今日とほとんど同じ水準。なので今年は明日、今日よりは速くなることを考慮すると、昨年よりは間違いなく速い馬場にはなる。それでもゴールドシップ向きの馬場になる可能性が高そうだ。

 ◎ラキシス
 ○ゴールドシップ
 ▲ラブリーデイ
 △カレンミロティック
 △デニムアンドルビー
 以下ワンアンドオンリー、ディアデラマドレ

 適性面でも能力面でもラキシスとゴールドシップが他馬を一歩リードしていて、今の馬場なら外枠の不利もない。ラブリーデイはもう少し高速化してくれないと厳しいので少し減点。鳴尾記念の週を参考にすると、9レースの皆生特別で8秒台の決着になれば、12秒台の決着、8秒台でも前半なら11秒台もみえてくる、といった基準だろう。いずれにしても昨年よりは速い馬場になるのは間違いない。12秒台が見えてきたらラキシス1本で勝負、ここ2年のような馬場ならラキシス少額か、ゴールドシップとセットで狙う予定。

 最終結論はTwitterにて。フォローをよろしくお願いします。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする