宝塚記念2015の枠順決定&いままでのまとめ

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今日の雨により阪神芝にもたくさんの水分が含まれているはずで、現時点の発表は重。注目の週末の天気予報、神戸は土曜日、日曜日は降水確率が20~40%と低め。ぬかるんだ芝が2日間でどこまで乾くか、よく観察しないといけない。

 遅ればせながら、宝塚記念の枠順をみてみよう。

1枠1番ショウナンパンドラ
1枠2番トーセンスターダム
2枠3番ネオブラックダイヤ
2枠4番アドマイヤスピカ
3枠5番カレンミロティック
3枠6番デニムアンドルビー
4枠7番ワンアンドオンリー
4枠8番ディアデラマドレ
5枠9番トウシンモンステラ
5枠10番オーシャンブルー
6枠11番ヌーヴォレコルト
6枠12番レッドデイヴィス
7枠13番ラキシス
7枠14番トーホウジャッカル
8枠15番ゴールドシップ
8枠16番ラブリーデイ

 ぱっと見は、ゴールドシップいい枠だなー、という印象。この枠なら自由に動ける。状態面も良さそうで、あとは馬場だけか。展開面を考えてみると、どういう隊列になるかはなかなか予想が難しい。逃げるのは、内からカレンミロティック蛯名Jが一番可能性が高いか。なんだけど、前走天皇賞春は2番手から進めているし、昨年の宝塚記念も3番手。番手から結果を出している以上、引き続き番手にこだわってくるかもしれない。となると他の候補は、テンは遅いけどネオブラックダイヤ秋山Jか、レッドデイヴィス松若Jくらい。ヌーヴォレコルト岩田Jとラブリーデイ川田Jも前にいくだろうけど、好位からの早め仕掛けでロングスパート。そう考えると、ペースは上がりそうになくて、序盤ゆったりで、ラスト5Fの勝負が濃厚だ。いくら序盤ゆっくり流れても上がりがかかって持続力勝負になるのが宝塚記念。当然早い段階でゴールドシップが前にプレッシャーをかけてくるはずで、その前に動き出すのは誰だ?JRAコマーシャルのタップダンスシチーのごとく、早めに動き出す策を仕掛けてくるコンビがいるかもしれない。

 今までの検討をまとめると、13秒台の決着になれば、まずゴールドシップ。それより速くなればほかの馬にも可能性が出てくる。実力値から考えると、まずラブリーデイとラキシス。特にラブリーデイは大外枠を引いたけど、鳴尾記念のように好位外目から動きやすく、ダノンバラードとマウントシャスタの川田Jだ。ラブリーデイはアーネストリー馬場希望で、ラキシスは対応できる幅は広いけど、対ゴールドシップを考えるとあまり重くなりすぎるのはマイナス。続くのはカレンミロティック、ワンアンドオンリー、ディアデラマドレ、デニムアンドルビー。カレンはアーネストリー馬場、ワンアンドオンリーは体力が生かせるゴールドシップ馬場が希望で、ディアデラマドレ、デニムアンドルビーはドリームジャーニー馬場で速力と、瞬発力が問われるレース質。トーセンスターダム、ヌーヴォレコルトはもう一枚落ちるという評価で、何らかの後押し、レースレベルが低下する後押しがほしい。馬場はトーセンスターダムはドリームジャーニー馬場で、ヌーヴォレコルトは問わない。大穴はレッドデイヴィスとオーシャンブルーで、どちらも血統はアグネステキオン×トニービン、ステイゴールド×ミルリーフ系で魅力的ではある。

 週中の天気予報では金曜日、土曜日が雨予報だったので、今年も13秒台確実かと思っていたけど、ここにきて晴れ予報で、ゴールドシップ3連覇のムードも少し風向きが変わってきたのかもしれない。金曜日の大雨はあと2日でどこまで乾くか?それが今年の宝塚記念の最大のポイントである。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする