宝塚記念2015予想 ワンアンドオンリー、ラブリーデイほか有力馬分析

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次はゴールドシップ以外に有力馬の分析を進めていく。まずはワンアンドオンリー、ラブリーデイ、トーセンスターダムら牡馬から。

ワンアンドオンリー

2歳時の東スポ杯で速力負け→ラジオNIKKEI杯で巻き返したことからも、体力があって速力に欠けるタイプ。弥生賞では長い脚を使って最後突っ込んできたけど、2分を切る時計になった皐月賞では間に合わず。神戸新聞杯→菊花賞も同じようなかたちで、超高速馬場には対応できなかった。
ひとつひとつのレースレベルを見てみると、ダービーは低レベル戦。さらに自信は1枠から完璧なレース運びをしたこともあってあまり評価したくない。同じ東京2400mのジャパンカップも得意の体力勝負にはなったものの、エピファネイアはじめ上位勢には力負け。有馬記念も同じだ。3歳までのレースを振り返ると一線級相手では能力に疑問符が付く。
そこで問題になるのが、前走ドバイシーマクラシック3着の評価。ハーツクライ産らしく、ドバイで覚醒したとみるか、単にレベルが低いだけなのかの判断は重要になってくる。そのシーマクラシックでは好位に付けて掛かり気味ではあったけど、しぶとく走って3着確保。ドルニヤ、フリントシャーにあっさり離された。ドルニヤ、フリントシャークラスにはさすがに分が悪かったか。レーティングをみると116でジャパンカップと同じ数値。公式サイトでラップなんかを眺めても、少なくともワンアンドオンリーの内容にはそこまで成長がみられないのかもしれない。うーん、ドバイ時点でみても能力は?という判断かなあ。

それでも適性面をみれば、実績が示しように阪神コース2200mはドンピシャ。ゴールドシップ同様あまり速い馬場は歓迎しないし、ゴールドシップと好走条件が似ているということはゴールドシップの自滅待ちの立場であることを意味する。

同じく4歳牡馬からは、トーセンスターダムとトーホウジャッカル。
トーセンスターダムはオーストラリアのG1で好走した帰り。今までのベストパフォーマンスはチャレンジカップなんだろうけど、エイシンヒカリの自滅もあったし、時計的な価値もここに入ると少し厳しいそうだ。この舞台への適性も、レース内容、ディープ×エンドスウィープという血統からも感じないというのが正直なところ。
トーホウジャッカルは神戸新聞杯→菊花賞で大きくパフォーマンスを上げてきて、菊花賞は内枠だったのも有利に働いたけど内容もある。問題はやっぱり仕上がりなんだけど、あまり良くはなさそうで手は出しづらいかな。

ラブリーデイ

【鳴尾記念】12.3 – 10.9 – 12.4 – 11.9 – 12.0 – 12.0 – 11.9 – 11.8 – 11.5 – 12.1 1.58.8

鳴尾記念の記事でも書いたように、高速馬場で後半に11秒台を並べるかたちがベストの展開で、鳴尾記念はそういう展開になった。小倉記念、中山金杯は特にハイレベル戦だし、この相手でも自分のかたちに持ち込めば能力に不足はない。今回阪神2200mになって200m距離が延びることを考えると、是が非でも高速馬場になってほしい。

【アーネストリー】12.3 – 10.5 – 10.8 – 12.7 – 12.4 – 12.1 – 12.1 – 12.0 – 11.5 – 11.7 – 12.0 2.10.1

これがアーネストリー馬場でのラップで、超高速馬場で持続力勝負。ここまで速くなればラブリーデイの速力+持続力が生きるし、体力をごまかせる可能性が高くなる。さらに対ゴールドシップも相対的に有利に立てる。鳴尾記念組は春開催になってから毎年馬券になっているのだけど、今年はラブリーデイが筆頭で、高速馬場待ちだ。当然使いづめの仕上がりには注意したいところではあるけど。
もうひとつ強調したいのは川田J騎乗という点。高速馬場という条件でダノンバラード、マウントシャスタの早め仕掛けで4角先頭の競馬ができれば、一発あってもいい。

ちょっと長くなってきたので、カレンミロティックは次の記事に回します。次は多数出走の牝馬勢について。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする