宝塚記念2015 過去の傾向(枠、馬場、適性)のまとめ

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週はいよいよ宝塚記念!これから1週間検討を進めていく予定だけど、まずは過去の傾向を復習しておきたい。枠順の有利不利、馬場・時計の出方、求められる適性について振り返る。

枠順、馬場の傾向

宝塚記念2015

ここ10年の馬場傾向が↑。2006年は京都開催なので除外して考えることにする(ディープ強い…G1で他馬と上がり1秒違う)。枠も4角位置もこれといった偏りは見られない。ここ2年はゴールドシップ→ロスのない競馬をした勢で決着。穴馬もカレンミロティック、ヴィルシーナ、ダノンバラードがそういう競馬。
オルフェーヴルの2012年は近年では屈指のハイレベル戦で、オルフェーヴル、ルーラーシップ、ショウナンマイティの強い馬たちで順当に決着。ただ注目すべきはマウントシャスタが健闘したことで、ちょうどダノンバラードのような速め仕掛けの積極的なレース運びだった。2頭の共通点はディープ産駒というのもあるけど、ともに川田J騎乗だということ。
2011年は、今回対ゴールドシップを考える上でポイントなるアーネストリーがレコードで走ったレース。当時の阪神は超高速馬場で2番手から進めたアーネストリーが押し切りで、ブエナビスタ、エイシンフラッシュ以下は届かず。このイメージは一つ頭にいれておきたい。
ナカヤマフェスタの2010年はここ2年と同じような重目の馬場で、ステイゴールド×リボー系の血統で大きくパフォーマンスを上げてきたナカヤマフェスタが快勝。2009年も同じくステイゴールド産のドリームジャーニーで、このレースに対するステイゴールドの適性の高さが覗える。この年の馬場は速く11秒台の決着で決め手が生きた。この年は今の阪神の馬場と近いかなと感じる。
重馬場でイン伸びになった2008年は時計が15秒台までかかった。梅雨の時期なので馬場がここまで悪化するケースもある。アドマイヤムーンVSメイショウサムソンの2007年もハイレベル戦。力勝負になって強い馬たちが強い内容だった年。
スイープトウショウの2005年もドリームジャーニー同様時計は11秒台と速く、スイープトウショウ、ハーツクライの決め手が生きたレース。

求められる適性

過去の傾向は上記のようなかたちなんだけど、求められる適性は、持続力であって瞬発力は求められないという点はいずれの年も共通している。

ここ10年の勝ち馬、上がり最速馬のラスト3fは、

・35.2(勝ち馬=最速馬ゴールドシップ)
・35.2(勝ち馬=最速馬ゴールドシップ)
・34.7(勝ち馬=最速馬オルフェーヴル)
・35.1(勝ち馬アーネストリー)、34.5(最速馬ブエナビスタ)
・35.8(勝ち馬=最速馬ナカヤマフェスタ)
・34.3(勝ち馬=最速馬ドリームジャーニー)
・37.3(勝ち馬エイシンデュピティ)、36.9(最速馬メイショウサムソン)
・36.2(勝ち馬=最速馬アドマイヤムーン)
・35.7(勝ち馬スイープトウショウ)、35.2(最速馬ハーツクライ)

で、33秒台の上がりというのはまずないと考えてよくて、いかに瞬発力が問われないレースかというのがわかる。超高速馬場になろうが、極悪馬場になろうが、求められるのは持続力だ。小回りローカルの中距離戦のイメージを持てばいい。

ここまでまとめると、まず馬場は

ここ数年の【ゴールドシップ馬場】
超高速【アーネストリー馬場】
決め手がいきる高速【ドリームジャーニー馬場】
超極悪【エイシンデュピティ馬場】

に分類できる。先週の馬場はこのうちドリームジャーニー馬場がもっとも近いか。ゴールドシップが嫌なのは、言うまでもなくアーネストリー馬場、次いでドリームジャーニー馬場だ。そして適性としては持続力が求められて、瞬発力はまず問われない。

これらを踏まえて、次の記事から各馬の分析を進めていこう。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする