ラキシス、デニムアンドルビーほか牝馬勢について 宝塚記念2015

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続いて牝馬の分析に移るんだけど、その前にカレンミロティックについて。

ここまでの戦績をみると、前走はいい意味で裏切られた結果だった。
覚醒したのが2年前の垂水Sで、高速馬場の阪神1800mでそれまでより大きくパフォーマンスを上げきたことからマイル~中距離の速力タイプかと思った。血統もハーツクライ×APIndyで母系はダート質を感じる。ただその後は昨年の宝塚記念を含め、以外と対応できる幅は広く、その辺はハーツクライの影響かなと。前走天皇賞春は、内枠で恵まれ面も当然あるけど、それでも先行馬で上位に残ったのはカレンミロティックだけだし、3200mに対応できたことは驚き。阪神大賞典、天皇賞春では体力勝負でラブリーデイあたりには完勝。
それでも対ゴールドシップを考えると、昨年の宝塚記念の様子では手は届かないし馬場は速くなってほしい。理想はイン伸びでダート質が求められるような馬場だ。

では牝馬勢の分析へ。
宝塚記念での牝馬の活躍といえば、まず思い浮かぶのはスイープトウショウで、昨年のヴィルシーナ、ジェンティルドンナ、ブエナビスタ(この2頭はどちらかというとパフォーマンスを落としているけど)がいて結構馬券になってはいる。

ラキシス

角居厩舎は今回4頭の牝馬、ラキシス、デニムアンドルビー、ディアデラマドレの3頭の牝馬を送り込んできたわけだけど、一番手はこのラキシスだろうか。少なくとも人気はそうなるはずだ。オールカマーの内容がよかったので、エリザベス女王杯は内枠もあったけど、順当な勝利だった。今までの戦績を振り返ると強いのは、そのオールカマーとエリザベス女王杯と大阪杯。大阪杯は馬場が悪かったので、時計的な価値は図りづらいんだけど、弱くなっていたにせよキズナ相手に完勝で、エアソミュールクラスは相手にしなかった。オールカマーとエリザベス女王杯から高速馬場向きかなと思ったけど、以外と対応できる幅は広い。ディープ×ストームキャットで、サトノアラジンの姉という血統からもその点は少し以外。もっとも条件戦から、適性の幅は見せていて、阪神2200mへの適性は高い。瞬発力よりは持続力を感じる。有馬記念よりはメンバーは落ちるし、56㎏でも人気通り有力馬の1頭なんだろう。ルメール騎乗もプラスだし、以外と穴は少ない1頭なのかなと。少し間隔が空いているので仕上がりには注意したいところ。

デニムアンドルビーは阪神大賞典の内容が良かったので、天皇賞春は期待していたんだけど、56㎏が効いた。2着したジャパンカップ以来、古馬王道G1でも大きくは離されていない。宝塚記念、天皇賞秋、有馬記念。ただやっぱり斤量分きっちり負けているということはある。京都→阪神がは条件好転ではあるけど、今回も56㎏だ。

ディアデラマドレは府中1800mが舞台なら本命でもいいと思うくらい昨秋の府中牝馬S→愛知杯の内容だった。ヴィクトリアマイルの敗戦は力負けではない。ただ内回りに対する適性は疑問。マーメイドステークスで阪神内回りも勝ってはいるけど、宝塚記念で求められる適性とはちょっとずれる内容だったし、高いレベルの持続力勝負になったクイーンSでキャトルフィーユらにきっちり負けているのが気になる。キンカメ×SSの血統からしても阪神2200m向きではないか。

ヌーヴォレコルト

ディアデラマドレと同じく、ヴィクトリアマイルからのステップ。同じようにヴィクトリアマイルはスプリント質が問われたので、中距離であるヌーヴォレコルトの敗戦は気にしなくていい。それよりも中山記念の内容を下方修正すべきだということのほうが重大で、54㎏でのものなので、そもそも能力的な不安が出てきた。エリザベス女王杯では2㎏貰いながらラキシスに先着され、展開・馬場を考慮するとディアデラマドレのほうが上だ。ハーツクライ×スピニングワールドなら適性面に問題は感じないけど、56㎏でこの相手だと分が悪い。今回は栗東滞在ではないのも減点すべきところで。

それから、4歳ショウナンパンドラはこれまで評価したいレースは正直ない。秋華賞もヌーヴォレコルトの出遅れ、浜中Jの好騎乗によるものだと思っているし、大阪杯では惨敗。それで56㎏なので……。ただ調子はいいらしいので、それだけが頼り。

牝馬勢の評価はラキシス>デニムアンドルビー、ディアデラマドレ>ヌーヴォレコルト>ショウナンパンドラの順ということで。

続く……。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする