高松宮記念2016予想 ◎ビッグアーサー

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高松宮記念2016の予想です。エアロヴェロシティ、ダンスディレクター回避で少し寂しいメンバーですが、ミッキーアイルvsハクサンムーンという構成でしょうか。ではまずG1第2弾、さっそく予想してきます。

高松宮記念の過去の傾向

まずは過去の傾向から。

高松宮記念2016

【2015年】11.9 – 10.7 – 11.4 – 11.6 – 11.3 – 11.6 1.08.5
【2013年】11.9 – 11.0 – 11.4 – 11.2 – 11.0 – 11.6 1.08.1
【2012年】12.2 – 10.6 – 11.7 – 11.6 – 11.7 – 12.5 1.10.3

ここ2年は、馬場の悪化もあって内が荒れて、各馬がラチ沿いを開ける直線。勝ち馬は4角位置が好位が多く、7番手から差し切ったロードカナロアが一番後ろの位置取り。追い込み馬も2014年スノードラゴン、2013年ドリームバレンチノ、2012年サンカルロが4角10番手以降で馬券に絡んではいるものの、勝ちきれてはいない。ラップは前後半フラットになりやすく、ペースはそれほど上がらない。時計も7秒台はなしで、8秒台はかかる。上がりの脚も使えて、1400mにも対応できるタイプ、そしてフラットなラップを踏むであろう馬を狙いたい。

血統は、父SS系は不良馬場の2014年を除けば苦戦気味。良馬場の年は少なくとも1頭は父、母父いずれかがミスプロ系が絡んでいる。好走馬は速力タイプというよりかは、トニービンなど体力も兼ね備えたタイプのほうがよさそう。ステップは阪急杯組、オーシャンS組が毎年1頭は圏内。ほかもシルクロードS組なので、この3つのステップに限られている。

中京芝の馬場傾向

2回3週中京

今週の馬場情報はJRA公式HPから→馬場情報

今週からBコース使用。土曜日の特徴はなんといっても時計の速さ。10R1000万で1.07.4(上がり33.8)という中京としては屈指の高速馬場の水準。これは過去の傾向は参考にならないかもしれない。その影響で、先行馬が残るし、外差しは厳しく内有利の状況になっている。血統は、1200mだとサムライハート×ボストンハーバー、フジキセキ×トニービン、キンシャサノキセキ×シングスピールが1~3着で父SS系が独占。トニービン持ちがワンツーでもある。1000万でこの時計なので、G1のメンバーなら6秒台も見えてくる水準。高速決着でパフォーマンスを上げてくるタイプを狙いたい。

高松宮記念2016の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→高松宮記念2016の枠順

ミッキーアイル、ハクサンムーン、ローレルベローチェら先行馬が揃ったうえ、枠も離れたので流れることが濃厚。この馬場だとどれだけ流れても、上がりは速くなるので、追い込み馬には不利になる。好位〜中段の内の位置取りがベスト。

◎ビッグアーサー
△ウリウリ
△ブラヴィッモ
△サトノルパン

(買い目:◎単勝、◎→△の馬連、馬単、三連複、三連単)

この馬場で内枠を引けたなら◎はビッグアーサー。京阪杯は仕掛け遅れ、阪神カップへ内枠、シルクロードSは外枠と明確な敗因があるここまで。ベストパフォーマンスは6秒台で決まったオパールSで、あの内容がここにつながる可能性が高い。内の好位〜ちゅうだんに付いて外に出して差すという競馬ができる枠。前は流れても、今の馬場ならある程度に位置にはいないと届かない。

△にはビッグアーサー同様に、高速馬場ならということでウリウリ。ディープ産駒なので、やはり軽い馬場のほうがいいタイプ。少し枠が外になったけど、隊列はばらつくとみているので、中をつくという選択肢も出てくるはず。位置取り的に勝ち切るかはどうかも2,3着なら。ブラヴィッシモは1枠を引けた。能力的には阪急杯でも少し足りないものの、速い時計には対応できたし、この馬場でこの枠なら印をつけておきたい。最後はサトノルパン。この馬も理由は馬場。京阪杯は強く、ディープ×エリモピクシーなので軽い馬場がベスト。枠もいいし、スタートさえ決めれば圏内で走れる能力はある。

今週の重賞:
毎日杯2016
日経賞2016
マーチステークス2016

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする