ステイヤーズステークス2015予想 冬の中山開幕!

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 遅れましたが、ステイヤーズS2015の予想です。開幕週なので、とりあえず昨年同時期の馬場傾向を振り返って予想といきます。

 ※各馬の分析についてはこちら→ステイヤーズステークス2015予想 アルゼンチン共和国杯組、アルバートほか

中山芝の馬場傾向

4回1週中山

 土曜日は3R1800mから。ナリノパシオンが内枠中段から進めて差し切り。スターチェイサー、ウインエスパシオも前。時計、上がりともかなりかかって低速戦かつ持続力勝負。5R新馬戦スプリントも1枠ゴールドシャンティが外に出して快勝。2着デルマチョウスケも差しで、この辺が改修後の中山っぽさを感じる。9R葉牡丹賞も上がりがかかったところをトーセンバジルの決め手がいきた。馬力、体力優勢のタイプが外からでも差してこれる馬場。メイン、ステイヤーズSについては前記事で分析した通り。最終マイルも上がり最速馬ウエスタンメルシーが快勝。ウエスタンメルシーは低速型のマイラーでこの条件はピッタリ嵌ったという結果。人気のディープが負けているし、重めの馬場になっている。

 続いて日曜日。3Rスプリントはビヨンジオールが8枠から外差し。3着も外差しなので外がいい。改修前の冬の中山といえばパワー型の内枠先行馬が押し切るというイメージだけど。4R2000mは速いペースで進んでラスト1F13.0の体力勝負。7枠バルビエールが好位から、10番人気スペキュロスが8枠が馬券になったり。6R新馬戦1800mはピンクブーケが外から強烈な差し(降着になりましたが)でマイネルサージュも進路は外。ラスト12.3 – 11.7 – 11.8でこれだけ外差しが決まるのは余程決め手が活きる馬場なのだろう。と思いきや、ここからは先行馬が残る。まず準メイン市川Sマイルは46.4-46.9の平均的な流れでペイシャフェリスが逃げ切り。やや縦長の隊列になったし、一番人気ダノンジェラードが大きく外に振れたことも要因だが、出走馬のレベルがあがると、先行馬も残る。続くメインのターコイズSもミナレットの逃げ切り。こちらは46.7-47.0のややスロー。2,3着マーブルカテドラル、メイショウスザンナも内枠。時計をみても低レベル戦だが。OPのマイル戦で1.33.7なので良馬場でも時計はかかり気味。最終2500mはトーセンワープが大逃げ。トーセンワープ以下はスローで縦長になったので前が残りやすい状況になった。メジャープレゼンスはダイワメジャー×オペラハウス、フェスティヴイェルはシンボリクリスエス×タキオンという血統。

 昨年同時期開催の開幕週の馬場傾向をざっと振り返ったきたが、日曜日の10R以降を除けば、時計がかかる外差し馬場。ディープ産駒が不振なように馬力も求められるし、瞬発力にやや欠けていているタイプを狙いたい傾向になっている。ウエスタンメルシーのイメージかな。もっとも今年は造園課がどういう馬場をつくってくるかは蓋を開けてみないとわからない。とりあえずこれくらいの馬場を想定して予想する。

ステイヤーズステークス2015の予想

 枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→ステイヤーズステークス2015の枠順

 まず展開について、3600mという条件なので、どれくらいのペースになるのか予測するのは極めて難しく、決着時計も年によって大きく違うためこちらも予想するのは困難。隊列はスズカディヴィアスがいってメイショウカドマツが2番手だろう。トゥインクル、アルバートは内の中段、ファタモルガーナは外目の中段といった感じ。昨年くらいのペースで速くは流れないはず。

◎メイショウカドマツ
○アルバート
▲トゥインクル

 ◎はメイショウカドマツ。ステイヤーズSはアルゼンチン共和国杯負けを狙うレースで、その中なら今年はメイショウカドマツ。ゴールドアクターに負けたといっても内容としては優秀で、先行して上がり3位でまとめられたし、レーヴミストラル以下は離した。ファタモルガーナが順調さを欠いているならkのメンバー構成で力上位は明白で、ダイヤモンドSからも長距離適性は間違いない。アルゼンチン共和国杯からもベストは東京の低速戦だとは思うけど、前走でキャリアハイを更新しているし、展開利もありここでも残れるはず。血統はダイワメジャー×クリスエスでロベルト系。

 2,3番手は比叡Sからの2頭を選択。アルバートは札幌の500万から覚醒している。特にここ2走のパフォーマンスは重賞級。内枠からロスなく競馬できるし、ムーアJ騎乗。適性的にちょっと軽いかなという印象を受けるものの、アドマイヤドン×ダンスインザダークでステイヤーズSの好走血統であるトニービン持ち。能力は十分足りているのでこの評価。▲も比叡Sからトゥインクル。比叡Sの内容を見るとアルバートには完敗も、中山適性を感じるのはこちらのほう。北海道の2600mでも勝っているので、低速戦の上がりがかかるレース質は得意だろう。同じ内枠でうまく立ち回れば馬券になる能力値はある。ステイゴールド×ノーザンテーストもばっちり。

 印を付けなかったところではやはりファタモルガーナ。適性は文句なしで、実力値もメイショウカドマツと同等、やや下くらい。ただ昨年と比べるとステップがよくない。アイルランドTから休み明けで、ここなので今年は評価を下げる。スズカディヴィアスは昨年4着もキンカメ×SSを嫌ったし、ヴァーゲンザイルは穴で狙ってみたかったけど、この枠なら外差し確実で厳しいかなと。

 舞台設定が特殊過ぎて馬場傾向はそこまで気にしなくていいのかなという思いはあるものの、開幕週でどんな馬場になるか全くわからない状況なので、その辺はまたTwitterでつぶやきます。それでは。

 金鯱賞の予想はこちら→金鯱賞2015予想 上位拮抗のハイレベル戦!

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする