スプリングステークス2016予想 ◎ハレルヤボーイ

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スプリングステークス2016の予想です。皐月賞へのトライアルは今週の若葉賞とスプリングSで終わりで、毎日杯を除けば出走馬が出揃ってくる感じですね。個人的に期待していたサトノキングダムは回避ということで、ロードクエストが中心になりそうなメンバー構成です。

スプリングステークス2016の過去の傾向

まずは過去の傾向から振り返ります。

スプリングS2016

【2015年】12.7 – 11.6 – 12.4 – 13.1 – 12.8 – 12.0 – 11.8 – 11.2 – 11.5 1.49.1
【2014年】12.4 – 11.4 – 12.0 – 12.4 – 12.1 – 12.1 – 12.1 – 11.7 – 12.2 1.48.4
【2012年】12.9 – 12.1 – 12.5 – 12.4 – 12.2 – 12.2 – 12.2 – 11.8 – 12.4 1.50.7

重馬場となった2012年以外は、1~3枠が健闘。4角位置で見るとフラットになっているので、あまり神経質になる必要はないものの、一応頭には入れておきたい。この条件なので、4角ではある程度の位置には押し上げていないと届かず、2015年のリアルスティールは仕掛けが遅くなりキタサンブラックを捉えきれなかった。ラップは2015年を除けば、持続力勝負になりやすく、ロサギガンティア、グランデッツァなど持続力に秀でたタイプを狙うべきレース。時計は例年標準レベルでそれほど速くなることはない。

血統については、このような適性が求められることからも、ディープ、フジキセキなどSS系ミスプロ系、ボールドルーラー系、フレンチなどダート血統の組み合わせが優勢になっている。ローテーションは朝日杯、共同通信杯で結果を出してきた馬が中心も、500万勝ちから権利を取りに来る馬の健闘が目立つ。トライアルなので、注意しておきたい。

スプリングステークス2016の有力馬分析

次に有力馬の分析です。

ロードクエスト、ドレッドノータス

【ホープフルS】12.5 – 11.5 – 12.6 – 12.7 – 12.8 – 12.2 – 12.2 – 12.1 – 11.5 – 11.7 2.01.8

まずはロードクエストから。ホープフルSは、ハートレーが共同通信杯で凡走したことから評価が怪しくなってきているという見方もあるだろうけど、時計的な価値でいえば、古馬1000万にはあると判断しているので、レベルとしては低くはない。ロードクエストは仕掛けが遅れたことも加味すると悲観する内容ではない。ここまでのベストは新潟2歳Sなのは間違いなく、内枠から上手く運べたことはあってもレベルは古馬1600万並み。マイルでこれだけ走れば2000m→1800mへの短縮はプラス。マツリダゴッホ×チーフベアハートも持続力を感じる血統で、外も届く今の中山も追い風になる。なので馬場は軽めで決め手が活きるものを希望。

【京都2歳S】12.4 – 11.1 – 12.1 – 13.0 – 13.1 – 13.0 – 12.4 – 11.7 – 11.2 – 11.3 2.01.3

ドレッドノータスは京都2歳S以来のレース。リスペクトアースの番手で、中盤相当緩んだこともあって展開利はあったことは確か。ラスト2Fは11.2 – 11.3と速く、レベルは古馬1000万あたり。ジョルジュサンク、ケルフロイデ、ダンツプリウスもその後活躍しているので評価は必要かなとは思う。ハービンジャー×ディサデラノビア(SS)の血統も悪くないが、よりゆったり運べる2000mのほうがいいのかなという気がしないわけではない。

【京成杯】12.7 – 10.8 – 13.1 – 12.4 – 12.8 – 12.0 – 11.9 – 11.7 – 11.8 – 12.2 2.01.4

京成杯からはアドマイヤモラールプランスシャルマンの2頭が登録。京成杯で強い競馬をしているのは、33秒台の上がりを使ったメートルダールとナムラシングン。なので、内で上手く運んだ馬はあまり評価できない。アドマイヤモラールは2番手から、プランスシャルマンも4枠からで大きなロスはなし。それぞれ朝日杯、ホープフルSでもいまいちなので、ちょっと足りないかな。

マイネルハニー、マウントロブソン

次に500万からのステップの馬を見ていきます。

【フリージア賞】12.7 – 11.6 – 12.0 – 12.6 – 12.5 – 12.7 – 12.6 – 11.5 – 11.7 – 12.2 2.02.1

最初にフリージア賞圧勝のマイネルハニー。ダイヤモンドSと同日の開催で、12Rの古馬1000万と比較すると、2.06.5なので、同じ日とは思えないほど急速に重くなっている。当日は雨がきつくなったことでダイヤモンドSも相当重い馬場でのレースだったので、比較してレベルを測るのが少し難しくなっている。それでも、ハイレベル戦フリージア賞3着のジュンヴァルカンを4馬身差ちぎったことからは評価しないといけない。ただ状況がかなり向いた面もあって、若竹賞差し損ねからの低速戦ドスローの逃げ。マツリダゴッホ×ナリタブライアンなら低速戦向きで、速力・瞬発力に欠けたタイプである可能性が高く、今回中山1800mに変わってフリージア賞以上の条件が揃うとは考えづらいのは確か。ただ内容は優秀なので、雨で重くなれば一定の評価はしないといけないのかなとは考えている。

【ハレルヤボーイ500万】12.4 – 11.0 – 11.7 – 12.2 – 12.4 – 11.6 – 11.5 – 12.2 1.35.0

フリージア賞と同日の500万を勝ったのがハレルヤボーイ。追い込みの競馬を続けてきたのが、一転して3番手から。レベルはそれほど高くないはず。ただ、未勝利戦から東スポ杯までは届かずとも速い上がりは使えているので、ロードクエストと一緒に差してきても不思議ではない能力はある。中山の未勝利戦は圧勝だったし、トーセンファントム×キンカメなら東京よりパフォーマンスを上げてくる可能性あり。

【あすなろ賞】12.6 – 11.0 – 11.7 – 13.2 – 12.6 – 11.7 – 11.4 – 11.5 – 11.5 – 12.6 1.59.8

次はマウントロブソン。当時の小倉は稍重でも時計の出る馬場で、同日古馬500万と比べても少し劣る内容。新馬戦、未勝利戦ではリスペクトアース、ディーマジェスティの2着なので、弱い馬ではないものの、やはりここでもう一段上のパフォーマンスが必要になる。ディープに母系がMr.Greely×ブルーアヴェニューのダート血統で、堀厩舎なら伸ばしてくる可能性は高そうだけど。脚質的には差しやすい馬場がいい。

【こぶし賞】13.2 – 12.1 – 12.4 – 13.2 – 13.2 – 12.8 – 12.6 – 11.2 – 11.7 1.52.4

この週もダイヤモンドS、京都牝馬Sと同じで、相当重くなった京都でのレース。ラップの通りドスローのラストだけの勝負。ミッキーロケットはちょっと構えた位置取りになったし、直線も内に入れたりがあった。馬場の影響でレベルの把握は困難でも、上に書いたようにナムラシングンは強い馬なので、ここでも通用する能力は示したと判断したい。ここ2走は低速戦が続いて、一気に時計を詰めないといけないとなると厳しいので、雨でも降って時計がかかるほうが好都合。キンカメ×Pivotalも重くなってもいいタイプ。

中山芝の馬場傾向

2回3週中山

今週の馬場情報はJRA公式HPから→馬場情報

先週の馬場傾向は、中山牝馬Sで、8枠のワンツーとなったように、特に日曜日は外のほうがいいくらいの馬場。1,2枠の成績もあまりよくない。時計は、開幕当初よりはかかり気味になって、低速戦向きの瞬発力があるタイプが台頭。血統は、1800mで見ると、ディープやハーツクライのSS系にロベルト系、エルコンドルパサーなど重めの組み合わせがいい。中山は現在は雨が降っているようだけど、明日には上がって稍重~時計のかかる良馬場くらいの想定でいいはず。

スプリングステークス2016の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→スプリングステークス2016の枠順

展開はマイネルハニーかケンホファヴァルトがハナで、ドレッドノータスも先行。ロードクエストは本番に向けていつもよりは前目で進めるという情報があるの中段あたりにはいるか。このコースなので、各馬捲っていく持続力が求められるレースになる。

◎ハレルヤボーイ
△ロードクエスト
△マウントロブソン
△ミッキーロケット

(買い目:◎単勝、◎→△の馬連、馬単、三連複、三連単)

◎は差し勢からハレルヤボーイ。先週までの中山の馬場はフィットする可能性が高い。前走も東京マイルしては、低速戦かつ持続力が問われたレースで、東スポ杯などはいい脚を使ってはいるものの届かずという内容。ロードクエストは今回早めの競馬をするようなので、それを目標に追い出せば、勝ち負けできる能力はある。トーセンファントム×キンカメの血統もいい。

△にはロードクエスト。新潟2歳Sからすれば、2000m→1800mの短縮はプラスになるだろうし、今の馬場も悪くない。崩れない可能性は高そうだけど、トライアルなので。マウントロブソンは現状能力面では足りないものの、ディープで堀厩舎なら伸びしろは大きいはず。軽いタイプではないので、このコースは合うとみて。最後にミッキーロケット。ここ2走はアドマイヤダイオウ、ナムラシングンに完敗も内容は評価できる。未勝利馬であってもここで通用する走りなので、ルメールJへの乗り替わりが起爆剤になれば。

今週の重賞:
ファルコンステークス2016
阪神大賞典2016
フラワーカップ2016

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする