シルクロードステークス2016予想 ハイレベル戦になる!ビッグアーサーほか有力馬の分析

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シルクロードステークス2016の予想です。今年はなかなかハイレベルなメンバー構成で、高松宮記念に向けても大事な一戦となりそうです。ではまず過去の傾向から。

シルクロードSの過去の傾向

シルクロードS2016

【2015年】11.9 – 10.9 – 11.1 – 11.2 – 11.1 – 11.7 1.07.9
【2014年】12.2 – 11.0 – 10.9 – 10.8 – 11.0 – 11.5 1.07.4
【2012年】12.0 – 11.0 – 11.1 – 11.0 – 11.3 – 11.9 1.08.3

表からも2013年から傾向が変わってきたことが読み取れる。2011年はジョーカプチーノ-アーバニティの外差し決着。2012年はまだ外差しも効いていて、ロードカナロワは別格にしても、ケンブリッジエル、ツルマルレオンが差してきている。対照的に近年は内枠、4角内が大活躍。2013年ドリームバレンチノ、2014年ストレイトガール、2015年アンバルブライベンはいずれも1、2枠から。差し馬もイン差しが多く、かなり内有利の傾向が出ている。

ラップはどの年も京都1200mらしい前後半フラット〜後傾。ここ2年の勝ち時計は高速化して7秒台で決まっている。好位から速い上がりでまとめられるタイプがいいかな。血統面からはミスプロ系持ちが最近は好走している。2015年はルールオブロー、ストーミングホームのワンツー、2013年は母父ミスプロ系が1〜3着を独占している。それからストームバードなど速力がありそうなノーザンダンサー系が良さそうだ。

では次に各馬の分析へ。

ビッグアーサー、サトノルパン

【京阪杯】12.5 – 10.7 – 10.8 – 10.9 – 11.2 – 11.3 1.07.4

【阪神カップ】12.5 – 11.1 – 11.2 – 11.8 – 11.3 – 11.7 – 11.8 1.21.4

まずは京阪杯2着、阪神カップ3着のビッグアーサーから。ここまでのベストパフォーマンスは超高速京都でのオパールS、次いで↑の京阪杯。阪神カップも内枠がマイナスになったことを考えると悪くないけど、落としている。このことからすると、速力が問われたほうがいいだろうし、阪神1400m→京都1200mは条件は好転。京阪杯では追い出しが遅れても11.2 – 11.3のところで、サトノルパンに鋭く迫ったし、今回のハンデはサトノルパンが57.5kg、ビッグアーサーは57kgになって0.5kg軽くなって逆転できる公算はある。加えて藤岡康太J→デムーロJへの乗り替わり。過去のレース内容、サクラバクシンオー×キングマンボからも京都スプリントはベストの条件。あとは極端な外枠を引かなければ崩れることはちょっと考えづらいのかなと。

そのビッグアーサーに先着したのがサトノルパン。京阪杯は有利な内枠からロスのない完璧な競馬。時計的な価値は大きく、アースソニック以下を3馬身半離す強い内容。今回も同じ条件で求めれるものも同じなので、あの走りができれば勝ち負けできる。ただハンデは少し見込まれたかなという印象で、トップハンデの57.5kg。京阪杯は確かにハイレベルな走れではあるものの、それ以上に有利な状況になる可能性は高くない。ディープ×ダンシングブレーヴで、クラレント、リディルの半弟ならビッグアーサー同様に速い馬場のほうがいい。

ダンスディレクター、ネロ

続いて、阪神カップでビッグアーサーに先着したダンスディレクター。もともと条件戦の時からラップだけ見ると抜けた内容では走っているが、脚質的に勝ちきれないという競馬が続いていた。阪神カップは稍重で時計がややかかる阪神。ラスト2Fは11.7 – 11.8と減速しているし、当日の馬場を見てもまずまず差しやすい条件だったのかなとは思う。CBC賞も同じような形で、レベル自体は十分高いんだけど、状況が向いた中で、捉えきれてないのもまた事実。京都1200mで後傾ラップになったときに勝ち負けできるまで差してこれるか?上の2頭とは対照的に時計がかかってほしいし、外が伸びる馬場を希望。血統はアルデバランⅡ(ミスプロ系)×SS。

【京洛S】12.2 – 10.9 – 11.0 – 11.2 – 11.5 – 12.1 1.08.9

ネロの京洛Sは優秀。当時の京都は重馬場で、珍しくかなり時計がかかる馬場状態。超高速馬場のオパールSで凡走→京洛Sで大きくパフォーマンスを上げていることからここに適性がある。2歳時からもクリスマスローズSなんかは重い馬場だし、高速馬場では条件戦でも勝ちきれていない。前走のラピスラズリSもやや時計はかかる馬場だったので、今回もどれだけ重くなるかにかかっている。京洛Sくらいの馬場なら上3頭には対抗できる内容で走れるので、雨がほしい。先週くらいの水準だと7秒台での決着だろうから、土曜日の雨予報は追い風。ヨハネスブルク×SSも父ストームバード系で傾向に合致する。

【淀短距離S】12.4 – 11.0 – 11.1 – 11.1 – 10.9 – 11.3 1.07.8

4強以外ならまずローレルベローチェ。淀短距離Sは京都1200mらしい後傾ラップ。ローレルベローチェはこのラップで逃げてそのまま。レースレベルは京阪杯と比較すると劣るし、展開が向いたことも大きい。今回はネロをはじめ速い馬が何頭か登録しているので、前走のように、というわけにはいかない可能性のほうが高い。ハンデも56kgだしなあ。次いで2着アースソニックの近走は勝ちきれてはいないけど、馬券にはなっている。京阪杯ではビッグアーサー、サトノルパンに完敗したことからも近走は8秒台の低速戦向きになってきているので、多少時計のかかる馬場になってほしいところ。対4強を考えると、57kgは重いので、いずれかがパフォーマンスを落としたところに割り込めるか、だろう。

ハンデが重くても4強が能力は上。ビッグアーサー、サトノルパン、ダンスディレクター、ネロ。ただそれぞれ得意とする条件は異なるので、枠順も含めて、どの馬に状況が向くのか、という点に注目したい。4強に続くのが、ローレルベローチェとアースソニックの2頭。現時点では土曜日雨、日曜日晴れという予報なので、時計の出方、内外の差は確認したいところ。枠順を踏まえてまた更新します。続く。

根岸ステークスはこちら→根岸ステークス2016予想 モーニン、タガノトネールの2強ほか

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする