シンザン記念2016予想 アストラエンブレム、ラルクほかの分析

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シンザン記念2016の予想です。今年の初競馬はまずまずいいスタートが切れたのかなという結果でした。この調子で今週の3歳重賞2つも挑みたいですね。シンザン記念のほうは近年特にハイレベル戦が多い印象で、ミッキーアイル-ウインフルブルームやジェンティルドンナ、さらにはレッドデイヴィス、オルフェーヴル、マルセリーナで決まった年もあったり。今年も活躍馬を輩出できるか。まずは過去の傾向から。

シンザン記念の過去の傾向

シンザン記念2016

【2015年】12.6 – 11.3 – 11.8 – 12.5 – 11.9 – 11.5 – 11.5 – 11.7 1.34.8
【2014年】12.2 – 11.5 – 11.8 – 12.4 – 11.8 – 11.3 – 11.0 – 11.8 1.33.8
【2013年】12.2 – 11.0 – 11.4 – 12.0 – 12.0 – 11.9 – 11.5 – 12.3 1.34.3

ちょっと2015年は飛ばして、2014年から。この年は屈指のハイレベル戦で、ミッキーアイルの走りはかなり優勢。33秒台に突入した好時計で逃げ切り。2着ウインフルブルームもいい内容。タガノグランパもイン差しで京都金杯同様、Aコースマイルでの内有利の馬場傾向。ミッキーアイルはディープ×ロックオブジブラルタル、ウインフルブルームはスペシャルウィーク×サクラユタカオーで、血統も金杯と似たような傾向だ。適性的には持続力が問われたレース。2013年はもう少しペースが速くてラスト1Fは12.3まで落ちた。勝ったのは1枠から逃げたエーシントップで差してきたネオウィズダムも6枠からイン差し。エーシントップはTale of the Cat×Unbridled’s Song、ネオウィズダムはネオユニヴァース×Machiavellian。持続力+馬力タイプが優勢な馬場。2012年も11秒台が並ぶ持続力勝負になってジェンティルドンナが押し切り。2,3着の穴馬はともに内枠、内の進路で先行馬。ジェンティルドンナはディープ×Bertoliniでミッキーアイルと似た血統。これくらいのレベルのディープ産が出てきたら逆らわないほうが賢明か。2011年も先行したレッドデイヴィスがオルフェーヴル、マルセリーナの追撃を凌いだという結果。やはり内枠のほうがいいし、血統もディープを中心にSS系、ノーザンダンサー系がいい。

2014年までは京都金杯と似たような傾向で、内が圧倒的に有利で、適性も持続力・馬力がある先行馬が強い。血統はディープ、ノーザンダンサー系持ち。

そういった観点から見るとやはり2015年は異質。12頭立てではあるが、7枠、8枠が1~4着までを独占して、全て外差し。33秒台の決め手が活きたという内容になっている。血統面も、グァンチャーレはスクリーンヒーロー×ディアブロ、ロードフェリーチェはハービンジャー×SS、ナヴィオンはハーツクライ×ラストタイクーンと京都マイルでは少し重いかなという印象のものが好走している。低速戦マイルの瞬発力勝負。要因としては先行馬が弱すぎたということが大きいとは思う。レンイングランドは明らかに距離が長かっただろうし。一応このパターンもあるということは頭に入れておく。

では次に各馬の分析へ。

アストラエンブレム、レインボーライン

【サウジアラビアRC】12.2 – 10.8 – 11.7 – 12.3 – 12.3 – 11.4 – 11.4 – 12.1 1.34.2

まずはアストラエンブレムから。サウジアラビアRCについては、朝日杯の記事(→朝日杯フューチュリティステークス2015予想 過去の傾向、リオンディーズの評価ほかで指摘したように古馬500万レベルでそれほどの内容。位置取りを考えればイモータルと同じ評価はできるが。適性的には新潟のレースをみても現状では瞬発力に秀でたタイプかな。昨年のようなレース質になればさしてこれそうだけど、2014年以前の持続力勝負になった場合にどうかというのはある。ダイワメジャー×ウォーエンブレムなので持続力が問われてさらに良さが出る可能性もあるだろうが、位置取りがなあ、といったところ。このメンバーでも能力は抜けているわけではないので注意したい。

【千両賞】13.0 – 11.3 – 11.7 – 12.2 – 12.3 – 11.9 – 11.5 – 11.9 1.35.8

次はレインボーライン。千両賞は重い阪神マイルでの一戦。10Rの1000万サンクフルハンデと比べてもちょっと下くらいなので、500万少し上の評価はしていい。ただ適性面で低速戦より過ぎるし、高速京都の萩Sなんかはそれほどなので、シンザン記念向きと言えるかは微妙なところ。アストラエンブレム同様に、昨年のレース質が希望かな。ステイゴールド×フレンチの血統はいい。

【ショウナンアヴィド未勝利】12.9 – 11.4 – 11.8 – 12.7 – 12.4 – 11.4 – 11.1 – 11.8

ショウナンアヴィドの未勝利戦も阪神の稍重での瞬発力勝負。千両賞以上に3Fが速い。逃げてこのラップ踏めたことは評価したいが、レベルは500万ちょっと下くらい。ゼンノロブロイ×キャプテンスウィーヴなのでマイルなら低速戦のほうがいい気がする。速力が必要な京都はどうだろう。

ラルク、ピースマインド

【ラルク新馬戦】12.6 – 11.4 – 12.0 – 12.7 – 12.5 – 11.8 – 11.0 – 11.4 1.35.4

ラルクの新馬戦もショウナンアヴィドと同等の内容。ただこちらのほうがディープ×ミスプロ系のダート血統で速力を感じるし、京都向き。母系ぼフォーティナイナーはウインプリメーラと同じ。持続力勝負もいいはず。

【ピースマインド未勝利】12.8 – 10.8 – 12.9 – 13.1 – 12.0 – 11.9 – 12.5 – 12.1 – 12.1 – 12.7 2.02.9

もう一頭のディープ産はピースマインド。新馬戦はリオンディーズに完敗も致し方なし。リオンディーズが強すぎただけで、ピースマインド自身も500万レベルでは走っている。続く未勝利戦は中京2000mで↑の内容。ピースマインドが逃げ、自身が刻んだラップはかなり歪なもので、上がりがかかった。これはどう評価すればいいのか難しい……。稍重の中京で体力が問われたことは間違いないし、一定以上のレベルにはあることは確か。このレースから京都マイルへのステップなのでレース質はかなり違ってくるし、決していいステップだとはいえないと思う。新馬戦からは速力もあるので、適性自体は問題ないが。ディープ×トニービン×ウッドマンの血統は魅力的。

登録馬のうち気になる馬をざっと見てきたけど、アストラエンブレム、レインボーラインもそこまで抜けているわけではなく混戦。2014年以前のシンザン記念なら新馬、未勝利組を狙ってみたいメンバー構成。触れた中ではラルク、ピースマインドのディープ2頭。特にラルクのディープ×ダート血統、先行力。

ほかにもダートからのステップが多数登録していて、どれだけ出走してくるかでペースが変わってきそう。抽選組も多いので、出走馬が決まったら再度能力・適性の整理をしたいですね。金杯同様枠順も重要なレースなのでもありますので。続く。

予想記事はこちらから→シンザン記念2016予想 内枠有利の京都馬場は継続

フェアリーステークスはこちらから→フェアリーステークス2016予想 クードラパン、リセエンヌほかここまでの評価

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする