日経新春杯2016予想 少頭数のハンデ戦、展開読みが難しい

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日経新春杯2016の予想です。こちらのほうも土曜日の京都芝の馬場傾向を振り返ってから印といきます。ハンデ戦かつ展開が読めない難解な一戦です。

※各馬の分析についてはこちら→日経新春杯2016予想 シュヴァルグラン、レーヴミストラルほかの分析

京都芝の馬場傾向

1回3週京都

最初に5R3歳未勝利の内回り2000m。道中で11.7と速くなる箇所はあったものの、それ以外は緩んでラスト2Fは11.4 – 11.4。ヴァンキッシュランは好位外目から抜け出してロードプレミアムを退けたという結果。時計は先週くらいの水準かな。それぞれ血統はディープ×ガリレオ、ディープ×Intikhab。

続いて9Rマイル白梅賞。

【白梅賞】12.5 – 11.2 – 11.5 – 12.0 – 11.8 – 11.6 – 11.5 – 11.6 1.33.7
【花見小路特別】12.2 – 10.7 – 11.6 – 12.0 – 11.8 – 11.8 – 11.9 – 11.9 1.33.9

ややスローではあるけど、持続力勝負になってかなり速い時計が出た。先週のシンザン記念が1.34.1の上がり36.0なので、白梅賞のほうがずっと速い。レベルの高さもあって、メインと比べてもこちらのほうが上の内容。エルビッシュ、ヒルノマゼラン、サンライズクロンヌの上位3頭は覚えておく。10R花見小路特別はマイルでも外回り。バンザイの大逃げも2番手以下はスローのよりのラップを刻んでいるはず。2,3番手につけたブランドベルグとティーエスネオの順序が入れ替わったワンツー。さっきも指摘した通り白梅賞のほうが内容は上なので、時計の速さも先週と同じくらいという判断でよさそうだ。最終は1800mの500万。ウェスタールンド浜中Jが内に切れ込んで差し切り。4枠2頭も4角は中で外差しはやはり厳しそう。

京都のほうも先週とほとんど同じで、時計は速めで内が有利。2400mでも内有利は変わらない。少頭数になったので枠の影響はそこまでないかもしれないが。

日経新春杯2016の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→日経新春杯2016の枠順

これ何がいくかなあ。メイショウウズシオが2,3走前に逃げているので今回もいくかな。サトノノブレス豊Jも前、アドマイヤフライト、シュヴァルグランも好位にはいる。どこでペースが上がるのか非常に読みづらく、展開予想はかなり難しい。

◎プロモントーリオ
○シュヴァルグラン
▲サトノノブレス

◎はプロモントーリオ。前走のアルゼンチン共和国はハイレベル戦で、そこでも大きく負けていない。ハンデも据え置きの55kgで、この相手なら能力的な不安はない。長期休養前でも目黒記念で馬券になっていたりともともと重賞級の能力は持っていた。オルフェーヴルメモリアルからも一定以上の速力、瞬発力もあるので、京都の馬場にも対応できるし、ゴールドヘイロー×フレンチは過去に好走しているダート質の血統にも合致する。とにかくどういったレースになるか読めないので、そういった面からもデムーロJ騎乗は心強いかな。

対抗はシュヴァルグラン。ちょっと想定より人気してしまっているが、2走前から力は通用する。ハンデ54kgも1kg軽い感じがするし、ハーツクライ×マキャベリアンもロジクライと同じでいい。プロモントーリオ同様にルメールJ騎乗で。三番手はサトノノブレス。アルゼンチン共和国杯、金鯱賞のハイレベル戦2つで好走して立ち直ってきた。2年前の日経新春杯の内容は強く、この舞台への適性も間違いなし。あとはどれだけ積極的に運べるかどうかで、昨年のように差しに回ると瞬発力はないので、苦しくなってくる。動こうと思えばいつでも動けるメンバー構成なので、道中からでも豊Jがレースメイクすれば一気に面白くなってくるんだけど。差しに回ったときのことと、58kgで▲の評価にした。

レーヴミストラル、べルーフの4歳2頭も通用する相手ではあるが、京都適性という点で3頭とは差をつけたし、ダービフィズも同じかたち。レーヴミストラルは最内なので川田Jならイン差しだろうけど、隊列が詰まらないと金鯱賞のように届かない可能性が高い。2000m→2400mの距離延長はプラスだが。昨年の◎アドマイヤフライトももう7歳で再度というのは少し難しい。ダコールも流れ次第では突っ込んでこれるが、8歳。

とにかくどんな流れになるか読みにくいので、勝負しづらいレースではあるなあ。なので困ったときは外国人Jで、プロモントーリオとシュヴァルグランを◎、○にしました。明日の天気は現時点では、雨は降っても夕方からという予報なのでレースには影響がなさそうです。もし降り出すのが早くなるようでしたら、重くなる可能性もあるので、その場合はTwitterでつぶやくこととします。

京成杯の予想はこちら→京成杯2016予想 人気馬は内枠へ、中山の馬場傾向から

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする