日経新春杯2016予想 シュヴァルグラン、レーヴミストラルほかの分析

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日経新春杯2016の予想です。登録馬は少ないものの、シュヴァルグラン、レーヴミストラルの楽しみな4歳馬2頭が出走予定。各馬の検討に移る前に過去の傾向だけざっと振り返ります。

日経新春杯の過去の傾向

日経新春杯2016

【2015年】12.8 – 11.3 – 11.6 – 12.4 – 12.4 – 12.3 – 12.6 – 12.7 – 12.3 – 11.6 – 11.3 – 11.5 2.24.8
【2012年】12.3 – 11.0 – 11.3 – 12.2 – 12.3 – 12.5 – 12.4 – 12.8 – 11.8 – 11.5 – 11.7 – 11.9 2.23.7

2015年は、ラスト3Fの勝負で内枠が上位を独占。内有利の馬場でこの流れになれば内前が残る。アドマイヤデウスはアドマイヤドン×SS、フーラブライドはゴールドアリュール×メジロマックイーンの血統。2014年はサトノノブレスルメールJが積極的に動いて押し切り。2015年よりはペースは上がったが、ラストから2Fは11.0なので隊列を考えても差し勢には厳しい流れでアドマイヤフライトは届かず。血統はそれぞれディープ×トニービン、マンカフェ×トニービン。2013年もラスト3Fに11秒台が並んで内枠で決着。カポーティスターはハーツクライ×カポーティ、ムスカテールはマヤノトップガン×SS。

2012年と2011年はここ3年ほど3F勝負になっていない。京都外回りの長距離戦と言えば4F勝負のイメージだった。トゥザグローリーが順当勝ちで、3着に穴を開けたマカニビスティーはイン差し。トゥザグローリーはキンカメ×SS、マカニビスティーはゼンノロブロイ×ブライアンズタイムの血統。2011年も同じようなラップ。この年は屈指のハイレベル戦で実力馬が上位を独占。ルーラーシップはキンカメ×SS、ヒルノダムールはマンカフェ×ラムタラ。

表を見ても特にここ3年は内枠有利の傾向が出ていて、上がり勝負になりやすい。前目に付けて速い上がりでまとられるタイプを狙うべき。好走血統はトニービン持ち、アドマイヤドンほかダートっぽいものも穴をあけている。

シュヴァルグラン、レーヴミストラル

【シュヴァルグラン1000万】12.5 – 11.3 – 11.5 – 12.3 – 12.7 – 12.7 – 12.8 – 12.6 – 12.1 – 11.8 – 11.2 – 11.3 2.24.8

まずはシュヴァルグランから。もともと期待されていた馬ではあったが、ここに来てようやく軌道に乗って3連勝。アルバートに負けた札幌500万からパフォーマンスを上げていて、その内容は重賞でも通用するレベル。ここにつながりそうなのは前走のオリオンSより前々走の1000万のレース。スローから前目で速い上がりを使うという近年の日経新春杯に合う内容で、レベルも高い。1600万勝ちからなので、鮮度もあり、ハンデも55kgかなと想定していたけど、54kg。血統もハーツクライ×マキャベリアンでぴったりと、内目の枠を引いたら信頼度は高いと考えている。

【金鯱賞】12.4 – 10.6 – 12.4 – 12.0 – 12.2 – 12.3 – 12.0 – 11.8 – 11.1 – 12.0 1.58.8

中山金杯の記事でも指摘したように昨年の金鯱賞はハイレベル戦。レーヴミストラルのとっては、脚質からしても適性からしても58秒台までいくと厳しくなってくる。アルゼンチン共和国も上がり最速で強い内容なので、どれだけ流れ向くかだけ。青葉賞なんかをみても距離はあったほうがいいタイプで、かつ瞬発力勝負のかたちでベストの条件。中京2000m→京都2400mについては、距離は延びるのはプラスも差しが決まりにくいレースなのでその点がどうかというところ。雨でも降ってくれればいいんだけど、重くなってほしい。能力は56kgでも上位です。

昨年◎のアドマイヤフライトは今年も登録してきた。2年連続で馬券になっているので、適性的には間違いなく、特に2013年の内容はかなりいい。昨年と比較すると、まずローテーションについては、札幌以来の休み明けということでほとんど同じ。ハンデ56kgも同じで、メンバーレベルもそれほど変わらないと見ているので、自身がどれだけ衰えているかだけ。もう7歳だし、昨年は3枠の絶好枠だったので、それ以上を望むのは難しいのかもしれないが。

サトノノブレス、べルーフ

↑の金鯱賞3着はサトノノブレス。その金鯱賞を見ればまだまだやれそうではある。アドマイヤフライトと同様に3年連続の出走で、2013年は強い内容だった。昨年は瞬発力がないのに差しに回ってしまい11着に惨敗。自分でレースを作れば2年前の再現もあるかもだが、当時は55kgだったことを考えると今回は58kgなのでそのあたりは買いづらい要素。33秒台の決め手勝負では苦しいので、どれだけ積極的に動けるかがポイント。

ダコールも3年連続の出走となる。明けてもう8歳になるのか。どうしても外差しになってしまうので、いい脚は使うんだけど届かないという結果。今年は昨年より1kg重い58kgで、新潟大賞典など平坦2000m前後がベストの条件だろう。

べルーフは中山金杯はまさかの放馬で除外。あのレース質では出走できても厳しかったかなというのはあって、小倉記念からも上がりがかかってほしいタイプ。その点京都は合いそうにないなあ、という印象。金鯱賞でも大きくは負けていないし、ハービンジャー×SSの血統はいいと思うけど、ハンデ56kgも見込まれた感じはある。

他に触れておきたいのはダービーフィズとプロモントーリオ。ダービーフィズは何度か書いきたけど、北海道の2戦、特に函館記念が強く、パワー馬場でペースが流れるという条件がベスト。秋の王道路線では跳ね返されたので、相手弱化のここはチャンスかなと思いきや、57kgも重めで適性もずれてしまう。内枠を引いたら一考するが。プロモントーリオはハイレベル戦アルゼンチン共和国杯からのステップ。アルゼンチン共和国ではマイネルフロストあたりと同等の内容で、人気を裏切った結果になったものの、評価は下げなくていい。オルフェーヴルメモリアルからはレーヴミストラル以上に速力はあって、京都向き。ゴールドヘイロー×フレンチもダートっぽさありと、穴馬の資格は十分だろう。

枠も重要なレースなので、枠順決定後に優劣は付けていきますが、現時点ではシュヴァルグラン、プロモントーリオを狙ってみたい。次いでサトノノブレス、レーヴミストラルかな。馬場も踏まえてまた更新しますので。続く。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする