セントライト記念&ローズステークス2015 トライアルの過去の傾向について

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 菊花賞、秋華賞に向けたトライアルが開始!セントライト記念は神戸新聞杯と比べると本番にはつながりにくいものの、フェノーメノ-スカイディグニティのようにハイレベル戦になることがあるし、ローズステークスは秋華賞への最重要ステップ。さっそく2つのトライアルの過去の傾向について復習しておく。

セントライト記念

セントライト記念2015

【2013年】12.6 – 11.9 – 12.6 – 12.4 – 12.2 – 12.0 – 12.1 – 11.8 – 11.9 – 11.9 – 12.1 2.13.5
【2012年】12.4 – 11.0 – 11.8 – 12.2 – 12.8 – 12.4 – 11.8 – 11.7 – 11.5 – 11.4 – 11.8 2.10.8
【2010年】12.1 – 11.0 – 11.7 – 11.8 – 12.1 – 11.7 – 11.7 – 11.8 – 12.0 – 12.2 – 12.8 2.10.9

 昨年はイスラボニータ-トゥザワールドをはじめ世代の実力馬が集まったレースだったけど、新潟開催だったのでちょっと横に置いておく。特徴的なラップをいくつか並べると、まずこの時期の中山開催なので時計は速くなりがち。2012年~2010年はいずれも10秒台の決着。2013年は例外的に良馬場でも時計のかかる馬場で2.13.5。中山の中距離戦らしい持続力になりがちで、ペースは上がりやすく、能力の高い馬が順当に上位にきているという印象だ。大逃げを打つ展開もあって2010年はヤマニンエルブ、2011年はロイヤルクレスト。表からも枠、4角位置もフラットの傾向になっている。能力が高く、持続力が得意なタイプを狙いたい。血統は基本的にステイゴールド、アグネスタキオンなどのSS系、あるいは母系にSS持ちで、ユールシンギング、スカイディグニティ、セイクリッドバレーの父ロベルト系にも注目。

 好走馬のステップをみていると、春に結果を出してきた実績馬と夏に上がってきた新興勢力のどちらが上に来るかは世代によりけり。昨年は、実績馬の中でもトップクラスの参戦があったため、実績馬同士で決着。2011年もダービーで負けた組が1~3着を独占。対して2013年はクラシック出走馬がヒラボクディープくらいだったため新潟500万を勝ってきたユールシンギングが勝ったし、スカイディグニティ、ヤマニンエルブ、セイクリッドバレーも新潟の条件戦から結果を出している。この辺は春の実績馬の能力と、夏、特に新潟を使ってきた馬たちのの能力を比較すればどちらが優勢かわかる。今年は上がり馬が優勢に思えるけど、その辺は次の記事で。
 

ローズステークス

ローズS2015

【2014年】12.5 – 11.0 – 11.6 – 12.2 – 12.5 – 12.0 – 11.4 – 11.1 – 11.7 1.46.0
【2013年】12.3 – 10.9 – 11.4 – 11.7 – 11.9 – 11.9 – 11.9 – 12.5 – 13.2 1.47.7
【2012年】12.7 – 11.8 – 12.0 – 12.5 – 12.4 – 12.0 – 11.4 – 10.4 – 11.6 1.46.8

 ローズステークスのほうは、秋華賞へのステップとしてセントライト記念以上に世代上位が集まりやすい。傾向としては高速馬場の阪神1800mなので、上がり勝負になりがちで瞬発力が問われやすい。2014年、2012年はそれぞれヌーヴォレコルト、ジェンティルドンナ-ヴィルシーナが好位から速い上がりを使って後続を完封という内容。2013年は雨で重馬場になってズブズブの差し合いになってけど、基本的には瞬発力勝負といっていい。血統もディープ、ハーツクライなどのSS系、キンカメなど。では実績馬同士では決まるかといえばそういうわけではなくで、この時点で賞金が足りておらず権利を取りに来る馬の激走がある。タガノエトワール、リラヴァティに始まり、シャトーブランシュ、ウリウリ、ラスヴェンチュラス、キョウワジャンヌなどなど少なくとも1頭は馬券に絡んでくると考えていい。

 ではどんなタイプが好走しているかというと、やはりセントライト記念と同様に夏に使ってきた馬たち。未勝利勝ちからのタガノエトワールを除くと、どれも500万か1000万かを問わず一定以上のパフォーマンスで走ってきてからの好走。春の実績馬+権利を取りに来ていて、夏競馬で強い内容のタイプの組み合わせを狙うべきというのがこれまでの傾向だ。

 セントライト記念は持続力、ローズステークスは瞬発力というのが適性的にはキーワードで、どちらも実績馬だけでなく、夏の上がり馬には警戒しないといけない。また、夏の上がり馬についてはその内容を精査する必要がある。次の記事からはその各馬の分析に入っていくことにする。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする