関屋記念2015予想 稍重スタートの新潟芝、降雨の影響はあるか?

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新潟は週中雨が降ったらしく、土曜日は稍重スタート。先週までの高速馬場にどれだけ影響を与えているかはしっかり確認したい。

土曜日新潟芝の馬場傾向

2回3週新潟

 1Rは2歳未勝利1200m。コスモアルコンの逃げ切りで、2,3着も先行勢。内回りは内のほうがよさそう。このレースを見る限りでは雨の影響はほとんどなさそうではある。2Rから外回りの1800m。カミノライデンが好位から押し切りで、ペースが遅かったこともあって差し勢は届かず。1.48.5の時計は先週とほとんど同じ水準。ニューイングランド×シングスピール、バゴ×フジキセキ、ブライアンズタイム×ブラックホークが上位の血統で、SS系が走ってないなと思ったけどそもそもそんなに出走していなかったという落ち。
 5Rの新馬戦の時点ではもう良馬場に回復。レプランシュ、サンセットトウホクのディープ産駒のワンツー。人気のステイゴールド産が負けているあたりいつもの新潟の速力・瞬発力が問われる馬場なのだろう。逃げたサンセットトウホクも残っているし、外差しレプランシュも届いているので内外はフラットの高速馬場という認識でいいと思う。7Rの1000mは上位を外枠が独占のいつものパターン。55.1と速い時計が出ている。
 9R糸魚川特別も2分を切る時計でかつ、上がりは33秒台が求めれた。500万でこれなのでもう雨の影響は考えなくていい。スモークフリーはまたしてもディープ産駒で母系はミスプロ、トレジャーマップはステイゴールド×メジロマックイーン、3着はタニノギムレット×SS。三面川特別も決め手勝負になってレッドオリヴィアが順当勝ち。今度もデムーロJ。レースレベルが上がるにつれてある程度の位置にいないと、この高速馬場では届かない。レッドオリヴィアはジャングルポケット×SS、ラインハーディーはゴールドアリュール、ゴールドテーラーはステイゴールド×ガリレオ。メイン新潟日報賞も内回りで1.20.2の時計なら差し勢は届かない。ゼウス逃げ切り。

 土曜日のレースをみると、パンパンの良馬場でしかもかなり時計が速い。過去の関屋記念の週と比較してみると、昨年よりは1秒以上は速いし、ドナウブルーの年まではいかないにしても極端なスローにならなければ32秒台前半で、上がり33秒台前半くらいの時計で決まりそうだ。血統はやはりディープをはじめとしたSS持ちが強くてジョッキーはデムーロ、ウチパクが乗れている。
 

関屋記念の予想

1枠1番サトノギャラント
2枠2番エールブリーズ
3枠3番スマートオリオン
4枠4番マジェスティハーツ
5枠5番カフェブリリアント
5枠6番アルマディヴァン
6枠7番シャイニープリンス
6枠8番アルバタックス
7枠9番ゴールドベル
7枠10番ヤングマンパワー
8枠11番エキストラエンド
8枠12番レッドアリオン

【その1】関屋記念&エルムステークス2015 過去の傾向を分析する
【その2】関屋記念2015予想 スマートオリオン&レッドアリオン中京記念組ほか

 展開を考えるかなりのスローというか、まず逃げ馬がどれかがわからないくらい先行馬が少ないメンバー構成になった。スマートオリオンは逃げたくはないだろうしレッドアリオンもそうだろう。となると候補はエールブリーズくらいしかいない。ただでさえスローになりがちな関屋記念だけど今年は極端なスローもありえる。それで土曜日の高速馬場なので、究極の上がり勝負になるのか、はたまた誰かがペースを上げるのか。少なくとも32秒台で上がらないといけない競馬にはなりそうで、もし隊列が詰まった場合は差し勢の台頭もあるかもしれない。ちょっと読みづらいレースだ。

 事前予想で指摘した通り、特に中京記念上位組には適性面で不安がある。スマートオリオンしかりアルマディヴァンしかり速力・瞬発力勝負はあまり歓迎ではないだろう。マジェスティハーツやカフェブリリアント、シャイニープリンスもそのタイプ。ある程度のペースで流れるなら挙げた馬の評価を下げて、中京記念凡走のレッドアリオンから勝負するのがセオリー。が、そのまで力が抜けているわけではなく、とにかく展開が読めないし、極端なスローからの瞬発力勝負ならゴール前は接線、さらに川須Jは土曜日小倉騎乗で当日は外回りの騎乗が関屋記念まで0。人気で買いたい状況ではない。ここは穴馬を狙うべき場面なのかもしれない。

 ◎エールブリーズ
 ▲レッドアリオン
 ▲アルバタックス
 △多数

 候補はエールブリーズ。評価したいのは少し遡るけど2014年の京王杯SC。このレースも東京の高速馬場での一戦でレベルの高い内容だった。レッドスパーダ、クラレントには完敗したものの、エールブリーズ自身も決して悪くはない。レッドスパーダとクラレントの名前にピンとくるのは過去の関屋記念の勝ち馬だからで、昨年の京王杯SCではここで求められる適性と近いものが問われたと考えることもできる。近走は控えるレースを続けていたけど、中京記念では途中から先頭にたつ競馬で健闘。過去の好走したレースは先行してからの瞬発力を使う内容でここでそれができれば。柴田大Jも土曜日のウインインスパイアのイメージで乗ればいいし、フジキセキ×カーリアンもSS(ヘイロー系)×ノーザンダンサー系の傾向に合致する。

 買い方はシンプルに単複でいく予定。展開が読みづらくカオスなレースなので捨て身で狙ってみるのもあり。明日の馬場傾向と他からも流すかどうかについてはTwitterにてつぶやきます。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする