関屋記念2015予想 スマートオリオン&レッドアリオン中京記念組ほか

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 関屋記念予想の続編。ポイントは速い時計に対応できる速力と、好位から速い上がりでまとめられる一定以上の瞬発力ということだった。スマートオリオン、レッドアリオンら中京記念組を中心にマジェスティハーツ、カフェブリリアントらについて分析していく。

【前記事】関屋記念&エルムステークス2015 過去の傾向を分析する

中京記念組

【中京記念】12.5 – 11.2 – 11.0 – 11.7 – 11.8 – 11.4 – 11.6 – 12.2 1.33.4

 中京記念を振り返ると、46.4-47.0のペースで平均ペース。10着まで0.5差の大接戦。当日の馬場は土曜日→日曜日で乾いていく最中にあったけど、中京記念のときにも時計がかかる馬場だった。内外については、内枠が好走する傾向で、内から直線3~4頭分外を通る進路がベストルート。スマートオリオンとアルマディヴァンはその進路をとることができた。適性面はマイル重賞にしては全体時計も上がりもかかって馬力、体力が求められた。レースレベルは、まあそれほど高いとも思えず。

 さて、中京記念→関屋記念で大きく変わることは、2つ。

・全体時計、上がりが1秒以上速くなる→問われる適性がずれる。
・ハンデ戦から別定戦に替わり斤量差が小さくなる。

 ので、中京記念組の出し入れというのが今回の1つのポイントになる。昨年もクラレント、サトノギャラントが馬券外から巻き返している。

 まずは、勝ち馬のスマートオリオンから。中京記念前はマイルでの体力面がどうか、という不安はあったけどレース内容を見る限りその点の心配はもうない。斤量も57kgのままだし、能力的にもまずまずで、やはり今回は速い時計に対応できるかどうかというところだろう。パラダイスSの内容なら速力もあるし、瞬発力についても過去好走した先行馬並みにはある。ただ、どうしても買い時は前走だったという感じがしてしまうし、あれから1秒以上詰めないといけない。グラスワンダー×ウイニングチケットも重過ぎないか?32秒台ならまだしも、ドナウブルーの年くらいまで高速化して場合に対応できるかというと怪しい気もする。

 2着はアルマディヴァン。スマートオリオン同様にベストルートを通れたし完璧な競馬だった前走。そこから斤量+2㎏で、さらに適性も違うものが求められる。初音Sなどの過去の強い内容だったレースをみても速い時計ではパフォーマンスを落としそうだし、脚質も届かない可能性が高くなってしまう。4着エールブリーズも川田Jの好判断で道中にポジションを上げて食い下がったかたち。フジキセキだし速力は感じるけど、1㎏増で能力的にどうかというのがあるかなあ。ゴールドベルも+3㎏で条件としては悪化する。

 アルバタックスは上がり最速でよく追い込んではきているけど、4角での距離ロスが大きく届かず。そのロスを考えれば54㎏でのものだとしてもこの結果は悪くない。アルバタックスも速力がどうかで、同コースの谷川岳Sではサトノギャラントに完敗ではあるけど、修学院Sでは高速京都でいい内容で走っている。高速馬場自体には問題ないとみるべきであとは位置取り次第か。レッドアリオンも同じように4角でのロスが大きすぎ。57.5kgから別定戦になるし、マイラーズCくらい走れば当然上位にくる。33秒台なら中京マイルでもいいと思うんだけど、マイラーズCや富士S、西宮Sから高速新潟マイルのほうがよりいいのか。兄弟をみてもリディル、クラレント、サトノルパンなので、軽い条件のほうに適性がありそうだ。中京記念は控えたけど、それまでのように先行したい。

 中京記念で考えれば、条件が好転するのはレッドアリオン。

マジェスティハーツほか

鳴尾記念はもはや説明不要のハイレベル戦。ラブリーデイはもちろん、先週のアズマシャトル、グランデッツァがその後好走。ラップを考えると差してきたマジェスティハーツはかなりいい内容で、ここに入れば能力的には最上位になる。もともと神戸新聞杯が優秀だったので、高い能力を持ってはいるんだけど、なかなか発揮する機会がない。今回のポイントはやはり高速マイルに対応できるかどうか。マイラーズCでは完敗しているし、昨年も重い中京記念3着からのステップで関屋記念凡走。それからすると32秒台前半の時計になるとどうしても厳しいか。雨が降ってできるだけ重い馬場になって差しやすくなれば、能力は十分足りる。しかも56kgだ。

 サトノギャラントもここまで好走しているマイルは33秒台の瞬発力戦。昨年は関屋記念が差し損ねたし、京成杯オータムハンデも届かず。谷川岳Sで結果を出しているように新潟コース自体には適性はあるけど、夏の高速馬場の時期に重賞となると速力に不安が出来てしまう。マジェスティハーツほどではないにしろ、時計がかかって差しやすい状況になれば。

 シャイニープリンスも似たような立場にいる。東風Sとか富士Sは強いけど、その2つはM的にいえば摩擦のかかる馬場で、いつもの関屋記念の馬場とは異なる。実際にマイラーズCでは先行して展開に恵まれながらもキレ負けしている。マジェスティハーツとサトノギャラントと同じ馬場を希望。エキストラエンドはディープ産駒らしく速力と瞬発力を兼ね備えたタイプだけど、昨年の新潟2戦は凡走。まあ位置取りの問題はあったけど、いまいちな内容だったのは事実で、ベストはやはり京都マイルなんだろう。条件としては悪くはないかなあ。

 最後にカフェブリリアント。ヴィクトリアマイルは着順こそいいものの、内実をみるとレッドリヴェールと同じで着順ほどの価値はない。履歴をみても速い時計はないし、ブライアンズタイム×カーリアン。ヴィクトリアマイルの結果をもって速力・瞬発力に不安がないとは言い切れないだろう。能力は牡馬混合戦でも通用する実力値はもっているが。

 マジェスティハーツをはじめタイプ的に一雨降ったほうがいいのが集まった感じで、その中ではレッドアリオンが不安がなく一歩リードしている。毎週言っているような気がしますが今週もどんな馬場になるかが重要になってきそうですね。続く。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする