札幌2歳ステークス2015予想 コスモス賞、クローバー賞ほかこれまでの評価

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 札幌2歳Sの予想続編。前の記事では、過去の傾向について振り返ったので、この記事では各馬の新馬戦ほかの内容についてはみていくことにする。

新潟記念&札幌2歳ステークス&小倉2歳ステークス2015 3重賞の過去の傾向について

アラバスター

 13.0 – 12.2 – 12.8 – 12.5 – 12.9 – 12.6 – 12.3 – 11.8 – 12.6 1.52.7

 まずはアラバスターから。新馬戦の開催週は今年のなかでは、雨の影響で時計がかかる重い馬場だったけど、この時計はちょっとかかったかなという印象で上がりも遅くなっているし、レースレベルとしては決して高くはないと思う。アラバスターはハービンジャー×レーヴディソールという血統から人気するでだろうが、そこまで新馬戦は強いわけではないので、どこまで伸び代があるか?だ。その血統からもコディーノの年のような軽い馬場よりは昨年のように少なくとも50秒台の決着に落ち着いてほしいところ。当然伸び代はあるとは思うけど、人気を考慮すると積極的には評価したくないな、とは考えてしまう。

 13.2 – 13.0 – 13.2 – 13.2 – 12.9 – 12.6 – 11.8 – 11.2 – 11.2 1.52.3

 同じくハービンジャー産駒のプロフィット。こちらも母父がタニノギムレットであまり速力は感じない血統構成になっている。新馬戦の内容は、全体の時計自体はアラバスターと大差はないものの、上がりが違っていてラスト2Fは11.2-11.2というもので減速していない。もっともプロフィットのパフォーマンスは、高速馬場でのものなので、アラバスターと同様に時計自体には価値がない。この新馬戦の2着のレインボーアンバーが先週勝ち上がっていたのである程度のレベルにはあるし、こちらも伸ばしてくる可能性は大いにあるけど。

 12.8 – 12.8 – 14.0 – 13.9 – 13.4 – 13.1 – 12.2 – 11.4 – 11.5 1.55.1

 アドマイヤエイカンの↑は函館でのもの。これも時計的には評価できない内容で、見ての通りの超スローからの瞬発力勝負。2,3着馬は現時点では未勝利を勝ち上がれていない状態だし、やはりこのレース自体は決してハイレベルとはいえない。ただアドマイヤエイカンもハーツクライ×フレンチで一気に伸ばしてくる可能性はあるなあ。

 ここまでの3頭はそれも新馬戦いまいちでも、それぞれマツパク、池江、須貝厩舎で栗東のトップクラスの厩舎なのでパフォーマンスは上げくるはずだし、先週あたりからはもう開催当初のの高速馬場ではなくなっているので、適性的にも合いそうだ。どれだけ伸ばしてくるかは測りづらいところがあって判断が難しいところ。

コスモス賞、クローバー賞

【コスモス賞】12.7 – 12.3 – 12.7 – 12.5 – 12.4 – 12.4 – 12.0 – 11.8 – 12.4 1.51.2

 まずはコスモス賞から。コスモス賞からは1着ラヴアンドポップと4着クロコスミアが参戦。
 このレースもそこまでかなあ。上のような超スローではなくある程度流れた持続力勝負で、その経験という意味では評価したいけど、昨年のマイネルサクサーと似たようなレベルで、ラウンドワールドあたりと比較すると落ちてしまう。ラヴアンドポップは中京の新馬戦マイルもまずまずといったところだし、クロコスミアはラヴアンドポップ以下なのが現状だ。伸び代を考えなければ、アラバスター、プロフィット、アドマイヤエイカンの新馬戦よりは上に取れるが……。ラヴアンドポップはアドマイヤムーン×ミスプロ系で、クロコスミアはステイゴールド×ボストンハーバーという血統。

【クローバー賞】6.9 – 11.2 – 11.5 – 12.0 – 12.1 – 11.8 – 11.7 – 12.3 1.29.5

 対してクローバー賞のほうはなかなかレベルの高い戦いになった。30秒台は切ってきたし、過去のクローバー賞では速いほうの時計。イクスキューズの1.29.3よりは遅いけど、あのアドマイヤムーンとかアルテミスS3着のトーセンラークとかと同じもの。ラップは遅くとも12秒台前半で一貫して厳しい流れ。
 ここからは勝ち馬マシェリガールの参戦はなしで、2着リッジマン、5着コスモフレンチ、13着ネコダンサーが出走。レベルは高めなので、あとは1500m→1800mの距離延長に対応できるかどうか、がやはり課題。リッジマンはスウェプトオヴァーボード×カーリアンで母は現役時代中距離馬だった。スウェプトオヴァーボードは気になるかなあ。コスモフレンチもここまで短いところを使ってきて、血統はフレンチ×ブラックタキシードで1500mの方がいい感じはある。レースレベル自体は高いけどなあ。

 ほかに気になるのは、リアルキングとアフターダーク。
 リアルキングは1800mの全体時計は一番速いものを持っているし、上がりもラスト3F12.1 – 11.6 – 11.8で落ちていない。キンカメ×ストームキャットもよくて、普通に有力馬の一頭。アフターダークも函館の稍重馬場でかなり重い馬場だったことを加味すれば悪くない時計。12.1 – 12.0 – 11.9とラスト3Fも加速ラップになっていてまだまだ伸ばせる走り。ワークフォース×ダンス×ノーザンテーストとオールスターのような名前が血統表には並んでいる。

 ここまでのパフォーマンスならクローバー賞のリッジマンで次いでコスモス賞組。リッジマンは適性的な不安はある。対して新馬戦を勝ち上がってきたなかでは、アラバスター、プロフィット、アドマイヤエイカン、リアルキング、アフターダークがさらに伸ばせる状況にあって判断が難しくなっている。うーん、ちょっと買いにくいレースではあるけど、なんとか結論まで持っていきたいです。続く。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする