札幌記念&北九州記念2015反省会 馬場傾向の変化への対応について

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 おっと、反省会記事がUPできていなかった。上手くいかなかったときこそ言葉にして残しておくことが重要だと思うので回顧はしておかないとですね。

札幌記念

2回1週札幌

・札幌1Rはいきなりレコード出てるし……。
・上位2頭はなかなか強そうではあるけど、馬場自体も速くなってるのか?特に2着の馬は内容がいい。
・札幌4Rはハイペースになって8枠スーパープリンセスが中段から差し切り。2枠、3枠も馬券に絡んでいるので基本的には内の優勢が継続していると判断できる。このレースは昨日と変わらない馬場の速さ。
・5R新馬戦はリアルキングの逃げ切り。キンカメ×ストームキャット、2着ハービンジャー×SS、3着エンパイアメーカー×ダンス。札幌は昨日と変わらずということで良さそうだなあ。1Rがハイレベル戦だっただけで。
・と思ったら、7Rは8枠からの外差しヴェネト。ディープ産駒の決め手がいきたかたち。まあこれは勝ち馬が抜けていたということでいいのかな。ペースも速かったし。で、またもや速い時計が出た。
・札幌記念は勝ち時計は59秒前半かな。想定より多少馬場が速いのでダービーフィズの評価は少し下げる。
・札幌記念はラキシス単勝、ラキシス、ダービーフィズ、ラストインパクトのBOXで。

【札幌記念】12.5 – 10.9 – 11.7 – 11.9 – 11.9 – 12.0 – 11.9 – 12.0 – 12.1 – 12.1 1.59.0

 日曜日の札幌は、土曜日と比べるとやや高速化したかなという感じはあったけど、ほとんど変わらずで、イン有利の馬力が問われる馬場。レースはトウケイヘイローの単騎で最初の1F以外は一貫して12秒前後の持続力で厳しい展開といっていいと思う。映像をみた時にスローだなー、と感じたけどラップをみたら速かったのでちょっと驚き。このペースを刻んだトウケイヘイローに着いていった馬たちには厳しい展開で、◎ラキシスはちょっと追いかけすぎたかな。同じような位置にいたディサイファが勝ったので力負けでもあるんだけどね。ちょっと大阪杯の評価は下方修正したほうがいいのかもしれないし、ラキシス自身の適性もエリザベス女王杯のように軽い馬場向きか?ディサイファはこれまでのレースぶりからはイメージできない好走だった。2,3着は内枠巧者のヒットザターゲットとダービーフィズ。予想記事でも指摘したように結果をみればやはり函館記念はハイレベルなレースで、ダービーフィズ、ヤマカツエース、ハギノハイブリッドは上位に。レースレベルとしてはまずまずかなと。

 予想のほうは◎ラキシスで完敗。条件は揃っていたとは思うけど、力関係が考えていたほど上位ではなかった。思い返せば牡馬相手に勝ち切ったのは大阪杯くらいで、その大阪杯も特殊なレースだった。トウケイヘイローを追いかけすぎたことは確かだが、宝塚記念に続いて過大評価だったと反省。

北九州記念

2回4週小倉

・小倉1R1200m。34.0-35.7-1.09.7のペースで中段からゼットフーリが1着で8枠アリッサムが2着。このレースを見る限りでは昨日よりは内も良さそうだけど、どうだろう。時計も若干速いか?ワークフォース×ジャングルポケット、グラスワンダー×スペシャルウィークのワンツー。
・2R1800m。7枠の1番人気メイショウミツボシが平均ペースを外から差し切り。2,3着で穴をあけたのは先行勢。時計は昨日と同じくらいの出方。
・小倉4R。33.7-35.2-1.08.9のペースで好位からジェントルヴァウが勝利。2,3着はそれぞれ1枠、3枠でやはり昨日と比較すると内がいいのかなあ。
・5R新馬戦も1枠が逃げ切り。6R1200m新馬戦に至っては2枠のワンツーで3着も1枠だ。35.3-35.2-1.10.5のスローになったこともあるけど、これは馬場が変わってきたとみていいのかもしれない。
・内が復活してきたとすると、内枠の人気馬の評価を上げないといけなくなるなあ。
・北九州記念はどうしましょうか。この馬場だとベルルミエールを中心にするのはちょっとね。
・うーん。
・北九州記念はサドンストームかなー。前傾ラップがどうかはあるけど、阪急杯も上がりかかったしあれくらい走れば差してこれるはずで。
・単複で。
・ビッグアーサーとの組み合わせも追加する。

【北九州記念】11.7 – 10.2 – 10.8 – 11.2 – 11.9 – 11.5 1.07.3

 上の表をみてもわかる通り、土曜日→日曜日で小倉芝は内が復活。あれだけ外枠・外差しが有利だったのに一転して内が優勢に。北九州記念もベルカント-ビッグアーサーの内枠の有力馬で決着でベルルミエールは3着まで。展開は例年の北九州記念らしいハイペースになった。その中で好位につけて55kgで快勝のベルカントは強い。ラスト1Fは11.5。もともとアイビスSD勝利からのステップはハンデが重くなりがちなので人気で凡走することが多く、前走で重賞勝ちからのステップで連勝したのはここ10年ではスリープレスナイトのみ。ベルカントはどうも前走で覚醒したみたい。坂コースでどうかという課題はあるけどスプリンターズSでも要注目。ビッグアーサーもいい内容。ビッグアーサーのほうは適性の幅の広さをすでに示しているし、この2頭は今後もスプリント戦線の中心になる存在だ。

 予想のほうは土曜日時点ではベルルミエールから人気薄の差し勢に流す予定だったのが、つぶやき通り日曜日の馬場をみて内枠狙いに変更。結果をみてもその判断は間違ってはいないのだけど、◎サドンストームはちょっとね。それならビッグアーサーから入るのが妥当だった(当然オッズの問題もあるが)。想定の馬場と違って妥当な判断ができなかったパターン。

 札幌記念は力関係の把握、北九州記念は馬場の変化への対応。来週も懲りずに頑張ります。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする