札幌2歳ステークス2015予想 稍重の札幌での持続力勝負になったら

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 更新が遅くなりましたが、札幌2歳Sの予想といきましょう。札幌はもう雨は上がっているけど、現在稍重の馬場状態。少なくともコディーノの年のような軽い馬場にはならず、低速戦の持続力勝負になりそうだ。とりあえず、先週の札幌芝について、中距離戦を中心にざっと振り返っておく。

札幌芝の馬場傾向

2回2週札幌

 土曜日6Rの3歳未勝利戦2000mから。ハナイチゲがややスローから逃げ切り、2着は捲ったマイネルフレッチャ。ハナイチゲの血統はチチカステナンゴ×サドラーズウェルズ系とかなり重めのもの。マイネルフレッチャはステイゴールド×マイネルラヴ。メインのオールスタージョッキー第2戦も勝ち馬ジャングルクルーズはイン差しで、2着ミエノワンダーは外から進出。これをみると外も全くダメという訳ではないか。ジャングルポケット×SS、グラスワンダー×SS。

 日曜日は2Rが1800mの2歳未勝利。新馬戦でプロフェットに負けたレインボーラインが快勝。ここは上位馬とそれ以外との差が大きかったレース。レインボーラインはステイゴールド×フレンチで、アニメイトバイオの半弟。それから8Rが2000m。このレースだけ時計が極めて速くなっていて、これはレースレベルによるものなのか?2000mで2分を切り、かつ上がりも1,2着は34秒台前半。アルバートとシュヴァルグランが強かっただけでそこまで馬場は速くないと判断すべきか。アルバートはアドマイヤドン×ダンス、シュヴァルグランはハーツクライ×マキャヴェリアン。最後に最終の1800m。うーん、ここも1.47.0と札幌にしては速い時計になっていて、やはり先週は速めの馬場と判断すべきか。ウインフェニックスもバイガエシも外から捲って上位にきている。ウインフェニックスはスズカフェニックス×アグネスデジタル、バイガエシはジャングルポケット×ダンスという血統。

 先週の時点では、表をみてもわかるように、キーンランドカップのような例外はあれど、基本的にはイン有利の馬場で、外なら捲れるタイプ、時計は札幌にしては出ているのかなという水準だ。

札幌2歳ステークスの予想

1枠1番リアルキング
2枠2番ディーズプラネット
3枠3番アラバスター
3枠4番クロコスミア
4枠5番ラヴアンドポップ
4枠6番アラモアナワヒメ
5枠7番ペイシャオブマーシ
5枠8番アフターダーク
6枠9番ネコダンサー
6枠10番プロフェット
7枠11番アドマイヤエイカン
7枠12番ペイシャフェリシタ
8枠13番スパーキングジョイ
8枠14番リッジマン

【その1】新潟記念&札幌2歳ステークス&小倉2歳ステークス2015 3重賞の過去の傾向について
【その2】札幌2歳ステークス2015予想 コスモス賞、クローバー賞ほかこれまでの評価

 現時点で稍重の札幌芝。先週はある程度時計は出ていたとしても、この雨で先週よりは重くなることは確定だろう。加えて出走馬の大半が前走で逃げてかってきていること、クローバー賞で逃げて2着のリッジマンが大外枠に入ったことからもペースは上がる可能性が高くなっている。重い馬場+流れるペースで、速力・瞬発力は不要の、低速戦の持続力になる。イメージとしては昨年のようなレースでいいと思う。

 事前検討通り、ここまでのパフォーマンスなら、クローバー賞のリッジマン、コスモス賞のラヴアンドポップ、クロスコミア。伸び代がありそうなのは、アラバスター、プロフィット、アドマイヤエイカン、リアルキング、アフターダークの人気どころ。
 まず、リッジマンについては1500m→1800mへの距離延長に不安があって、加えてこの馬場なら厳しいか。展開もきつくなるし。コスモス賞の2頭は、決してレベルは高いとは言えないものの、すでに低速戦の持続力は経験済み。それから新馬戦からのステップ勢は、この条件でどこまで伸ばしてくるか、という視点を重視して評価したいところ。

 ◎クロスコミア
 ○ラヴアンドポップ
 ▲スパーキングジョイ

 ちょっとここは捻ってみて◎はクロスコミアから。まず新馬勝ちからの人気勢はスローからの逃げ切りというレースだったわけで、それが今回しっかり流れる持続力勝負とちょっとレース質が違ってくる。また、差しに回らないといけない可能性が高い。ので、わざわざ人気で買うこともないかと。クロコスミアはコスモス賞で直線詰まった不利があっても差してこれたし、適性という点では不安はなく、また展開利もありそうで、突っ込んでこれる。ステイゴールド産駒も先週からちょくちょく馬券に絡んでいる。
 ○もコスモス賞組からラヴアンドポップで。コスモス賞自体はそれほどレベルの高いレースではないけど、やはり適性面を評価して。▲はスパーキングジョイ。新馬戦はラスト2F11.5 – 11.8を差し切り。全体時計はいまいちも上がり最速で差す競馬をできたことはここにつながりそうで、ヴィクトワールピサ×エルコンドルパサーはいかにもこの条件で伸ばしてきそうな血統。

 とりあえずこの3頭狙いで。人気勢は未知の部分が大きすぎるので、それなら適性的には不安のない2頭を評価したという予想ですかね。今日、雨の影響がそれほどなく、先週のような馬場なら変えるかもしれませんが。その辺はtwitterで。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする