ローズステークス2015予想 ミッキークイーン、レッツゴードンキvs夏の上がり馬

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 少し更新が遅れましたが、ローズステークスの予想続編です。先週の阪神はいつもの高速馬場といった感じで、外回りはスローからの瞬発力勝負の展開が多かった。ミッキークイーン、レッツゴードンキをはじめとした実績馬と、夏の上がり馬のレース内容についてみていく。

【前記事】セントライト記念&ローズステークス2015 トライアルの過去の傾向について

ミッキークイーン,レッツゴードンキ

【オークス】12.5 – 10.6 – 12.5 – 13.0 – 12.7 – 12.6 – 12.5 – 11.9 – 11.9 – 11.3 – 11.6 – 11.9 2.25.0

 まずはミッキークイーン。オークスは見ての通りロングスパート戦になってラスト6Fから11秒台を並べるラップになっていて、体力が問われたレース質。馬場を考えると全体時計はまずまずでも、この流れを上がり最速で差し切っているのは能力的には上位だと考えられる。オークスについては、このミッキークイーンとルージュバック、クルミナルの上位3頭が4着以下を離したように、抜けたレース内容。もともとクイーンCや忘れな草賞で世代上位の走りを見せていたのはこのブログでも指摘しているところで、阪神1800m向きの瞬発力も持っているし、あとは仕上がりだけ。ディープ×ND系もレース傾向に合致する。

 レッツゴードンキは完全に折り合いを欠いてコントロールできず、沈んでいった。課題ははっきりしていてまず折り合い面になるので、そこがどれだけ解消されているか。この視点からは東京2400mよりは阪神1800mは条件は好転している。それからここまで高速馬場での強い内容はなく、いずれも低速戦で結果を出してきているので、キンカメ×マーベラスサンデーからも速い馬場に対応できるか、という課題もある。どちらもやってみないとわからないという状況だし、陣営としてもここの結果次第で秋華賞にいくか、マイル路線にいくかを決めるというプランだと思う。能力的な不安はないけど、軸では買えないかなと。

 アンドリエッテとクイーンリングはどちらも最後1F落ちたところで突っ込んでくるタイプ。デニムアンドルビーの年ようなレースになれば差してこれるかもしれないけど、例年の瞬発力勝負なら届かない可能性が高そうだが。アンドリエッテは賞金的には微妙なラインにいるので、勝負をかけてくるかもしれないけど、適性的にはやはり一雨降るか、少しでも重い馬場になってほしいところ。

 オークス組については、ルージュバックとクルミナル不在でミッキークイーンが一歩リードしているという印象だ。

夏の上がり馬

 次に秋華賞への権利を取りに来る馬たち、夏の上がり馬たちのレース内容をみていく。前記事で指摘したように毎年1頭は権利を取りに来る馬が馬券に絡む、と考えていい。

【西部スポニチ杯】12.6 – 11.5 – 12.6 – 12.0 – 12.1 – 12.0 – 11.8 – 11.8 – 11.5 1.47.9

 まずはトーセンビクトリーから。前走古馬1000万を快勝してからのステップ。レースレベルとしてはやや高めの1000万といったくらい。それでもラスト1Fは11.5と加速ラップになっているし、まだまだ伸び代はある。キンカメ×トゥザヴィクトリーという血統で、角居厩舎であるということからも伸ばしてくる可能性は高い。過去のレース内容からは瞬発力に多少不安があって速くても34秒台の前半。位置取り次第で誤魔化せるが、ディープ産駒相手にキレ負けする可能性はある。豊Jがどう運ぶか。ミッキークイーン、レッツゴードンキと比較する劣るのは事実だけど、それ以外なら十分戦える。

【小倉500万】12.5 – 11.1 – 12.3 – 12.3 – 12.2 – 12.1 – 11.7 – 11.5 – 11.7 1.47.4

 続いてサングボヌール。この500万は優秀で1000万以上のレベルにはある内容。1頭だけ抜けた上がりで差し切っていてちょっと評価しないといけない。バービンジャー×バブルガムフェローから荒れた馬場がはまったこともあるし、阪神1800mでディープ産駒相手だとキレ負けしそうではあるが、レース自体は強い。

【札幌500万】12.6 – 10.9 – 12.0 – 12.4 – 12.6 – 12.3 – 11.9 – 11.7 – 11.8 – 12.1 2.00.3

 タッチングスピーチも石坂厩舎。後方から進めて、こちらも抜けて上がりで差し切り。レベルもサングボヌールと同じくらいには取れる。ディープ×サドラーズウェルズなので、洋芝のほうがいいかもしれないけど内容はいい。

 この石坂厩舎の2頭が穴になりそう。希望する馬場としては軽すぎない馬場、摩擦のかかる馬場になってほしい。

 ざっと見てきたけど、実績馬ではやはり2頭のG1馬、ミッキークイーン、レッツゴードンキ。特にミッキークイーンのほうは信頼度が高そう。上がり馬ならまずトーセンビクトリー、次いでサングボヌールとタッチングスピーチの石坂厩舎勢。ミッキークイーン→上がり馬が一番買いやすいかなと。続く。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする