クイーンステークス2015予想 レッドリヴェール、フーラブライドほか有力馬の分析

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クイーンS予想のその2。今年の登録馬をみるとどうも低調なメンバー構成になりそうで、昨年おキャトルフィーユ、アロマティコらのハイレベル戦にはまずならないのではないかと予想できる。能力的なハードルは少し下げて考えたい。前記事では過去の傾向をおさらいしたので、各馬の能力や適性を探っていく。

 前記事→アイビスサマーダッシュ、クイーンステークス2015 過去の傾向から

レッドリヴェール

 おそらく一番人気はレッドリヴェール。
 これまでのベストパフォーマンスは阪神ジュベナイルフィリーズと桜花賞で甲乙つけがたい。ジュベナイルフィリーズのほうは馬力が問われるでの屈指のハイレベル戦だったし、桜花賞のほうは高速馬場の瞬発力勝負でこちらもハイレベル戦。これくらい走れば今回の相手にまけることはないだけどね。年が明けてからの春の2レースは、秋と比較するとまずまずの内容。阪神牝馬Sは内、前有利の状況のなかで、外から差してカフェブリリアントと0.7差。同じような競馬をしたスマートレイアーには差し負けたものの、秋と比べると少し上向いてきたかなという感じはあった。ヴィクトリアマイルは枠と位置取りはほとんど完璧というレース運びで、相当恵まれたうえで、同じ位置にいたストレイトガールと0.5差。ミナレット以外はややスローくらいのペースだったので、瞬発力勝負で負けたという結果だった。4着という着順通りの評価はできない内容だろう。それでもローズS~エリザベス女王杯よりはいいと思うし、今回は相手が相手だけに。
 適性的には瞬発力よりかは持続力タイプだし、ステイゴールド×DixielandBandからも問題ないはず。絶対視はしたくないけど、人気だろうが馬券には入れざるを得ないかなあという評価。

 イリュミナンスは直線の不利を考慮すれば、マーメイドSの内容は評価できなくはない。ベストは1600m~1800mの直線の長いコース、京都や阪神といった条件で、マーメイドSの阪神2000mは適性的にずれるかなと思っていたけど、その割には頑張ったといえる。もっともマーメイドSの当日は決め手が生きる馬場でだったし、ペースが上がらなかったことを味方してといえよう。今回、阪神2000m→札幌1800mは条件としては好転しているけど、昨年並みの持続力勝負になったときはどうかというのはある。マンカフェ×トニービンなら洋芝自体には適性がありそうではあるけど。能力的には上位なので、できるだけ軽い馬場になってほしいところ。

 ブランネージュはここ2走函館1800mの1000万を使ってきているけど、そのどちらもいまいちな内容だ。北斗特別はスワーヴジョージは別にしても、展開に恵まれながらの結果で、56㎏を加味しても低レベルな走り。前走のかもめ島特別も超スローを先行して展開利があったし、時計的にも評価できるものではない。中山牝馬S、福島牝馬Sの低レベル戦になった重賞でも凡走していることからも、このメンバーでも能力的な疑問があるし、おそらく人気する。すんなり先行してどこまで、といった感じで人気馬にしては心許ない実力値しかないのが現状だ。適性もイリュミナンスと似たタイプに思えるが。

フーラブライド

 56㎏でも一番強いのはフーラブライドだろう。日経新春杯や愛知杯の内容からすれば、十分に上位にいる存在なのだけど、問題は距離が足りないのではないか、と間隔があいた点。

【2014中山牝馬S】12.7 – 11.4 – 11.8 – 12.3 – 12.2 – 12.0 – 12.0 – 11.7 – 12.4 1.48.5

 昨年の中山牝馬Sでは1800mにも対応してきてはいるので、これくらいの時計のかかり方、上がりがかかれば。できるだけ重い馬場になって体力が問われるレース質になれば、力関係からすればまず浮上してくる。あまり速い決着では差し損ねる可能性が出てくるので、その点は注意したいところ。あとは仕上がり次第。

 3歳からはノットフォーマルとファインドヌーヴ。ファインドヌーヴは戦績をみてもさすがに足りない。ノットフォーマルについても、過去好走した3歳馬、アイムユアーズとかアプリコットフィズあたりには劣るので、展開利がどれだけあるか。ヴァーミリアン×マンハッタンカフェで、札幌で好走履歴があるように適性的にはどんぴしゃだとは思うけど、能力の裏付けとなるレースがないので……。

 条件戦勝ちからはブランネージュのほかにフレイムコードとレイヌドレージュ。
 フレイムコードの五稜郭Sは1000万~1600万レベルの内容で60-60.6の平均ペース。持続力勝負とか洋芝への適性はあるんだろうけど、ノットフォーマル同様根拠となるレースがないかなー。恵まれてどこまでという感じ。このメンバーなら先行できるというだけで買い要素していいのかもしれないけど。

【松前特別】12.6 – 11.3 – 12.1 – 12.2 – 12.5 – 13.1 – 12.8 – 12.5 – 12.4 – 12.4 2.03.9

 レイヌドレージュのほうは超低速戦になった松前特別の内容は思いのほかいい。東京や新潟、中山の中距離戦で差し損ねていたタイプが前走で覚醒した感じがあるので、そういう馬場がいいのだろうと。ピエナビーナスには劣るけど、同じ父フジキセキで時計がかかれば差し込んでくる可能性があるのかもしれない。近走は上がり3位以内の脚は使っているので、時計がかかって外差しの効く馬場なら狙っていいのかもしれない。

 こうしてみてもなかなかに低調なメンバーが集まったという印象。能力ならフーラブライド、レッドリヴェールが上位で、イリュミナンスが続くといった図式になっている。前にいけるというだけで警戒する必要があって、フレイムコードやノットフォーマル、ブランネージュも能力はいまいちも対象になってくる。発見があったのはレイヌドレージュで、時計がかかる馬場になれば突っ込んできても。人気馬を買うなら捨て身で狙うのもいいかもしれない。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする