クイーンカップ2016予想 先週の東京振り返りと枠順を踏まえて

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クイーンカップ2016の予想です。今週は雨の心配があるようですが、降り出すタイミングは土曜日の夜あたりの予報?なので、土曜日の開催には影響がなく、良馬場でやれそうです。先週の東京の馬場傾向だけざっと復習して予想へと入っていきたいと思います。

※各馬の分析についてはこちら→クイーンカップ2016予想 メジャーエンブレムvsフェアリーS組ほか

東京芝の馬場傾向

2回2週東京

土曜日は東京新聞杯の記事でも書いたように、2400m以外のレースではすべて1枠が勝つ内有利の馬場。続く日曜日もその傾向は変わらなかった。まず4R3歳未勝利1400m。ラチ沿いからミッキーグローリーは抜け出して快勝で、1~3着はすべて4角内に進路を取った馬。5R新馬戦も8枠が勝利も4角位置は中で外を回したわけではなく、好位にはいたし、2,3着は逃げ馬と番手の馬がそのまま。時計の出方も土曜日とほとんど変わらずやや速いかなくらい。血統はディープ×ミスプロ系、マツリダゴッホ×ペンタイアのワンツー。7R1800m500万は5番手からプレシャスメイトが差し切り、2着シングンジョーカーはまたしても1枠。それぞれ血統はステイゴールド×ブライアンズタイム、シングンオペラ×ラムタラと重めのもの。

9R春菜賞1400mも1枠のワンツー。カトルラポールは11番人気で激走。ペースも流れたのでスローだったというわけではない。1番人気ダイワダッチェスは6枠から勝ち切れず。10R早春Sは飛ばして、メイン東京新聞杯は行ったもん勝ちのドスロー3F勝負で、内前で決まり。スマートレイアーは思い切った先行策が功を奏したかたちで、出遅れたダノンラチナには厳しい展開。2,3着エキストラエンド、マイネルアウラートも流れが向いての穴。ディープ→ディープ→ステイゴールドの血統。

日曜日の東京も10R、11R以外は1枠が馬券になっていて、かなり内が優勢な状況。時計はやや速いくらいの水準で、土曜日にゼンノロブロイが活躍していたこと、日曜日も重めの血統が好走していたことからすると、SS系と体力豊富な血統の組み合わせがいいかな。

クイーンカップ2016の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→クイーンカップ2016の枠順

展開は内枠のダート組、ストライクショットかナックビーナスのハナが濃厚。メジャーエンブレムはそれを見ながら好位の内だろう。ビービーバーレルは前走こそ逃げたものの、今回はダートの2頭、特にナックビーナスは速いので、メジャーエンブレムと似たような位置取り。ダイワドレッサー、サプルマインドは中段から、ペルソナリテはいつも通り後方から。ペースは極端なスローは考えづらく、47-47くらいの想定で。

◎メジャーエンブレム
○ダイワドレッサー
▲コパノマリーン
△フロンテアクイーン
△ロッテンマイヤー
△サプルマインド

◎は素直にメジャーエンブレム。内有利の馬場状態で、一番強い馬が内枠を引いたのだからここは逆らわない。阪神JFの内容はハイペースを4角先頭押し切りという着差以上に抜けた内容で、今回1kg重い55kgでも最上位。適性面も極端に速い馬場ではなく、持続力よりの展開になりそうで問題なし。ダイワメジャー×オペラハウスも今の東京の傾向に合致するし、まあ特に嫌う要素もないのかなと。仕上がりもよく、逆らうなら桜花賞で。

○も内目の枠からダイワドレッサー。フェアリーSは事前検討で書いたように、馬場の恩恵があったことは確かも時計的な価値は意外と高く、弱い馬ではない。ネオユニヴァース×スウェプトオーヴァーボードなら中山マイルのほうがいいタイプだろうけど、今回は流れそうで、33秒台の決め手勝負にならなければ東京もクリアできると判断した。▲もフェアリーSからコパノマリーン。コパノマリーンも内枠だったので、恵まれた条件ではあったが道中ちょっと掛かったり、下げてしまったりとスムーズさを欠いていた。今回は戸崎Jに乗り替わりで鞍上は強化。枠もギリギリ許容範囲だし、ダイワドレッサー同様、ヴィクトワールピサ×シングスピールなら流れるほうがいい。△は内枠の穴馬とサプルマインド。フロンテアクイーンはメイショウサムソン×SSの血統、ロッテンマイヤーはクロフネ×タキオンかつ新馬戦からの伸びしろ。どちらも能力面は疑問だが。サプルマインドはこの枠だと外差し濃厚で厳しいが、伸びしろを評価して。白菊賞はまずまずで、小さい馬体のディープが間隔をあけて使ってくるというタイミング。デムーロJ、藤原厩舎なので2番人気だろうけど。

フェアリーS勝ちのビービーバーレルは、赤松賞外枠→フェアリーS逃げからの6枠かつ逃げられるかは?という状況では少し狙いづらい。暮れ~年始の中山開催はロベルト系が優勢の馬場であったことを思い出すと、パイロ×シルヴァーホークで東京は疑問かな。再度逃げることだできて、内に進路を取れれば、弱い馬ではないので好走してもおかしくはないけど、同型にメジャーエンブレムもいるので今回は評価を下げる。ルフォールもこの馬場で大外枠、ペルソナリテは脚質。

東京の天気は持ちそうなので、大きく傾向が変わることはないだろうけど、一応確認しておきたいですね。馬券としては、メジャーエンブレムから内枠の穴を絡めて買うという感じで。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする