プロキオンステークス2015予想 中京ダートの馬場傾向から

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中京ダートは稍重スタートでの開催。プロキオンSに向けて土曜日中京ダートの馬場傾向を確認しておく。

中京ダートの馬場傾向

3回2週中京ダート

 1レースは3歳未勝利の1800mの一戦。1.4倍圧倒的一番人気ナムラケイトが逃げ切って快勝。2着は11番人気シームリーが3番手から、3着サンマルアリュールも2番手から進めた先行馬で、上位は前に付けた馬たちが独占した。時計は1.54.5、上がり37.8で、稍重にしても時計がかかっているか。昨年のプロキオンステークス当日と比較しても遅い。ディープ×フレンチ、アグネスデジタル×アグネスタキオン、ゴールドアリュール×ジャイアンツコーズウェイという血統が並ぶ。
 4レースも1900mの中距離戦。ハイペースになって最後1Fは13.6まで減速するラップ。しっかり流れたけど、結果は再度先行馬で決着。人気馬が力を出し切ったレース展開で時計は2分ジャストで速めのものが出た。血統はキンカメ×Tapit、ゼンノロブロイ×フサイチペガサス、ディープ×デインヒル。
 プロキオンSと同じダート1400m戦が6レースと8レース。良馬場に回復して6レースの新馬戦はこれまでとは打って変わって勝ったのは決め手を活かした4角外から差し切りゴブレット。2,3着は外枠から2先行した2頭で、4角では内にいた。35.3-12.6-39.5というラップで先行馬にはきついレースではあったので、勝ち馬が抜けていたと解釈すれば、基本通り先行馬有利の傾向にある。時計は1.27.4とかかり気味。ホワイトマズル×MostWelcome(ノーザンダンサー系)、プリサエスエンド×ネオユニヴァース、キンシャサノキセキ×エリシオが1~3着。8レースも勝ったのは2番手先行の人気馬トータルヒートで3着は大穴の逃げ馬。2着には4角外からの差し馬チーフアセスメント。ラスト1Fが13.6とかかった割には差し切れずということで変わらず先行馬有利の馬場傾向といっていい。時計も速い決着となって1.24.4なので良馬場でもしっかり時計はでる。ミスプロ系ヌレイエフ系、フジキセキ×オフィサー、デュランダル×エリシオが1~3着。
 10レースは1000万スプリント戦。2番手から圧倒的一番人気ブルドックボスが押し切り快勝。2着は差してきたパイメイメイ、3着の穴馬は内枠の先行馬。時計は11秒ジャストで標準レベル。傾向はこれまでと変わらず。内、先行馬有利。

 馬場傾向としては、やや高速よりの良馬場で、先行馬有利。外差しは効かなくはないけど明日は今日以上に乾いて完全に雨の影響はなくなるはずで、今日よりは時計がかかるはずだが、21秒台~22秒台前半の決着が濃厚だろう。

明日に向けて

1枠1番キョウワダッフィー
1枠2番ベストウォーリア
2枠3番キクノストーム
2枠4番タガノトネール
3枠5番レッドアルヴィス
3枠6番コーリンベリー
4枠7番サマリーズ
4枠8番アドマイヤロイヤル
5枠9番キョウエイアシュラ
5枠10番ジョーメテオ
6枠11番アドマイヤサガス
6枠12番エアハリファ
7枠13番マルカバッケン
7枠14番ワイドバッハ
7枠15番ドリームバレンチノ
8枠16番グレープブランデー

 展開面は、サマリーズがおそらくハナで、内からタガノトネール、コーリンベリー、レッドアルヴィスが前に付ける。外から先行しそうなのはアドマイヤサガス、グレープブランデーくらいでそれほどペースは上がりそうない。この枠ならベストウォーリアは内の中段から、エアハリファは外の中段から、ワイドバッハは4角外からの差し。基本は先行馬から入るべきレースだと思う。今日の傾向を見る限りでは外差しも届かなくはないけど、ほとんど馬が35秒台を使う展開になればまず届かない。

 ◎コーリンベリー
 ▲エアハリファ
 △ベストウォーリア
 △レッドアルヴィス
 △タガノトネール
 △キョウワダッフィー
 △サマリーズ

 内枠・先行馬VSエアハリファという構図。エアハリファは根岸Sのような位置取りでは届かない可能性も出てくるし、高速決着になればなおさらだ。今日の傾向なら本命はコーリンベリー。ファイナルSの内容はかなり強いもので、ここに入っても十分上位。スタートの失敗だけが不安要素ではあるけど、フェブラリーSなんかをみると出負けしても大きくは崩れなくなっているし、昨年よりは脚質に幅が出てきた。対エアハリファを考えるとできるだけ速い時計での決着が希望。
 他では、内枠からベストウォーリア。レッドアルヴィス。セイクリムズン、ガンジスが穴をあけたパターンは内枠からロスのない競馬で、それが実現できそうなのがキョウワダッフィーとタガノトネール。キョウワダッフィーは近走は低迷しているわけだけど、前走58㎏→56㎏で一連の敗戦にも言い訳は付く。タガノトネールも天保山Sの時計は優秀でこの中に入っても通用しうる。ただ陣営もコメントしているように内枠で揉まれるのはマイナスであることから、その点がどうかというところ。サマリーズはトシキャンディ的な激走があっても驚けない。

 明日馬場が完全に乾いて傾向が変わる可能性もあるので、最終予想はTwitterでつぶやきます。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする