京王杯スプリングカップ2015予想 先週の東京芝の分析とフィットしそうな馬

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事一発目は、京王杯スプリングC。例年このレースはスプリント路線、マイル路線それぞれが出走するもので、今年のメンバーもそんな感じ。ステップとしては、高松宮記念、ダービー卿CTやマイルOP特別戦といったところ。

先週の東京芝の馬場

先週の東京芝の馬場傾向。

2回3週東京

開催が進んで恒例の4角外を回すと届かない馬場。枠も勝ち切っているのは内目の枠。NHKマイルCは先週の傾向をまさに表したようなレースで、内目を先行したクラリティスカイ、アルビアーノがワンツーだった。特にクラリティスカイのレース運びは今の東京で理想的な競馬なので、あのイメージは頭に入れておきたい。時計は標準レベルで、昨年のカチカチ馬場ではない。血統もやや重めがいいみたいで、「馬力がいるイン伸び馬場」という認識でいいはず。

もっとも、今週の東京は雨模様。やや重くらいか?2年前のダイワマッジョーレが勝ったときがやや重のレースでタイムが20.6。これから考えるともともと少し重い馬場である今年はさらに時計がかかるかも。それでも内の優勢は変わらないとは思う。

傾向とフィットする馬

馬力、先行力という観点から、メンバーをみると、まずサクラゴスペル。戦績からは重い中山1200mの専用機。でもただの専用機ではないことはロードカナロアの安田記念5着が示している。個人的にはこの安田記念はかなりレベルの高いレースだと思っていて、内枠の恩恵があってもカナロアと0.4差で走れたのは評価したい。マイルだと比較的体力の求められない高速馬場向きで1400m、1200mなら重めのほうがいいタイプだと思う。展開的にも先行力があるのは大きい。
ダイワマッジョーレもカチカチ馬場よりは、上がりがかかる馬場のほうがいい。ハイアーゲームの下でこの距離では体力があるから。阪急杯はそのようなレースで上がりがかかったから届いたという内容。1400mでの展開負けのリスクは常にある馬ではある。56kg、デムーロJ騎乗は魅力的。
ヴァンセンヌも時計はかかってほしいタイプ。ここ3走は、低速マイル戦の連続で時計・ラップの正直評価が難しい。東京新聞杯はまずまずのレベルにはあるのかなとは感じるが。ディープ×フラワーパークで1400mに短縮はプラスに出る?とにかく福永Jと手があっているのは事実。
サトノルパンと、クラリティシチーは高速外伸びというのがベストの条件なので、雨はよくない。サトノルパンはレッドアリオン、リディル、クラレント、の下で父ディープ。クラリティシチーは東風S→ダービー卿でパフォーマンスを上げている。ただ脚質的には上がりがかかったほうがいいというのはあるので微妙なところ。ダンスディレクターも似たタイプ。3頭とも能力に不足はない。
うーん、こうやって有力馬の適性をみていると、高速馬場になって前々で決まるというのが荒れパターン(レッドスパーダ的な)で、雨が降ったほうが硬い決着になりそう……。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする