平安S2015予想 枠順を踏まえて最終結論

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平安ステークスの予想、最終編。
まずは先週の京都ダートの傾向をおさらいしておく。

京都ダートの傾向

3回4週京都ダート

土曜日は不良馬場スタート。日曜メインの栗東ステークスのころにはやや重にまで回復した。湿った馬場の分やはり時計は速くて、前、内有利の傾向。栗東Sの勝ち時計は1.22.6でエイシンゴージャスの上がりは35.5と相当な高速馬場だった。1900mのレースは2つあっていずれも先行した馬が勝利。今週は現在、良馬場で明日も降水確率は低いので良馬場でのレースとなりそう。京都ダートなので良馬場でも軽めのダートになる。

枠順と展開予想

人気馬の枠順をみると、各馬いい枠に入ったよう。アジアエクスプレスは揉まれない外枠を引けたし、アジアエクスプレスより外に前に行く馬がいないのでかぶされる心配もない。今回もすんなり先行できる可能性が高い。クリノスターオーも外目の枠で、アジアエクスプレスに行かせるか、前にいくかは正直読みづらいところ。インカンテーション、ナムラビクターもロスのない競馬ができる内枠。アンタレスSは大外枠だったアスカノロマンは今回2枠4番と条件好転。前につけてきたら怖い存在。ダノンバトゥーラもいい枠。
メンバー構成をみても、京都1900mの傾向をみてもペースは上がらなさそうで、ここ2年の平安Sのような展開か。このレベルの戦いでスローならまず前にいないといけない。

再度の力関係の整理と穴馬

馬場、枠、展開と確認したところで再度、能力をチェックしておく。アンタレスSはハイレベル戦で序盤はスローも中盤から終盤にかけては前にもきついレースだった。アジアエクスプレスとクリノスターオーは評価する。この2頭にナムラビクターとインカンテーションを加えて4強。このうちインカンテーションは休み明けで帝王賞の叩き。仕上がりからも少し評価を下げる。
穴馬勢でまず評価したいのは、先行馬のアスカノロマンとダノンバトゥーラ。前者は外枠→内枠で2走前のアルデバランSは54㎏でのものだけど、強い内容。後者はアンタレスSであそこまでやれたし、阪神より京都向きのタイプ。エノラブエナは前走の条件戦は時計ラップともOPで通用するレベルにはあるけど、55㎏だし位置取りに不安はある。小牧Jはいい。ニホンピロアワーズとローマンレジェンドの2頭は判断が難しいけど、それぞれ58㎏で厳しいかな。イッシンドウタイは少し警戒。みやこs、アンタレスSの関西重賞で4,5着と関西馬の強豪にも大きく負けていない。

印と最終結論

◎ナムラビクター
○アジアエクスプレス
△クリノスターオー
△アスカノロマン
△ダノンバトゥーラ
△イッシンドウタイ
△エラノブエナ

ナムラビクターと、アジアエクスプレスはどちらを上に取るか迷ったけど、今回56㎏とオッズを加味してナムラを上に取る。チャンピオンズCも叩き3走目で今回は叩き2走目。デムーロJも前走を踏まえて早目に押し上げてくれるはず。アジアも希望の外枠で特に嫌う要素なし。クリノは前走がやはり狙い目だったのかなと思うし、アジアより枠が内で、アンタレスSの展開と逆になる可能性があるのでこの印。穴馬ならアスカノロマン、ダノンバトゥーラ、イッシンドウタイ。買い方は◎、○から△に流す感じで。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする