産経大阪杯2016予想 ◎ラブリーデイ

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

産経大阪杯2016の予想です。ラブリーデイ、ショウナンパンドラはじめ豪華メンバーが集結する楽しみな一戦となりました。毎年強い馬たちのレースを見ることができるレースなのですが、今年もなかなか。ではいつものように予想を進めていきます。

産経大阪杯の過去の傾向

大阪杯2016

【2014年】12.8 – 11.3 – 12.5 – 12.0 – 11.9 – 11.8 – 11.7 – 11.5 – 12.4 – 12.4 2.00.3
【2013年】12.6 – 11.4 – 12.7 – 12.2 – 12.6 – 12.2 – 11.6 – 11.3 – 10.9 – 11.5 1.59.0
【2011年】12.5 – 11.0 – 12.3 – 12.1 – 11.4 – 11.6 – 11.6 – 11.3 – 11.8 – 12.2 1.57.8

少頭数になりやすいこともあって枠順に大きな偏りはない。4角位置についても、差しも決まるし、中外でも届いている。ラップ、時計は年によって異なり、2015年、2012年は雨の影響で低速戦の持続力比べ。良馬場の3年は、2013年がスローからの4Fなのに対し、2011年は57秒台の持続力勝負。2014年は先行馬以外はその中間くらい。この辺はその年のメンバー構成次第も、良馬場なら2分を切ってくる可能性が高い。

血統は、ラキシス、キズナがディープ、ショウナンマイティがマンカフェで母父ストームキャット。2014年穴をあけたトウカイパラダイスもゴールドアリュール×マルゼンスキーのSS系×ノーザンダンサー系の組み合わせ。マンカフェ×ラムタラでヒルノダムールもこれに該当。SS系にストームキャット、ニジンスキーの構成がいい。前走は、有馬記念、京都記念など格の高いレースが多い。強い馬が集まるので、それなりの能力を示していないと好走するのは難しい。

産経大阪杯2016の有力馬分析

次に各馬の分析です。

ラブリーデイ、ショウナンパンドラ

【鳴尾記念】12.3 – 10.9 – 12.4 – 11.9 – 12.0 – 12.0 – 11.9 – 11.8 – 11.5 – 12.1 1.58.8

まずはラブリーデイから。昨年を振り返ると、まず中山金杯の内容がよくてここで覚醒した感じ。阪神大賞典と天皇賞春は体力切れ、鳴尾記念は再度高速2000mでパフォーマンスを上げる。秋は、超高速馬場+どスローによって、2400m京都大賞典でも好走し、天皇賞秋はまた得意の2000mの高速決着。ここから400m延長のジャパンカップ、さらに100m延長の有馬記念では体力切れで最後に止まったという結果。この一連のレース内容からは、体力的に距離は2000mまで、後半4Fに11秒台を並べる高速決着になればなおよし、という適性だろう。今回は、鳴尾記念と同じ阪神2000mで、先週の阪神は時計が速いというほどベストの条件。血統もキンカメ×ダンスで、SSとニジンスキーと合わせ持つ。58kgでも能力は上なので、馬場が重くならない限り大崩れは考えにくいか。

【オールカマー】12.5 – 10.9 – 12.4 – 12.4 – 12.6 – 12.6 – 11.9 – 11.7 – 11.4 – 11.7 – 11.8 2.11.9

次にショウナンパンドラ。この馬が一気にパフォーマンスを上げたのはオールカマー。覚醒後は、天皇賞は外枠で健闘したあと、ジャパンカップで内有利の状況の中、差し切り。この秋の内容は本物。2000mについては秋華賞で対応できているし、ラブリーデイほどではないにしろ、悪くない条件。血統もディープ×フレンチで、ノーザンダンサー系が濃い構成になっている。対ラブリーデイを考えると、体力面はこちらに分があるので、多少時計がかかるほうがいい。

この2頭については有馬記念の記事でも書きました。休み明けで、目標は先なので、仕上がりには注目です。

イスラボニータの前走はスタートで少し後でに回ってしまったかたち。それでももう少し頑張ってほしかったかなという結果ではある。天皇賞とマイルCSは強いので、皐月賞馬ではあるけど、中山はあまりよくないのかもしれない。そうなると、阪神2000mで条件好転というイメージはない。フジキセキ×コジーンなので、2000mはギリギリだろうから、内枠を引いてロスなく進め、かつ高速馬場という状況が揃えば、といったところ。ラブリーデイ、ショウナンパンドラ比較で1kg貰えるのはプラスだが。

ヌーヴォレコルトは、オールカマーでショウナンパンドラに完敗。エリザベス女王杯も有利な外枠から進めて、勝ちきれず。香港カップのレベルは測りづらいけど、ムーアJの進路取りはロスがなく、完璧な競馬。当然弱い馬ではないものの、この相手になると、少し落ちる感じはあるし、海外遠征明け。ただ、今回は54kgでの出走で、能力面は相殺できる可能性はある。血統もハーツクライ×スピニングワールドは傾向に合致する。能力面から◎にはしたくはないものの、相手には。

キタサンブラック、アンビシャス

キタサンブラックについては、セントライト記念は低レベル戦だし、菊花賞も内枠からロスなく進めてリアルスティールに詰め寄られた。一方で有馬記念では、例年よりはレベルは低めでも古馬の一線級と互角の走り。個人的にはそれほど評価していない一頭なんだけど、有馬記念を見ると一定の評価はしたほうがいいのかもしれない。ただ今回の条件はいまいちで、斤量はラブリーデイと同じ58kg、母父サクラバクシンオーとは裏腹に適性的にも2000mよりもう少し距離があったほうがいいタイプ。ここより延長の天皇賞で狙うべきなのかなという気もする。

【中山記念】12.6 – 12.0 – 11.9 – 11.6 – 11.3 – 11.6 – 12.0 – 11.1 – 11.8 1.45.9

ペースを考えると、57kgドゥラメンテを除けばリアルスティール以下には着差以上の内容のアンビシャス。ここも56kgなのでこの相手でも通用する計算になる。適性は、毎日王冠や天皇賞を見ても瞬発力寄りにならないほうがいいタイプか。ラジオNEKKEI賞も中山記念と似たようなレース質。ディープ×エルコンドルパサーなのでほどよく上がりはかかったほうがいい。その点今回の阪神2000mは悪くないはず。ただステップとしては、1800m→2000mはプラスではないだろうし、ルメールJからの乗り替わりも減点。年明け2戦目なので、仕上がりの利はあるが。高速化したときにラブリーデイらを後ろから差し切れるかは疑問かなと。

最後に京都記念からタッチングスピーチ。京都記念は超重馬場でのレース。レベルは測りにくいが、G2レベルにはあると判断したい。タッチングスピーチはサトノクラウンには完敗でもアドマイヤデウスやヒストリカルには先着。ディープ×サドラーズウェルズなので、阪神内回りで高速決着となると、秋華賞のように届かない可能性が出てくる。特にここ2走は2200m外回りの低速戦からのステップなので、差し損ねるという心配は大きい。重めの馬場かつ決め手の活きる状況がほしいところ。

阪神芝の馬場傾向

次に土曜日の馬場傾向を見ていきます。

2回2週阪神

今週の馬場情報はJRA公式HPから→馬場情報

Bコースに替わっても10R1400mで20秒台が出たように高速馬場の阪神。内外についても、表からは4角外は勝ちきれていないし、極端な外は減点しないといけない。血統は1800m、2400mでディープ産駒が勝利、他にもステイゴールド、ハーツクライなど王道のSS系が中心。母系はフレンチ、クロフネなどヴァイスリージェント系が活躍している。

明日の阪神の天気予報は現時点では、ギリギリ持ちそうな状況。この馬場なら2分はまず切ってくる馬場だし、ペース次第では57秒台もある。極端な外は不利で、高速馬場という想定で。

大阪杯2016の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→大阪杯2016の枠順

◎ラブリーデイ
△ショウナンパンドラ
△ヌーヴォレコルト
△イスラボニータ

(買い目:◎単勝、◎→△の馬連、馬単、三連複、三連単)

この馬場なら◎はラブリーデイで。雨の降るタイミングはレースに影響がなさそうで、高速馬場できるなら、ラブリーデイにとってはベストの条件。ここは叩きではあるものの、内有利の状況で、キタサンブラックを見ながら進めれば、崩れる可能性は低いと見て。

△にはまずショウナンパンドラ。上ににも書いたようにこの相手でも昨秋の内容から能力は上位。高速2000mで上がりも速くなればラブリーデイ比較では分が悪いという判断で相手まで。ディープ×フレンチは土曜日に傾向に合う。牝馬からもう一頭ヌーヴォレコルト。対応できる幅は広く、54kgなら相手には入れておきたい。最後の一頭はイスラボニータ。血統面からも2000mは少し長いものの、高速馬場かつスローで内枠ならごまかせる可能性が高くなる。一度叩いて今回のほうが状態面はよさそうなので、その点もプラス。

予報では大丈夫そうですが、雨の影響が出る可能性はあるので、明日は気をつけて観察したいですね。また何かありましたらTwitterで。

今週の重賞:
ダービー卿チャレンジトロフィー2016

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする