オークス2015予想 桜花賞ほかステップレース分析

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オークスの予想を進めていく。クラシックだけあってステップレースは限られている。桜花賞、フローラS,スイートピーS、忘れな草賞のみ(ナムラアンが出走ならあやめ賞も入ってくるけど)。順に時計・ラップ面から検討する。

桜花賞

12.7 – 11.7 – 12.7 – 12.9 – 12.5 – 11.3 – 10.7 – 11.5

今年の桜花賞はラップとおり特殊なレースで評価が難しい。最後3Fのレースで、逃げたレッツゴードンキが33.5で上がって圧勝。2着以下は混戦でわずかのタイム差の間にひしめき合っている。上がりも33~34台前半が多数。全馬同じような脚になって前にいた馬がその分有利になったというかたち。レッツゴードンキを評価しないわけではないけど、4馬身も抜けていると考えるのは早計で着差ほどの差はない。ルージュバックをはじめ、負けた馬にも巻き返しのチャンスはある。
レースレベルとしては、同日の1000万のマイル戦が、
12.8 – 11.7 – 12.3 – 12.8 – 12.3 – 11.4 – 10.8 – 11.9
でほぼ同じタイム、かつ馬場が乾いている途中であったことから1000万クラスと同じくらいかやや上のレースレベルと判断できる。

フローラS、スイートピーS

フローラS:13.1 – 12.0 – 12.2 – 12.5 – 12.8 – 12.6 – 12.2 – 11.5 – 11.2 – 11.7

こちらもスローからも瞬発力勝負。結果、内の好位にいたシングウィズジョイ、ディアマイダーリンが好走。展開も馬場も2頭に向いたし、10Rの準OP戦と比較しても、低レベル戦かなと。500万~1000万クラスという評価。

スイートピーS:12.8 – 11.6 – 11.8 – 12.6 – 12.1 – 11.9 – 11.1 – 11.3 – 12.2

スイートピーSもいまいちなレベル。買うならディープジュエリーだけど、回避でこの組からは本番は用無しか。

忘れな草賞

12.7 – 11.4 – 13.3 – 13.2 – 13.0 – 12.7 – 12.5 – 12.0 – 11.1 – 11.6

桜花賞と同日のレース。中盤緩んで直線に入るところで加速。このレースを余裕をもって差し切ったミッキークイーンは評価したい。過去の忘れな草賞と比較しても優秀。ロカを物差しにしてもミッキークイーンは世代上位だし、実際クイーンSでは一番強い競馬をしている。

各ステップの比較

各ステップを比較すると、桜花賞≒忘れな草賞>フローラS≧スイートピーSという評価。能力的には桜花賞組、ミッキークイーンが上位でフローラS組、スイートピーS組は劣る。次の記事では桜花賞上位組の各馬とミッキークイーン中心に個別に精査していく。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする