オークス2015予想 レッツゴードンキ、ミッキークイーンほか有力馬分析

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オークスの予想、続編。ステップレースの比較は前記事で行ったので、次に各有力馬を細かくみていくことにする。

レッツゴードンキ

桜花賞は着差ほど評価できないにしても、ここまで牝馬王道路線で崩れていないように能力は上位なのは間違いない。血統面はキングカメハメハ×マーベラスサンデーで母系をさかのぼるとリアルシャダイの名前も出てくる。血統的に2400mへの距離延長は不安はない。問題は折り合い面で、もともと折り合いに少し不安のあるタイプ。チューリップ賞と桜花賞は逃げる競馬になったけど、オークスでは逃げたくないと思う。先行→差しに回る位置取りショックをしかけたいところで、阪神JFやアルテミスSのような競馬ができれば。折り合い面からもやはり内目の枠を希望。3枠、4枠ならベストの枠。

ディープインパクト産駒勢

近年は毎年馬券に絡んでいるディープ産駒チューリップ賞は馬場が合わず惨敗。スローからの瞬発力勝負のエルフィンS、桜花賞では強いレース。特にエルフィンSは強い内容。持続力という点からそのレース振りからも距離が延びてどうか?は、やはりある。出遅れる可能性も高い。ディープ×candystripeという血統で半兄ピオネロは1600m~1800m向き。
コンテッサトゥーレも距離延長がプラスになるとは思えないタイプで、桜花賞はルメールの好騎乗もあった。ディープ×エアトゥーレで、紅梅Sの強い内容からも1400m向きの印象。内枠を引いてできるだけ距離ロスをなくしたい。
アンドリエッテはチューリップ賞でラスト1F落ちたところで突っ込んできたように体力はありそう。母系はアメリカンでダート色が強い。血統的には距離延長はプラスになるとは思わないけど、レース振りからは体力を感じるし、上がりがかかればチューリップ賞のように最に突っ込んでくる可能性は高い。
ミッキークイーンはクイーンS、忘れな草賞から判断すると世代上位の能力を持っている。折り合いも問題なし。血統はディープ×goldaway。ヌレイエフの系統でオークスには相性がいい。もう少し重目の血があれば完璧だったけど。ちなみに兄のトーセンタコマイヤは体力はしっかりある。ここまでレースをみてもただの瞬発力に秀でた馬ではない。あとは輸送をクリアできれば。

マンハッタンカフェ産駒勢

マンハッタンカフェ産駒は、ルージュバック、クイーンズリング、アースライズの3頭。マンハッタンカフェは東京にあまりいいイメージがない。レッドディザイアくらい?
ルージュバックの桜花賞の敗戦はマイルへの対応力がなかったこと、状態面が原因だと分析している。右回りのマイル戦よりかは、東京2400mのほうに適性があるはずで、それは百日草特別の内容が物語っている。ただ一度リズムを崩したマンカフェ産は狙いづらいし、またもや状態面に不安があるようだ。クイーンズリングも前走の瞬発力勝負よりはオークスの持続力勝負のほうがいい。マンカフェ×ダンチヒ系の血統もいい。あとは馬体重を維持できれば。アースライズも同じくマンカフェ×ダンチヒ系の血統で、フラワーCからも桜花賞よりここで買いたいタイプ。能力は一枚落ちるものの、適性的にはばっちりで、大穴ならこれかなという気がする。

ステイゴールド産駒勢

ステイゴールドはココロノアイとキャットコイン。
ココロノアイは血統がいい。ステイゴールド×デインヒルはフェノーメノと同じで、マイルからの距離延長は大歓迎な血統。レースをみても桜花賞のような瞬発力勝負より、阪神JF、チューリップ賞のようなある程度体力、持続力が求められるレース向き。またスピードも最低限ある。内枠がほしい。キャットコインはいまだ評価に迷っている一頭で、ハイレベル戦のクイーンSの勝ち馬ではあるものの、ヨシトミJがうまく乗ったこともあるし、ミッキークイーン、アンドリエッテあたりより上にとっていいものかは疑問。距離延長は兄弟をみても問題なし。馬体は戻さないといけない。

以上、血統面を分析してきたけど、レッツゴードンキ、ミッキークイーン、ココロノアイ、クイーンズリングが比較的好評価なのが現状。そのほかでは馬体重、もっともいえば馬体減に苦労している陣営が多そうで当日の馬体重には気を付けたい。
明日は枠順発表。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする