桜花賞2016予想 ◎メジャーエンブレム

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

桜花賞2016の予想です。牝馬クラシック第一弾!今年はメジャーエンブレムVSシンハライト、ジュエラーという構図で、ハイレベルな一戦となりそうですね。ではさっそくいつもの通り進めていきます。

桜花賞2016の過去の傾向

桜花賞2016

【2015年】12.7 – 11.7 – 12.7 – 12.9 – 12.5 – 11.3 – 10.7 – 11.5 1.36.0
【2014年】11.9 – 10.5 – 11.4 – 11.5 – 11.7 – 11.4 – 12.8 – 12.1 1.33.3
【2013年】12.1 – 11.0 – 11.5 – 12.1 – 11.8 – 11.3 – 12.0 – 12.1 1.33.9

表からまず印象的なのが、4角通過が2桁番の馬がよく馬券に絡んでいるということ。2015年は↑のように超ドスローでレッツーゴドンキが逃げ切りも、クルミナルとコンテッサトゥーレはそれぞれ4角10番手以下。2015年を除くと、比較的ペースが上がりやすいこともあって、能力上位の差し勢が台頭することが多い。決着時計は馬場次第ではあるものの、良馬場なら33秒台後半が基本。先週の阪神なら33秒台突入はほぼ確実かなと。枠は極端な内は不利で、中~外枠が優勢。

血統を見ると、やはりディープインパクトが圧倒的。2015年で4連勝は途切れたが、2,3着はやっぱりディープ。マルセリーナ、ジェンティルドンナ、アユサン、ハープスターはいずれもディープに母系がノーザンダンサー系の組み合わせで今年も警戒しておきたい。ローテーションは、チューリップ賞。この組は好走馬だけでなく、馬券外になった馬の巻き返しにも注意する必要がある。過去5年では、フィリーズレビューからは2012年3着アイムユアーズのみで、アネモネSは好走馬なし。トライアル以外ではクイーンC勝ちから、2012年2着ヴィルシーナと2011年2着ホエールキャプチャ。どちらも世代屈指の実力馬であるにもかかわらず勝ちきれていない点は気になるところ。

桜花賞2016の有力馬分析

では次に有力馬の分析です。

メジャーエンブレム、チューリップ賞組

【クイーンC】12.3 – 10.8 – 11.3 – 11.7 – 11.7 – 11.2 – 11.6 – 11.9 1.32.5

まずはクイーンカップ圧勝のメジャーエンブレムから。クイーンCの記事でも書いたように、アルテミスSから阪神JFで大きく伸ばしてきた。ラップを見ればウインファビュラスとは着差以上の差があるし、レベルも古馬1000万以上は確実。クイーンCでも高速馬場の東京で、内枠から厳しい流れに持ち込んで後続は為すすべもなし。レベルについては、同日の調布特別を基準にすると準OP並み。内有利の馬場だったことは確かでも、これだけ走れば、チューリップ賞組より上に取らないといけない。課題は挙げるなら、アルテミスSのような瞬発力勝負になったときにキレ負けする可能性があるという点。仮にチューリップ賞時の馬場の場合、32秒フラットあたりで走破しないとシンハライト、ジュエラーの決め手のほうが上になってしまう。ペースを上げたほうがいいというのはルメールJもよく把握しているだろうから、対シンハライト、ジュエラーを考えると決め手が活きにくい状況、阪神JFのようにパワー勝負の馬場がほしいかな。ダイワメジャー×オペラハウスもパワーより。

【チューリップ賞】12.2 – 11.0 – 11.4 – 12.2 – 12.1 – 11.2 – 11.1 – 11.6 1.32.8

チューリップ賞当時の阪神は異例の超高速馬場。当日の千里山特別あたりかなり速い時計が出ている。馬場を考慮すると、レベルはクイーンCより少し下くらいという判断で、シンハライトとジュエラーの2頭は抜けた内容。

シンハライトは、このチューリップ賞で覚醒したかたち。それ以前は、新馬戦、紅梅Sともに強い内容ではない。高速阪神マイルで覚醒してきたので、ディープ×シングスピールの血統からもマイル以上の距離で決め手を活かす競馬がベストのはず。メジャーエンブレムとは対照的に、例年の桜花賞のような馬場で、スローがいい。ジュエラーと併せ馬になって差してくるイメージ。状況が向けば、能力的にもメジャーエンブレムを逆転できる。

ジュエラーは持続力が問われたシンザン記念、33秒台前半の脚が求められたチューリップ賞いずれも高いレベルの内容。対応できる幅の広さを見せているので、馬券は買いやすいし、信頼度は高い。ただ勝ちきれていないのも事実だし、父ヴィクトワールピサでディープ産駒の脚に対抗するのは難しいだろうし、ペースが上がればメジャーエンブレムのほうが上ではある。この2頭以外なら先着する可能性は高いと見ているが。

3着ラベンダーヴァレイは、上2頭には完敗。ラップからすると、縦の位置取りはベスト。馬体が小さいかったのが、+20kgで出てきたことはプラスも、前走よりは間隔が詰まってしまう。血統はディープ×クロウキャニオンはトライアル向きかなという印象。チューリップ賞の内容は悪くないものの、狙うのなら前走だったという気持ちが大きい一頭。

4着以下については、馬場が重くなれば巻き返しの可能性がある馬が複数。

阪神JF2着ウインファビュラスはこのレース質には対応できず。ステイゴールド×アドマイヤコジーンからもここまで軽い馬場になると苦しい。阪神JFくらいの馬場がベストなので、本番までに雨が降って重くなることが必須。ただ、希望の条件となっても、メジャーエンブレムには敵わない力関係なので、相手までかなという気はする。デンコウアンジュもさすがに軽過ぎたという結果。ベストはアルテミスSのように低速戦のスローなので、その条件が叶うか次第。もっともデンコウアンジュも能力上位ではないので、レベル落ちを待つ立場ではある。

レッドアヴァンセは馬券外のなかでは特に注目したい一頭。出遅れ+大外ブン回しでかなりロスの大きい競馬。エルフィンSの内容はいいので、もう少し時計がかかる馬場になって瞬発力をいかせれば、圏内まで巻き返しても不思議ではない。血統もディープ×ダンシングブレーヴで傾向に合致するので要警戒。

フィリーズレビュー組、アネモネS組

【フィリーズレビュー】12.2 – 11.2 – 11.6 – 12.2 – 11.7 – 11.5 – 11.7 1.22.1

フィリーズレビュー組はチューリップ賞組と比較と数枚落ちる。レースレベルは、古馬500万やや上くらいの評価で決して高くはない。ソルヴェイグは、内々を立ち回ってロスのない競馬。ダイワメジャー×ジャングルポケットの血統は悪くないものの、マイルへの延長がプラスに出るタイプとは思えない。可能性があるとすれば、高速馬場、かつペースが上がって縦長、そして先行してなだれ込みというパターン。

アットザシーサイドはこの組のなかでは一番適性がありそうな馬。ただ、阪神JFでもメジャーエンブレムには遠く及ばないし、母ルミナスハーバーの血統からも再度マイルへの延長で買うべきなのかは疑問。キャンディバローズも能力面、200mの延長はマイナス。ディープ産駒でも少し足りないかなと。

【アネモネS】12.6 – 11.2 – 11.9 – 12.1 – 12.1 – 11.8 – 11.5 – 12.3 1.35.5

アネモネSもレベルは古馬500万程度で凡戦。加えて、1着チェッキーノは回避。アッラサルーテがここで大きく伸ばしてくることは考えにくいし、同形にメジャーエンブレムの存在。例年通りこの組は、静観が妥当かなという評価。

阪神芝の馬場傾向

次に今週の阪神芝の傾向を見ていきます。

2回3週阪神

今週の馬場情報はJRA公式HPから→馬場情報
明日の天気予報はこちら→気象庁ホームページへ

稍重スタートだったので、雨の影響は多少なりとも残っていたはず。それでも心斎橋Sでは20秒台、阪神牝馬Sでは33秒台前半の時計なので、完全に乾いた明日はさらに高速化する可能性が高い。内外は2つのマイル戦を見てもほとんどフラット。ただ6Rダイアナヘイローが残せなかったようにラチ沿いはあまり良くない感じだし、スマートレイアーデムーロJも直線では外に進路を取っていた。血統は、6Rがアドマイヤムーン×シアトリカル、ハービンジャー×SS、タイキシャトル×スピニングワールドで、メイン阪神牝馬Sがディープ×ホワイトマズル、ディープ×Goldaway、ステイゴールド×フォーティナイナー。ヌレイエフなどノーザンダンサー系が優勢で、ディープはやはり強い。

明日に向けては、メジャーエンブレムが作る流れなら32秒台も見えてくる。さすがにチューリップ賞時よりはかかるだろうけど。3強以外なら、高速決着に対応できる1400mよりのタイプかな。

桜花賞2016の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→桜花賞2016の枠順

◎メジャーエンブレム
△ジュエラー
△ブランボヌール
△シンハライト

(買い目:◎単勝、◎→△の馬連、馬単、三連複、三連単)

◎はメジャーエンブレム。ここまでの内容を振り返るとやはり能力は一枚上。32秒台で走れることは前走で証明済みだし、チューリップ賞2頭には出遅れのリスクもある。ルメールJも乗り慣れていてスローには落とさない。ダイワメジャー×オペラハウスで血統もクリア。

△の一頭目はジュエラー。適性の幅ということを考えれば、それぞれ異なるレース質となったシンザン記念、チューリップ賞で走れているのは大きい。対シンハライトは、メジャーエンブレムのペースになればチューリップ賞ほど軽い競馬にはならず、逆転の目は十分。出遅れと、ここ2走は勝ちきれていないことから相手まで。シンハライトはチューリップ賞よりはパワーが問われるので、その点はマイナス。ただ、ディープ×シングスピールの血統はどんぴしゃ。人気3頭以外からはブランボヌールを選択。チューリップ賞は直線でほとんど追えず不完全燃焼。速力が求められるレースになれば、母系の短距離血統が活きてくる。枠もよく内のポケットに入れば、圏内あってもいいと判断しての△。

今週の重賞:
阪神牝馬ステークス2016
ニュージーランドトロフィー2016

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする