オーシャンステークス2016予想 枠順、馬場傾向の分析から

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーシャンステークス2016の予想です。こちらのほうもアルビアーノが2倍台の人気で少し抜けた感じ。1200mへの短縮、大外枠と不安要素はあるので、このあたりをどう評価するかが、ポイントになってきそうです。ではまず先週の中山芝の馬場傾向から見ていきます。

中山芝の馬場傾向

2回1週中山

表からは内外フラットの傾向で、4角位置を見ると差しも決まっているというかむしろ決め手を活かすタイプのほうが優勢なくらい。1200mでも土曜日のアクアマリンSはプレイズエターナル-アドマイヤゴッドが4角13番手から圏内まで差してきたし、日曜日7Rの3歳500万でも外からスキャットエディが差し切り。時計はやや速めで、その3歳500万のレースで1.08.7なので、7秒台で決まる水準。血統は、ローズミラクル、アドマイヤゴッドがそれぞれフジキセキ、ハーツクライで父SS系、スキャットエディはストームキャット系×アンブライドルズソング、ポートレイトはダンチヒ系×マヤノトップガン。ミスプロ系や上級条件ではSS系が良さそう。ちなみにスキャットエディはアルビアーノと似たような血統構成になっている。

オーシャンステークス2016の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→オーシャンS2016の枠順

※各馬の分析についてはこちら→オーシャンステークス2016予想 アルビアーノ1200mへの短縮は

枠を見るときれいに内枠に先行馬が固まったなという感じ。スカイキューティー、ハクサンムーン、ネロ、カハラビスティー。外からサカジロロイヤル、トータルヒートあたりが前。先週の馬場が継続なら7秒台で決まるので、33.0-34.5くらいの前傾ラップのイメージでいいのかな。アルビアーノはこの枠から中段の外目から決め手に賭ける。

◎スギノエンデバー
○アルビアーノ
▲エイシンブルズアイ
△ゴールドペガサス
△カハラビスティー
△アフォード

◎は穴馬から。鞍馬Sを見ても軽い1200mがベスト。嵌ったときの能力は十分足りているので、今回も状況が向くかどうかだけ。馬場が速めなのはプラスだし、決め手が活きやすいのも味方する。カーバンクルSはスムーズさを欠いたうえ、今回はハンデ戦→別定戦で斤量面は有利になる。中山よりは京都向きだろうけど、状況は悪くないと見て。サクラバクシンオー×ブライアンズタイムも傾向に合う。

○アルビアーノは半信半疑でも、この相手なら上に取ったほうがいいのかなという判断。これでイン伸び馬場だったら嫌っていたけど、そうではないので。血統も上に書いたようにスキャットエディと似たような構成で問題なし。勝ち切るかはどうかも上位には来るのかなと。▲エイシンブルズアイもマイルからの短縮。関西圏のレースがほとんどで、中山は初。ちょうどいいくらいの枠を引けたし、前後半フラットのラップを刻める位置取りができそう。父はミスプロ系で血統からは中山のクリアできそうだが。

△にはまずカーバンクルSの1,2着馬。事前検討でも指摘したようにレベルとしてはまずまず。ただ別定戦に替わって斤量は苦しくなってしまう。血統もそれぞれダイワメジャーとアドマイヤオーラなので、傾向には合う。アフォードは大穴で指名。評価したいのは阪神カップで、上位3頭には完敗でも、ウリウリあたりとは差のない競馬。◎と同様に、カーバンクルSからはハンデの面では好転するし、中山1200mに対する適性はある。今の馬場なら外差しで突っ込んでくることがあってもいいのかもしれないということで。

かなり悩んでの予想で、内が有利になったりなど馬場傾向が変われば変更しないといけない力関係ですね。チューリップ賞と同じく◎から流しつつ、アルビアーノからも、という買い方になると思います。

今週の重賞予想:
チューリップ賞2016予想

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする