オーシャンステークス2016予想 アルビアーノ1200mへの短縮は

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーシャンステークス2016の予想です。ここ2年は、スノードラゴンとハクサンムーンがここをステップに高松宮記念2着に好走していることからも、今年も要注目ですね。ではまずいつも通り。

オーシャンステークスの過去の傾向

オーシャンS2016

【2015年】11.7 – 11.0 – 11.3 – 11.4 – 11.4 – 11.9 1.08.7
【2014年】12.0 – 10.9 – 11.0 – 11.6 – 11.5 – 11.9 1.08.9
【2011年】12.0 – 10.6 – 11.0 – 11.5 – 11.2 – 11.5 1.07.8

2015年はサクラゴスペル外差しが決まったものの、勝ち馬となると、基本は内目の枠で好位組になる。ただ思った以上に4角10番手以下の位置取りでも馬券になっていて、2014年スノードラゴン、2012年ベイリングボーイなど穴馬が多い。この時期の開催なので重馬場になる年もある。良馬場でも8秒台の決着が主で、時計はかかる傾向。中山スプリントらしい前傾ラップで、パワータイプが優勢。2011年だけ少し異質で、7秒台で決まったし、ラストも11.5 – 11.2 – 11.5と減速せず。ダッシャーゴーゴー-キンシャサノキセキのハイレベル戦だったことも要因で、一応このパターンも頭に入れておく。

血統はサクラゴスペルのサクラプレジデント×Cure the rules、スマートオリオンのグラスワンダー、レッドスパーダのタイキシャトルなどSS系も含めたターントゥ系がいい。単勝オッズ316.9倍で3着激走のベイリングボーイも父メイショウオウドウで父SS系。ステップはシルクロードS、阪神カップが中心もばらつきがある。シルクロードSに限らず、前走京都1200mでキレ負けしてきた馬には注目しておきたい。

では次に各馬の分析です。

アルビアーノ、ハクサンムーン

まずは短縮してきたアルビアーノから。マイルCSについては、阪急杯のレッツゴードンキでも書いたように、先行勢に向いた流れだったので、差し勢のほうを評価しなくてはならないレース。アルビアーノも上位4頭とは大きく差がある。レッツゴードンキとかトーセンスターダム比較では上ではあるが、5着という着順をそのまま評価してはいけない。スワンSも馬場を加味すればいまいちで、信頼しきれる能力は示していないというのが現状。もっとも短縮してこの相手なら上なので、課題はやはりスプリント適性。500万の東京1400mの内容、ストームキャット系×アンブライドルドなら対応してきそうな気もするがこればっかりはやってみないと、というところ。馬券的には扱いに困る一頭かな。オッズ次第で。

ハクサンムーンはスプリンターズS以来の休み明け。昨秋のセントウルS、スプリンターズSはどちらも1200mにしては瞬発力よりでハクサンムーンには不向きな展開になったことは事実。昨年のレースでは高松宮記念だけ強く、オーシャンSは2着でもそれほどレベルは高くない。一時よりかはパワータイプに適性はシフトしてきたかなという印象で、適性面はクリアできるが、今年もここを叩いて→高松宮記念で仕上げてくるというステップだと思うので、ちょっと迷うところ。

スノードラゴンは2014年暮れの香港スプリント以来の長期休み明け。2014年のオーシャンSはイン伸び馬場を2着まで差してくる好内容。アドマイヤコジーン×タヤスツヨシの血統からも、時計のかかるスプリント戦でラスト1Fが落ちるところを突っ込んでくるタイプ。スノードラゴンの場合はその流れになるかにかかっているので、仕上がり以前に重い馬場が希望。まあ1年以上のブランクがあるので、いきなり狙うというのはさすがに気が引けるけど。

シルクロードS組、カーバンクルS組

【シルクロードS】12.0 – 10.9 – 10.8 – 11.1 – 11.4 – 11.7 1.07.9

シルクロードSは京都1200mにしては速めのペースで、33.7-34.2。馬場も回復途上で内が有利になって外を回した馬にとっては厳しいレースレベルはダンスディレクターは優秀も2着以下はそれほどでもない。3着ワキノブレイブ、4着セカンドテーブルは内目のいい位置に付けての好走。ワキノブレイブは京都1200mで7秒台できまるような条件で好位からなだれ込むというパターンがベストなので、中山替わりはマイナスかな。マイネルラヴ×ブライアンズタイムの血統はいいが。セカンドテーブルも逃げたローレルベローチェを交わせず、の内容なのでそれほど評価したくない。まだ適性を掴みきれていない部分はあるものの、京王杯、淀短距離Sからすると軽い馬場のほうがいいか。2頭とも展開利でどこまで粘れるか、といったところ。

内有利だったことを思えば、ネロの凡走は仕方がない面もある。時計も強かった京洛Sと結局同じなので、やはりどれだけ時計・上がりがかかるか次第な面が大きい。中山1200mはラピスラズリSで勝ってはいるものの、内容としてはいまいち。対シルクロードS組には斤量で同等になるし、京都→中山は条件好転なので、あとは8秒台では決まるような馬場になれば巻き返しはある。2011年のようなレース質だと厳しいが。セイコーライコウは外枠だったにしても負け過ぎな感はある。ネロ同様に、馬場、斤量面は好転する可能性があるので、一応注意だけど。

【カーバンクルS】11.9 – 10.5 – 10.8 – 11.2 – 11.2 – 12.1 1.07.7

最後にカーバンクルS組。京成杯の週なのでやや高速よりの馬場。展開は中山スプリントらしい33.2-34.5の前傾ラップ。この流れを2番手で進めて、押し切ったカハラビスティーは評価していい。軽ハンデ+内枠という条件ではあったものの、ラピスラズリSと比較するとレベルは上。血統もダイワメジャー×シアトリカルで傾向には合致する。あとは別定戦になって、52→54kgの斤量をどう取るか。イン伸びで内枠なら能力的には圏内に入ってもおかしくないかな。2着ゴールドペガサスも53→56kgで3kg増。カハラビスティーと同じくカーバンクルSの走りはいいので、能力は足りる。血統もアドマイヤオーラ×ラストタイクーンで魅力的だし、脚質の幅は広い。こちらも馬場の後押しがあれば。

アルビアーノが対応してあっさりというパターンもありそうなメンバー構成ですげ、期待したいのはネロの巻き返し。カーバンクルSからの2頭もまずまず。触れられなかった馬も何頭かいますが、1200mということもあってあとは馬場と枠次第ですね。続く。

今週の重賞:
チューリップ賞2016
弥生賞2016

今週の重賞予想:
オーシャンステークス2016予想

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする