日経賞2016予想 ◎アルバート

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日経賞2016の予想です。ゴールドアクター、サウンズオブアースをはじめ、有馬記念組の再戦とという感じのメンバー構成ですね。更新が遅くなりましたが、さっそく進めていきます。

日経賞の過去の傾向

日経賞2016

【2015年】6.9 – 11.4 – 11.5 – 11.9 – 12.0 – 12.4 – 13.1 – 12.4 – 11.8 – 11.7 – 11.7 – 11.6 – 11.8 2.30.2
【2014年】7.2 – 11.9 – 12.7 – 12.8 – 12.5 – 13.0 – 12.8 – 12.7 – 12.2 – 11.9 – 11.7 – 11.1 – 11.9 2.34.4
【2013年】6.8 – 11.5 – 12.2 – 12.0 – 12.4 – 12.8 – 12.7 – 12.3 – 12.3 – 12.0 – 11.6 – 11.7 – 11.7 2.32.0

表からは、4角位置についてはフラットで、差し馬も馬券に絡んでいる。枠は、2013年フェノーメノの1着があるものの、中山2500mなので、極端な外枠はやや不利か。内~中枠がよさそう。ラップのほうは、ネコパンチの2012年を除けば、後半に11秒台を並べるもので、基本的には有馬記念と同じ考え方。ウインバリアシオン2014年なんかは3F戦に近くなってはいるものの、後半の持続力勝負とみていい。

血統は、ウインバリアシオン、カポーティスターのハーツクライ、アドマイヤデウスのアドマイヤドンなどトニービン持ちが活躍。母系でいうと、フェノーメノほかダンチヒ、ストームバードなどノーザンダンサー系がいい。ローテーションは、有馬記念、ジャパンカップ組が中心で、少し前まではAJCCからのステップが好走していたものの、近年はなくなっている。

日経賞2016の有力馬分析

次に有力馬の分析です。

有馬記念組

【有馬記念】7.0 – 11.7 – 12.2 – 12.5 – 12.7 – 12.8 – 12.6 – 12.6 – 12.0 – 11.9 – 11.5 – 11.3 – 12.2 2.33.0

まずは有馬記念組から。レースレベルとしては、例年と比較すると低めだろう。時計的な価値もそうだし、ショウナンパンドラ回避、ラブリーデイ適性外で、メンバー構成も低調。序盤~中盤はかなりゆったり入ったので、前にいる馬に展開が向いたレースで、後半1000mの戦い。

ゴールドアクターは、このラップからすればベストの位置取り。勝ち切ったことは評価しないといけないけど、内容としてはそこまで。ゴールドアクターの場合、優秀なのは、オクトーバーS~アルゼンチン共和国杯だと考えているので、適性はやはり東京での低速戦瞬発力がベストのはず。対応できる幅も広いし、今回の相手なら崩れることは考えにくいものの、斤量も58kgで他の有馬記念組と比べると不利になるので、過信はしたくないかなと。

サウンズオブアースは56kgで出られるのは大きい。この馬も一番は中山2500mではなく、京都の高速馬場だとみているので、ここは少し適性がずれる。とはいえ、昨秋の一連のレースは安定して一定以上のパフォーマンスをしているし、デムーロJ→福永Jの乗り替わりがあっても、56kgならゴールドアクター同様、大きく崩れることは想像しにくい。

マリアライトも昨秋のオールカマー~有馬記念の走りは評価できる。オールカマーはハイレベル戦で、その中で外外を回ってショウナンパンドラと0.8差、有馬記念も同じように8枠からの競馬でゴールドアクターに0.4差。ディープ×エルコンドルパサーで、低速戦の後半勝負はベストの舞台なので、今回も条件はいい。

最後にアルバート。有馬記念は、レース運びにかなり難があり、本来のパフォーマンスではない。突き抜けたステイヤーズSはかなり優秀なので、能力からすると巻き返しは十分ある。父アドマイヤドンでトニービン持ち、アッゼニJ→ルメールJへの乗り替わりはプラス。瞬発力よりのレースになると苦しいので、好位にはつけて積極的に動きたい。

AJCC組

【AJCC】12.3 – 11.2 – 12.8 – 12.2 – 12.3 – 12.0 – 12.0 – 11.8 – 11.6 – 11.8 – 12.0 2.12.0

次にAJCCからディサイファ。AJCCは、3F目こそ12.8と緩んだものの、それ以外は12秒台前半~11秒台を刻むラップで、全体時計も速い。2200mの割には、速力+持続力が問われたレース質。この点からすると、2000mがベストのディサイファにとっては、適性的に向いたと言えるだろう。今回はさらに300m延びて、2500m。ディープ×ドバイミレニアムの血統だと体力的にどうかなあというのはある。加えて、豊J→幸四郎Jへの乗り替わりと、前走と比較すると条件はよくないので、ちょっと買いづらいかなと。ドスローになって、体力を誤魔化せる展開なら問題ないだろうけど。

中山芝の馬場傾向

2回4週中山

今週の馬場情報はJRA公式HPから→馬場情報

先週の中山は、それ以前と比べると幾分内が有利になったかなという印象。それまでは、外から決め手を活かす競馬が優勢だったけど、馬場も重くなって内の健闘が目立つようになってきた。少頭数なので内外については気にしなくていいが、時計の出方には注意しておきたい。先週は良馬場にしては重く、パワータイプが健闘している。

日経賞2016の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→日経賞2016枠順

◎アルバート
△ゴールドアクター
△サウンズオブアース
△マリアライト

(買い目:◎単勝、◎→△の馬連、馬単、三連複、三連単)

先行馬はディサイファ、フラガラッハくらいで、前半のペースは上がらないことは確定的。それでも、このコースなら、後半の持続力勝負になる可能性が高いとみて◎はアルバート。有馬記念もステイヤーズSを評価して◎にしたものの、スムーズに運べなかったことが要因で、能力面は、ゴールドアクターと比べても見劣りしない。アッゼニJ→ルメールJの乗り替わりは大きくプラスなので、今回も再度期待したい。

△には有馬記念の上位組を。ゴールドアクターは、58kgに加え、休み明けで陣営のテンションも低め。サウンズオブアースも乗り替わりでベストは高速京都、マリアライトも牡馬相手に勝ちきるまでは?で、それぞれ相手まで。

馬場が大きく変わるということはないだろうけど、先週との比較は一応しておきたいですね。その辺はTwitterで。

今週の重賞:
毎日杯2016
マーチステークス2016
高松宮記念2016

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする