新潟大賞典2016予想 ◎ヒストリカル

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新潟大賞典2016の予想です。ハンデが決まったところで検討を進めていきます。今年はフルーキー、サトノラーゼンなど例年よりは実績馬が集まった印象ですが、どうなりますか。

新潟大賞典の傾向

最初に過去の傾向です。

【2015年】13.1 – 12.1 – 12.0 – 11.9 – 12.4 – 12.4 – 11.8 – 11.5 – 10.9 – 11.5 1.59.6
【2014年】12.9 – 11.6 – 11.9 – 12.2 – 12.5 – 12.2 – 11.8 – 11.5 – 10.8 – 11.8 1.59.2
【2013年】12.4 – 10.7 – 11.3 – 11.7 – 11.9 – 11.9 – 11.9 – 11.9 – 11.1 – 12.1 1.56.9

新潟大賞典2016

枠で見ると極端な決着となっているのが、2015年と2012年で1~3着を1~3枠が独占。他の年も7,8枠はあまり馬券に絡んでおらず内枠~中枠のほうが有利になっている。時計は重賞なので2分は切ってくる。年によってペースが大きく異なり、ここ2年はスローの瞬発力勝負、2013年はハイペースの持続力勝負。どちらにしてもある程度の速力は必要になる。

血統からは、父がディープに加え、シンボリクリスエスなどロベルト系。母父はミスプロ系が好調で2013年は1~3着が該当するし、繰り返し好走しているダコールもディープ×アンブライドルドの血統。ローテーションは、中日新聞杯、大阪杯など2000mの重賞でチョイ負けからや、福島民報杯で好走してきた馬が中心。ハンデは55~57kgあたりが良さそう。

新潟芝の馬場傾向

今週の馬場情報はJRA公式HPから→馬場情報

土曜日の新潟は雨→晴れと変化するも1日重馬場での開催。ただそこまで時計はかかっているわけではなく、10R500万2000mでは2分01秒。内外は内のほうが優勢。血統はアドマイヤジャパン×シアトルダンサー、スフィフトカレント×フレンチのワンツー。

明日の天気予報はこちら→気象庁ホームページへ

明日の新潟は晴れ予報、現在は稍重。明日は高速化することは確実で、2分はまず切ってくる。マイネルミラノの存在で58秒台も見えてくる。

新潟大賞典2016の予想

◎ヒストリカル
△フルーキー
△ショウナンバッハ
△アングライフェン

(買い目:◎単勝、◎→△の馬連、馬単、三連複、三連単)

◎は内枠からヒストリカル。中日新聞杯は前有利の展開で差してきた馬を評価すべきレースで、クルーガーもマイラーズカップで巻き返し。ヒストリカルも外枠から、追い込み届かず。今回は対照的に内から進められるし、57kgのハンデでこのメンバーなら相手は弱くなっている。騎手に不安はあってもここは能力を評価したい。

相手にはまずフルーキー。ベストは1800mでも高速2000mなら対応可能。内枠を引いたし、57.5kgでもこのメンバー構成なら上位。ショウナンバッハは外差しになりそうな枠でも左回りなら買っておきたい。ジャパンカップでも健闘したし、中日新聞杯も悪くない内容。穴馬はアングライフェン。この馬も中日新聞杯は展開負け。京都での条件戦の内容はいいし、中京→新潟で平坦になるのは条件が好転する。

今週の重賞:
NHKマイルカップ2016
京都新聞杯2016

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする