NHKマイルカップ2016予想 ◎メジャーエンブレム

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NHKマイルカップ2016の予想です。ハイレベルな3歳クラシック路線も、マイル路線は混沌。桜花賞からメジャーエンブレムが回ってきて、アーバンキッド、イモータル、NZT組と合わせて上位を形成しているという感じでしょうか。では予想に入っていきます。

NHKマイルカップの傾向

まず最初に過去の傾向を見ていきます。

NHKマイルC2016

【2015年】12.4 – 11.1 – 11.8 – 11.9 – 12.1 – 11.1 – 11.3 – 11.8 1.33.5
【2013年】12.3 – 10.8 – 11.3 – 11.7 – 11.7 – 11.3 – 11.6 – 12.0 1.32.7
【2012年】12.1 – 11.0 – 12.0 – 12.2 – 12.6 – 11.6 – 11.3 – 11.7 1.34.5

ここ2年は4角内が有利な傾向になっていて、2014年17番人気タガノブルグ、12番人気キングスオブザサンはともに1枠からの激走。それ以前で見ると、2013年マイネルホウオウ、2011年コティリオンなど外差しも届く場合もあって、この辺は当日の馬場を観察したいが、原則は内を重視したい。スプリンターも出走してくるのでペースは比較的上がりやすく、瞬発力というよりかは持続力よりの適性が求められる。それに加えて東京マイルなのである程度の体力も問われるし、総合的に秀でた馬でないと差してこれない。

血統からは、クロフネ、その父フレンチデュピティのヴァイスリージェント系が活躍。2015年1着クラリティスカイ、3着ミュゼスルタンや2013年はマイネルホウオウとインパルスヒーローのワンツーなど相性がいい。SS系ではダイワメジャー、ディープ産駒が好調。ローテーションで見ると、毎日杯、NZTが一応の中心も、皐月賞、桜花賞、それらのトライアルや橘Sなど多様なステップになっている。距離短縮で挑む馬は、毎年といっていいほど馬券になっており要注意。ちなみに前走皐月賞組は2015年クラリティスカイ以前はなかなか勝ち切れていなった。

NHKマイルカップ2016の有力馬分析

次に有力馬の分析です。

NZT組、ファルコンS組

【NZT】12.2 – 11.0 – 11.7 – 11.7 – 12.1 – 11.8 – 11.7 – 11.7 1.33.9

まずはニュージーランドトロフィー組から。

1着ダンツプリウスは、好位から進める安定したレース運びで、ジュニアカップ~NZTまで連続して好走。NZTのレベルは低くく、古馬500万~1000万の水準。ジュニアカップも同じくらいだし、アーリントンCもいまいち。位置取りの不安がないことは魅力的でも、今回は前にはメジャーエンブレム、後ろにはロードクエストやアーバンキッドがいて相手関係は一気に強化される。適性からも、ブライアンズタイム×マンカフェで低速戦向きだろうし、東京でさらに伸ばしてくるとは考えにくいかな。好位からなだれ込んだときに、どこまで全体のレベルが落ちるか次第。

2着ストーミーシーは14番人気での激走。内容は、ダンツプリウスと同じ500万~1000万レベル。1200m→マイルでパフォーマンスを上げてきたことからは、マイルへの適性はあるはず。ただ、ダンツプリウス同様に、アドマイヤムーン×ゼンノエルシドで少し適性面に疑問があって、もう一段上の走りができるかは疑問。3着エクラミレネールもレベルは同等、中山→東京はマイナス。クイーンカップではメジャーエンブレムに完敗で。

この組では5着レインボーラインがステイゴールド×フレンチで母父ヴァイスリージェント系。アーリントンC、NZTはいまいちな内容も、千両賞は評価できるレース。ただ、東スポ杯からは東京の速力勝負になると苦しいかなと感じはあるので、警戒はしないといけないのは一雨降って馬場が重くなった場合。条件が揃えば上位に顔を出す可能性はある。

【ファルコンS】11.9 – 10.5 – 10.9 – 12.0 – 13.1 – 13.0 – 13.6 1.25.0

トウショウドラフタのここ2走は優秀。クロッカスSはオデュッセウスに3馬身差で時計的な価値も大きい。ファルコンSは不良馬場かつ超ハイペースの特殊なレース質も、57㎏を背負って完勝。能力は少なくともNZT組よりは上に取りたい。ただ、やはり課題はマイルへの適性。ここまでマイルは新潟2歳S、サウジアラビアRCとともに凡走、アンライバルド×ジェイドロバリーの血統からもベストは1400mだろう。体力的にも問題ないとは思うが、延長のタイミングではちょっと買いづらいかな。

ブレイブスマッシュは、2000m2つ凡走後の2着なのでマイル前後が良さそう。サウジアラビアRC、ファルコンSどちらも横典Jのロスのない騎乗での好走なので、能力的にはこの相手だと苦しいか。トーセンファントム×トウカイテイオー×リアルジャダイだと高速決着に対応できるか不安もある。シュウジはこの馬場だと体力切れ。マイルでの内容はよくないので、1200m~1400mタイプだろう。

メジャーエンブレム、ロードクエスト

【桜花賞】12.4 – 10.7 – 11.7 – 12.3 – 12.0 – 11.4 – 11.3 – 11.6 1.33.4

メジャーエンブレムの桜花賞は負けるならこのパターン、にまさにはまってしまったという内容。アルテミスSと同じようにペースが緩んでキレ負けしたかたち。適性的には、阪神JF、クイーンカップのように持続力勝負に持ち込んでパフォーマンスを上げるタイプ。能力的には、その2つのレースで古馬準OPレベルにはあるので、この相手なら上位にいる。今回もペース上げて自らレースを作っていけば大崩れはないと見ているし、ルメールJも積極的に行くはず。NHKマイルカップの傾向も上の通り流れやすく、桜花賞よりは瞬発力が問われない可能性が高い。高速馬場だと時計は速くても相対的にスローになってしまうので、理想はカレンブラックヒルの年のような時計がかかる馬場。ダイワメジャー×オペラハウスの血統も合う。

【皐月賞】12.0 – 10.7 – 11.5 – 11.7 – 12.5 – 11.5 – 12.4 – 12.2 – 11.6 – 11.8 1.57.9

ロードクエストはクラシック路線を見限ってマイル路線に転向してきた。レベルの高さはあるものの、皐月賞は4角で押し上げるも体力切れ、スプリングSも重い馬場で同じようなかたち。1800m以上なら、ホープフルSくらい軽いレース質でないと苦しい。なので、今回のマイルへの短縮はやはりプラスになる。課題は、皐月賞ステップからの仕上がりと脚質。昨年ようやくクラリティスカイが勝ったものの、皐月賞ステップはなかなか勝ち切れていなかった。理由としては、仕上げの難しさだろうから、ロードクエストの場合も状態面はしっかり確認する必要がある。新潟2歳Sは優秀でもローテーション、脚質のことを考えれば、安易に中心視はしたくないという気持ち。

アーバンキッド、イモータル

【毎日杯】12.6 – 11.5 – 12.2 – 12.6 – 12.7 – 12.4 – 11.3 – 10.6 – 11.4 1.47.3

次は毎日杯からアーバンキッド。スマートオーディンとはラップ、斤量から着差以上の差があるものの、アーバンキッドの走りもまずまずで1000万以上にはある。ジュニアカップもダンツプリウスに先着されたけど、内容はこちらのほうが上。適性面は、どちらもスローからの瞬発力勝負で低速戦寄り。父ハーツクライなので、東京の高速マイルになったときに対応できなくなる可能性はある。東京マイルなら雨が降って重くなったほうが能力は出せるし、そうなれば上位にはいる力関係。

【共同通信杯】12.7 – 11.3 – 11.8 – 12.1 – 12.1 – 11.8 – 11.5 – 11.8 – 12.3 1.47.4

イモータルは共同通信杯ディーマジェスティの2着から。サウジアラビアRCは低レベル戦なので評価するとしたらこの共同通信杯。レベルは1000万やや下くらい。当時の東京は稍重だったので、良馬場で32秒台~33秒台前半の時計でパフォーマンスを落とさないかの不安はある。血統もマンカフェ×アカテナンゴで重め。少し間隔が空いたかなとも思うので、評価に迷う一頭。

東京芝の馬場傾向

次に前日の馬場傾向を見ていきます。

今週の馬場情報はJRA公式HPから→馬場情報

今週も時計の出方は先週からと変わらずで速い時計が出ている。メインのプリンシパルSで1.59.2ならかなり速い水準。内外は内有利が顕著で、外差しは厳しい。血統はマイルのレースでマツリダゴッホ×オペラハウスが1着。2,3着はロベルト持ちで、1800mのレースでもロベルト系が絡んでいて、時計には反して先週に続いてパワーよりが健闘している。

当日の天気予報はこちら→気象庁ホームページへ

当日も晴れ予報で、土曜日から大きく変化はなさそう。狙うべきは内枠で、速力+パワータイプ。

NHKマイルカップ2016の予想

◎メジャーエンブレム
△アーバンキッド
△イモータル
△ティソーナ

(買い目:◎単勝、◎→△の馬連、馬単、三連複、三連単)

この馬場で内枠なら◎はメジャーエンブレム。今回はシゲルノコギリザメがいるので、流れる可能性は高く、それについていけば持ち味が活きる。速力もクイーンカップで示しているし、パワータイプでもある。ダイワメジャー×オペラハウスで傾向にも合致。

△にも内枠から。アーバンキッドの毎日杯は強い内容。もう少し時計がかかったほうがいいタイプではあるけど。イモータルは判断に迷う一頭でもこれくらいの枠なら入れておきたいかな。最後にティソーナは、内枠にダイワメジャー×シンボリクリスエスなら押さえておく。マーガレットSはいまいちでもこの相手なら馬場が味方すれば戦える。

今週の重賞:
京都新聞杯2016

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする