中山牝馬ステークス2016予想 ◎ノボリディアーナ

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中山牝馬ステークス2016の予想です。出走馬を見ると、ルージュバック以外は、愛知杯、京都牝馬Sの再戦といった様相で、比較はしやすいメンバー構成なのかもしれません。ハンデ戦なので、適性重視で予想していきたいと思います。

中山牝馬ステークスの過去の傾向

まずは過去の傾向から。

中山牝馬S2016

【2015年】12.6 – 12.0 – 11.5 – 11.5 – 11.6 – 11.9 – 12.4 – 11.8 – 12.2 1.47.5
【2014年】12.7 – 11.4 – 11.8 – 12.3 – 12.2 – 12.0 – 12.0 – 11.7 – 12.4 1.48.5
【2013年】13.1 – 12.0 – 12.2 – 12.3 – 11.7 – 11.9 – 11.9 – 11.5 – 11.9 1.48.5

重馬場だった2012年を除けば、外差しの馬が勝ち切っていて、2015年バウンスシャッセはかなり外に振られても間に合った。時計は47秒~48秒台の低速戦で、ラップは中山1800mなので持続力より。2013年は前半は相当ゆったり入ったものの、後半1000mの戦いになっている。差し馬が台頭しているが、斬れるのではなく、フーラブライド、マイネイサベル、オールザットジャズなど長く脚を使うタイプがいい。

血統は、レディアルバローザ、キャトルフィーユ姉妹の母父Tejano Run(カロ系)、マイネイサベルの父テレグノシス(トニービン系)など、グレイソヴリン持ちの好走が目立つ。他には、パワースポットのスズカマンボ、ケイアイエレガント、レディアルバローザ、エオリアンハープのキンカメからキングマンボ系、先行馬ならケイアイエレガント母父エーピーインディなどダート血統が優勢。ローテーションは愛知杯、京都牝馬Sが中心も、2つとも施行時期、条件が変わったので、参考程度に。

中山牝馬ステークスの有力馬の分析

では次に有力馬の分析です。

ルージュバッグ、ターコイズS組

【有馬記念】7.0 – 11.7 – 12.2 – 12.5 – 12.7 – 12.8 – 12.6 – 12.6 – 12.0 – 11.9 – 11.5 – 11.3 – 12.2 2.33.0

まずはルージュバックから。
有馬記念は後半5F戦。時計からは例年と比べると低レベルで、ショウナンパンドラの回避もあって、上位馬の顔触れを見てもあまり評価はできない。ルージュバックは、外枠だったことを加味しても53kgでこの内容は0.5差であるからといって、過大評価をしてはいけない。エリザベス女王杯も内が荒れた外差し馬場でのレース。今回、ハンデが56kgなら能力は抜けているわけではないと考えていて、絶対視はしたくないかなと。ただ、マンカフェ×ダート血統も傾向に合致するし、先週の中山は、マカヒキの決め手が活きたように、ルージュバック向きの軽い馬場なので、その点はプラス。

【ターコイズS】12.6 – 11.2 – 12.1 – 12.5 – 12.7 – 12.0 – 11.1 – 11.5 1.35.7

ターコイズSは見ての通り、ドスローからの上がりだけの凡戦。内で渋滞した馬も何頭かいて、外からスムーズに運べた馬が上位にきたという内容。

シングウィズジョイは大外枠から2番手先行のベストのかたち。もっともレベル的には条件戦なので、評価はできない。これまでのレースで注目したいのは、君子蘭賞と、フローラSで、どちらも低速戦の瞬発力勝負。なので今回とは少し適性がずれてしまう。53kg→55kgですんなり先行してペースも上がらない状況になれば、かな。

ノボリディアーナはこの流れを4角13番手の内の苦しい位置取りだったので度外視していい。府中牝馬Sだけは一気にパフォーマンスを上げていてなかなか掴みどころのない馬のような気はするけど、フレンチ×SSなら府中牝馬S当日のようにパンパンに良馬場よりかは多少摩擦のかかる馬場のほうがいい。能力の最大値だと上位にくるので、マイル→1800mは好転するし、警戒しておきたい一頭。

愛知杯組、京都牝馬S組

【愛知杯】12.3 – 11.4 – 12.5 – 11.9 – 11.1 – 11.5 – 12.2 – 12.4 – 11.5 – 12.0 1.58.8

中日新聞杯の記事でも書いたように、中盤にペースアップする展開で、前には厳しく、差し勢が上位を独占という結果。なので展開が嵌ったという馬を信頼するのは危険。

アースライズは、3歳時から桜花賞→オークスのほうが内容がよく、距離があったほうがいいタイプ。愛知杯は53kgで展開利もあったし、上がりがかかったのも向いたと言わないといけない。マンカフェ×ケープクロスも重い血統だし、カウンドダウンSくらいの馬場が一番いいと見ている。中山1800mのフラワーCで勝っているように悪い条件ではないけど、できるだけ重い馬場が希望。能力は54kgでも足りる。

対照的にシュンドルボンは外枠から早めに仕掛けることになって厳しい展開に。エリザベス女王杯は枠の利があったとすると、評価できるのは一連の条件戦のレース。いずれも軽い馬場での瞬発力勝負を前目から速い上がりを使って後続を完封する内容で、ハーツクライ×エルコンドルパサーの血統からイメージする適性とは異なる。少なくともここまでは、新潟・東京向きで、中山はいいとは思えない。血統はトニービンとキングマンボ持ちでドンピシャな感じはするが。シュンドルボンも能力面は圏内にいる。

修学院Sを評価して◎にしたハピネスダンサーは真逆の流れになって凡走。小倉大賞典は牡馬相手に巻き返してきたので、牝馬限定重賞なら戦えるという評価は変わらない。メイショウサムソン×クロフネでも、クロフネが効いているのか高速馬場でのパフォーマンスのほうがいいので、高速化して緩んだ流れを先行するかたちがベスト。

他には、近走詰まったり、距離が長かったりのアルマディヴァン、フジキセキ×トニービンで2000m→1800mはプラスのレイヌドレージュあたりが注目。

【京都牝馬S】12.4 – 11.3 – 11.5 – 11.7 – 11.5 – 12.1 – 12.4 1.22.9

リーサルウェポンは愛知杯で激走後、重馬場京都の1400mで対応できず。愛知杯激走の要因は展開+50kgが大きい。阪神マイルの1000万は条件戦のなかではハイレベル戦なので、51kgなら再度通用していい計算ではある。ただまだ適性を掴みかねているので、ディープ×シアトルスルー系で、阪神マイルより伸ばせるかは疑問。それからちょっと使い詰めになってきたので、状態面には要注意。

中山芝の馬場傾向

次に土曜日中山芝の馬場傾向を見ていきます。

今週の馬場情報はJRA公式HPから→馬場情報

2回3週中山

阪神と同じで、中山のほうも雨が残って、先週と比較すると時計はかかる馬場。これは頭数の影響も大きいが、内のほうがやや有利か。ただ差しが効かないというわけではなく、アネモネSのチェッキーノのように好位~中段までに付けて外に出し過ぎなければ届く馬場でもある。血統は、2000mのレースは2つとも、SS系×ノーザンダンサー系が1着。その他、Storm Boot、アグネスデジタル、バトルラインなどダート血統もよく絡んでいるのが印象的。

明日は完全に乾いて、高速化する可能性があるので、そうなったときに先週のように決め手が活きるのか、内が有利になるか。想定は土曜日よりやや速いくらいで、極端な外は不利、のイメージで。

中山牝馬ステークス2016の予想

枠順は→中山牝馬ステークス2016の枠順

展開はウインリバティのハナが濃厚。ついて行くのはフレイムコード、シングウィズジョイ。ハピネスダンサー、横典J騎乗ならアルマディヴァンの前付けもあるか。いずれにせよ、平均以下のペースになりそうなので、土曜日の馬場なら中段までにはいたい。

◎ノボリディアーナ
△ハピネスダンサー
△アルマディヴァン
△レイヌドレージュ

(買い目:◎単勝、◎→△の馬連、馬単、三連複、三連単)

◎は捻ってノボリディアーナ。評価できるのは府中牝馬Sのみでも、やや時計がかかるダート質の馬場という点では、状況は似ている。フレンチ×SSで土曜日の傾向にも合うし、ここまで好走しているのはほとんど1800m。ターコイズSは度外視できるので、ここは56kgのハンデでもこの人気なら狙ってみたい。

△にはまずハピネスダンサー。能力は評価しているので、あとは前に付けることができれば圏内で走れる可能性はある。吉田隼人Jに変わった小倉大賞典は好位につけていたので、同じような位置から進めてほしい。メイショウサムソン×クロフネの血統もいかにもという感じ。使い詰めと重めの馬場は気になるので、相手まで。アルマディヴァンは横典Jなら先行してくると見ての△。マイルなら体力を問われるレース質で強い馬だし、中山1800mなら距離はこなせると判断。メジロベイリー×メジロライアンの血統もいいし、2000m→1800mで。勝ちきるかはどうかも、差し馬の穴ならレイヌドレージュ。愛知杯では一番外を回してアースライズとは0.1差。能力は若干足りないが、フジキセキなら1800mの短縮は好転で、母父トニービンも○。

ルージュバックがこの枠なので、思い切って穴狙いにしてみました。馬場の確認はまたTwitterにて。

今週の重賞:
中日新聞杯2016
フィリーズレビュー2016

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする