中山記念2016予想 ドバイに向けてのレース、馬場傾向の分析

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中山記念2016の予想です。現時点のオッズではドゥラメンテ2.4倍と思いのほか落ち着いた人気だなという印象。やはり怪我明けの不安というのがオッズにも反映されているようです。土曜日の馬場については、中山のほうも阪神と同じで、極端に速いというわけではなくて、標準的な水準のものですかね。さっそくその馬場のほうから見ていきます。

中山芝の馬場傾向

2回1週中山

頭数の関係もあるけど、8枠が複数回馬券に絡んだりしていて、外も悪くないのかなという傾向。6Rマイルでは出遅れ+4角外のデオドールが勝ち切ったし、10RアクアマリンSは34.7-34.0の流れでも外差しプレイズエターナル-アドマイヤゴッドが圏内まできている。少なくとも内ではないとダメというわけでははい。時計は標準的で、カチカチの馬場でもなく、重くもない。血統は、5R2000mの新馬戦で、ゼンノロブロイ×フォーティナイナー系、スペシャルウィーク×ナリタトップロードのワンツー、6R1800mで、ロージズインメイ×シンボリクリスエス、クロフネ×SSのワンツーなのでパワータイプが優勢。

中山記念2016の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→中山記念の枠順

※各馬の分析についてはこちら→中山記念2016予想 ドゥラメンテほか豪華メンバーが集結!

展開は8枠からカオスモスが行く可能性が一番高そう。ロゴタイプ、マイネルラクリマが内から続いて、リアルスティールは好位ドゥラメンテは中段から。前半のペースは上がりそうにないけど、中山1800mなら後半の持続力になる。

◎フルーキー
○リアルスティール
▲アンビシャス
△ラストインパクト
△ドゥラメンテ
△イスラボニータ

◎はこの馬場なら、ということで抜擢。中山金杯はドスローの流れで仕掛けが遅くなってしまってゴール前は流すようなかたち。2走前のチャレンジカップは、暮れの阪神で馬力が求められる馬場での強いパフォーマンスだったこと、ダンチヒ系×SSの血統からは、今のパワータイプ優勢の状況にフィットする可能性がある。4歳勢をはじめ相手はなかなか強力だが、2000m→1800mで好転、差しも届くなら狙ってもいい能力は示している。

対抗はその4歳馬からリアルスティール。昨秋の内容には少し不満が残るけど、ここまでの実績からすると、斤量55kgはかなり有利に映る。対ドゥラメンテは、向こうが順調さを欠くなら、今回は逆転の目はある。この枠なら好位内のポケットに入って抜け出す皐月賞の競馬ができる。追い切りも坂路でいい時計を出してきたし、ディープ×ストームキャットの血統もいい。▲も4歳のディープからアンビシャス。こちらは母父エルコンドルパサーなので、瞬発力よりかは持続力よりの適性。それを思えば、毎日王冠、天皇賞は高いレベルで瞬発力、速力が求められた割には健闘しているほう。中山1800mならその2戦よりは持続力よりになる。8枠も今の馬場なら不利にはならないはず。

ドゥラメンテは休み明け+57kg、イスラボニータは馬場+スタートで評価を下げたものの、あっさりやられる可能性はもちろんあるので、買い方を工夫する必要がありそうですね。単複でいくか、3頭で組み合わせるか。時計の出方と、内外の有利不利は確認したいので、明日の馬場も要観察です。またTwitterで。

阪急杯はこちら→阪急杯2016予想 開幕週阪神芝の馬場傾向を分析

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする